SEO

新規サイトの検索順位を上げる方法とは?チェックリストを大公開!

新規_サイト_検索_順位

新規サイトを立ち上げたのに、なかなかGoogleの検索順位が上がらないと悩んでいませんか?

検索順位が上がらない理由はさまざま。もしかすると、あなたが行っている施策が逆に順位を落としている可能性もあります。

今回の記事では、新規サイトの検索順位をあげたい方へ向け、Googleの検索順位を上げるためのチェックポイントを作成しています。

検索順位の概要や専門用語についても解説しているので、自分のサイトと照らし合わせながら、ご覧ください。あなたのサイト運営の一助となれば幸いです。

検索順位とは

新規_サイト_検索_順位_とは

そもそも『検索順位』とは、何を示すのでしょうか。具体的な内容をご説明していきます。

検索順位を簡単に説明すると、ユーザーが検索サイトで特定のキーワードを検索したときの、サイトが表示される順位のことを指します。

サイトの検索順位が上位にあるほど、クリックされる確率が高くなり、サイトへ訪れるユーザーが増えやすくなるのです。

上位表示されるとアクセスを稼げるので、結果的にサイトからの商品の購入や成約などのコンバージョン数(CV数)の増加にも繋がります。

検索順位を決めるのは、Googleの検索エンジンのアルゴリズムによって決まります。

yahoo!もGoogleの検索アルゴリズムを採用しているので、Googleの検索サイトで上位表示されればyahoo!でも上位に食い込むことができるでしょう。

このアルゴリズムによるサイトへの評価は、200項目以上の判断要素から判断して順位を決めていき、ユーザーの求める情報を1回の検索で返せるサイトを上位表示させるように日々進化しています。

新規サイトの検索順位を上げるためには、検索順位の評価の方法や段階を把握してSEO対策を行っていくことが重要になるでしょう。

SEO施策を行う際に意識すること

新規_サイト_検索_順位_意識すること

新規サイトの検索結果を上位表示させるためには、SEO施策が何より重要になってきます。

ユーザーが欲しい情報を網羅した良質なコンテンツの作成や内部施策を行っていきましょう。では、検索順位を上げるためのSEO施策を行う際に、意識するポイントをご紹介します。

質の高いコンテンツを作ること

新規サイトの検索順位を上げる方法として重要なのが『質の高いコンテンツ』を作成することです。

現在の検索アルゴリズムの流れとして、コンテンツの量よりもコンテンツの質の方を重視しつつあるので、サイトにコンテンツが少なくても、それぞれの質が高ければ上位表示される可能性があるのです。

ライティング技術を高めることは、SEO対策として重要になってきます。

Googleは正確な文章や日本語も大事ですが、オリジナリティー溢れるコンテンツも高く評価します。

他の人にはかけない体験談などは評価されやすく、多くのユーザーに読まれるので、その結果自然と被リンクが集まりやすくなり、コンテンツの質を高く評価してくれるのです。

ユーザーが求めているニーズを把握することも、SEO対策として注意すべきポイントです。

Googleはユーザーファーストの精神を非常に大切にしており、検索順位を決める際にもその考えは影響しているので、ユーザーファーストを意識したコンテンツは、高い評価を得る可能性が高いです。

ニーズを把握してユーザーの役に立つコンテンツを作る際には、ペルソナを細かく設定することが大事になります。

ペルソナを設定することで、検索ユーザーが求めいている情報を作成できるようになるでしょう。

順位が上がるスピードは時と場合による

検索順位が上がるためには、以下のものが最低限必要になってきます。

  • WEBサイトの強さ(ドメインの強さ)
  • 競合の数や相手
  • SEO対策にかけられる予算
  • 施策のスキル

このように、考えるべき変数が非常に多いので、順位が上がる期間やスピードは様々になります。

また、SEO対策をして検索順位をあげて行くことは中期的施策と考えておきましょう。

キーワードによっては1ヶ月程度で上位に食い込ませることもありますが、検索ボリュームが多いキーワードであるほど、長期的にSEO対策をしながらサイトを運営して必要があるので、覚悟が必要になってきます。

