SEOとは

集客を上げたい法律事務所のwebホームページで絶対にやるべきSEO対策解説

集客を増やすために法律相談事務所のwebサイトを立ち上げた方は、いまいち集客が上がらないとお悩みではないでしょうか?
サイトを見てもらうには、ただサイトを作るだけではダメです。
SEO対策が非常に重要とになります。

見てもらえるサイトにするにはどうすればいい?SEO対策とはそもそもなに?どう対策したらいいの?
などSEOについてのわからないことや、集客率を増やすためのコンテンツの作り方をご紹介します。

SEO対策とは

そもそもSEOとは何か?
言葉は聞いたことあるけど、サイト立ち上げの際になんとなく言葉を目にしたけど、イマイチ意味がわからないという方もいらっしゃるでしょう。
まずはSEOとは何か、法律事務所がSEOをすべき理由などについて解説します。

コンテンツSEO

SEOとはSearch Engine Optimizationの頭文字をとった言葉になります。
もっとわかりやすく日本語にすると「検索エンジンの最適化」を意味する言葉になります。
この検索エンジン最適化はgoogleが推奨している対策になります。

ただ「検索エンジンの最適化」と言われてもよくわかりませんし、難しそうに聞こえますよね。
SEOでなにを行うか、ものすごく簡単に説明すると
「サイトをユーザーと、検索エンジンがわかりやすいようにする」

これだけです。
たったのこれだけです。

サイト内の構造をgoogleの発表してるガイドラインに則って作成し、ユーザーにも、そしてgoogleの検索エンジンクローラーにも分かりやすくサイト内の構造を認識してもらえるようにするのがSEOです。

SEOの中でも自社内のコンテンツを利用して行われるSEO対策をコンテンツSEOといいます。
基本的にSEO対策と言うとコンテンツSEOのことを指すことが多いです。

コンテンツSEOとは「ユーザーの求める情報をコンテンツにする」「検索エンジンクローラーに認識してもらう」この二つを目的として行われるSEO対策です。

Googleのガイドラインに則って、ユーザーニーズを満たせる「質の高いコンテンツ」を作成することがコンテンツSEOであり、質の高いコンテンツを作成すればユーザーがコンテンツを拡散してくれるし、さらにユーザーの認知度が増加するとgoogleは考えています。

弁護士事務所のweb集客にコンテンツSEOが有効な理由

実は弁護士事務所において、SEO対策は非常に有効と言えます。
有効だと考えられる理由には3つあります。

  1. ユーザーの悩みが見えやすい
  2. キーワード選定がしやすい
  3. スムーズな流入が見込める

弁護士に相談したいユーザーは、間違いなく法律関連の何かで悩んでいるユーザーですよね?

例えば、

交通事故の示談のやり取りで悩んでいる。
借金返済の過払いで悩んでいる。

など、きっと何かで悩んでいるユーザーが多いでしょう。

このようにユーザーの悩みや求めているものが見えやすいのはコンテンツSEOにおいてとてもいいことで、そのままユーザーの悩みに対して解決策などを記載したコンテンツの作成が容易になるからです。

また、コンテンツSEOでは、まず検索順位で上位表示させたいキーワードを設定します。
そしてその設定したキーワードの内容に沿ったコンテンツを作成するのですが、ユーザーの悩みが見えやすいことでキーワード選定も楽になります。

例えば、ユーザーに交通事故の示談についての悩みがあるとしたら

「交通事故 示談 やり取り」や「交通事故 示談 いくら」

などのキーワードとなります。

キーワードに沿った内容のコンテンツを作成し、そのまま自然にスムーズに流入を増やし顧客獲得につなげられるのも弁護士相談事務所とSEOの相性がいい点だと思います。

先ほどの例で設定した「交通事故 示談 やり取り」では「当事務所では、交通事故の面倒な示談取引を全て我々が代理で行います」などコンテンツ内でそのまま自事務所の訴求に自然に移行できるのがもう一つの強みと言えるでしょう。

法律事務所のSEO対策ポイント(キーワード編)

それでは実際に法律事務所のSEO対策をする際のポイントについて解説していきます。
まずはキーワード選定から解説していきます。

ユーザーニーズを理解する

まずはキーワードを決める際に、そのキーワードを調べるユーザーは「なにを知りたい」と思っているかを把握しておく必要があります。

このユーザーニーズを把握する方法の一つに、設定しようと考えているキーワードを実際に調べ、上位10サイトにどんな内容が記載されているかを確認する方法があります。

上位10サイトに表示されているサイトは、ユーザーから評価を得ているサイトで、Googleも「このサイトはユーザーニーズを抑えている」と認識していると考えられます。
なので、実際に上位に食い込んでいるコンテンツの内容を理解することで、ユーザーの求めている情報、ユーザーニーズを把握することができます。

キーワードを選定する

では実際キーワードを選定するにあたり、重要なのはそのキーワードのボリユームです。
対策キーワードには3つの種類が存在します。

  1. ビッグワード
  2. ミドルワード
  3. ロングテールワード

の3つで、基本的にSEOではロングテールワードを狙っていくことをおすすめします。
というのも、ビッグワードとは「弁護士」や「法律事務所」などの一つの単語単体で完成される対策キーワードで、ビッグワードは非常に競合性が高く検索結果面も大手が独占していることが大半です。

それにコンテンツSEOの「ユーザーの求めている情報提供する」のも、ビッグワードでは検索意図が見えづらくコンテンツ作成も非常に難しいからです。

一方、ロングテールワードとはビッグワードに、複数の