質の高いコンテンツを作るためのチェックリスト

新規_サイト_検索_順位_チェックリスト

それでは、コンテンツ作成時に注意するチェックリストをご紹介していきます。

正規化されたドメインでURLの作成ができているか

同じサイトでも、URLに『www』が付いているコンテンツは別のページとして区別するので、検索順位が思うように上がらないことがあります。

そのため、wwwが有る無しに関わらずどちらも同じサイトであると認識させるため『ドメインの正規化』を行いましょう。

ドメインの正規化をすることで、Googleがスムーズにクロールでき、サイトの情報を正確に読み取り、ウェブインデックスを作成できるようになります。

クロールとは、クローラーと呼ばれるプログラムがwebサイトを巡回することです。

Googleがweb上のサイトを全て把握するためのプログラムで、新規サイトや新しく更新されたサイトを、リンクを辿りながら中の情報を集めていきます。

ウェブインデックスは、クローラーが集めてきた情報をGoogleの検索エンジンデータベースに登録をすることです。

インデックスされた情報をもとに、検索ロボットが各サイトの順位を決めていきます。

キーワード選定は適切か

SEO対策として、まずは特定のキーワードに特化したサイトを作成するのがおすすめです。

選定したキーワードに沿ったサイトテーマの軸を決めて、コンテンツを作成していきましょう。

競合が強いキーワードの場合は、ユーザーファーストの記事を書くだけでなく、内部施策やコンテンツSEOを行い、ドメインパワーを上げるのが有効的です。

また、競合が強いキーワードの場合、「キーワード + 地域」にすると、仮にキーワードがビックキーワードでも、ボリュームが小さくなるので検索上位を取りやすくなります。

自然な被リンクを増やしたりすることで、クローラーが何度もサイトを訪れるようになり、サイト自体を質のいいサイトと判断すると検索順位が上がりやすくなります。

ニーズの把握はできているか

ニーズを把握したコンテンツを作成するには、ペルソナの設定が必要です。

「どこの誰に情報を届けるのか」を考えながら記事を作成していくと、よりユーザーが求めている情報を伝えることができます。

ペルソナに向けてコンテンツを作成することで、自然と被リンクが集まる質の高いコンテンツが作成でき、検索順位も上昇しやすくなります。

ペルソナとは、企業が商品を販売する際やサービスを提供するときに想定する人物モデルのことです。ペルソナはより具体的に人物を設定することが大切になります。

『20代女性〜30代女性』などはターゲットとなってしまうので、『34歳女性 東京都港区在住 専業主婦 子供2人』など細かく人物を設定するのがペルソナを設定することです。

タイトルタグや見出しにキーワードを入れているか

タイトルタグや見出しなどに選定されたキーワードを入れるのもSEO対策として大切です。

不自然にならないように、キーワードを盛り込むことで、記事の内容がわかりやすくなります。

キーワードを盛り込んでいることで、検索エンジンも関連性の高いコンテンツとして評価をあげてくれる場合が多いです。

ユーザーファーストなコンテンツ内容かどうか

ユーザーファーストのコンテンツを作るためには、ユーザーがキーワード検索をかけた際に、何を求めいてるのかを把握して、求めいている内容を落とし込んだサイトを作成しましょう。

検索意図を把握するには、上位表示されているサイトの内容を見るのが効率的です。

上位にあるサイトはGoogleが良いコンテンツとして判断したので、ユーザーの検索意図がわかりやすくなっています。

ユーザーが求めている情報を網羅した、検索意図を考えたコンテンツはGoogleからの評価が高くなりやすく、検索順位も上がりやすいです。

タイトルや見出し、コンテンツ内部に選定したキーワードを含めることで、検索クエリとの関連性が強調され、検索順位が上がる可能性が出てきます。

  • タイトル
  • サブスクリプション
  • リード文
  • 各見出し
  • 本文

こうした項目に、選定したキーワードを入れるようにしていきましょう。

注意点として、文章が不自然にならないように入れるのが大切です。

キーワードを入れようとして、文章が変になってしまうと、評価されにくくなってしまいます。

内部対策を施して検索エンジンへWebページの認識を促せているか

内部対策を施して、新しく作ったサイトをGoogleの検索エンジンへ登録させることも非常に重要です。

キーワードを含めるだけでなく、XMLサイトマップを送信してクローラーに訪問して貰ったり、内部リンクを構築してクローラーがサイトの隅々まで把握できるようにすると、検索順位が上がりやすくなります。

外部対策を施して被リンクの獲得を促せているか

自然な被リンクを集めているコンテンツは質が高いと判断されるので、被リンクが獲得できているかも重要なポイントです。

被リンクを集めるには、SNSなどのソーシャルメディアで新規作成したサイトを宣伝したり、インフルエンサーにお願いして拡散して貰うなどが効果的です。

WEBページを多くの方に認知して貰うことでアクセス数が増え、被リンクも集まる可能性も高まります。

自分のサイト以外の外部サイトから、対象(自分の新規サイトなど)に向けて設置されているリンクのことを『被リンク』と呼びます。

まとめ

新規サイトの検索順位を上げるためには、被リンクが自然と集まる質の高いコンテンツを作成することは不可欠です。

今回ご紹介した上記のチェックリストと自分のサイトを照らし合わせながら、検索順位が上がらない原因を見つけましょう。

また、サイトのドメインパワーを上げることも大切です。新規ページを作成するだけではなく、選定したキーワードの検索順位に応じて、過去ページのリライトも行っていきましょう。リライトを行うことで、WEBページ全体の質が上がり、ドメインの力も強まります。

サイト全体の構築を考えながらコンテンツSEOを推し進めていき、ドメインパワーを高めていき、新規サイトの検索順位を上位にあげていきましょう。

SEO対策なら120日間で成果を実感できるS-fleageへ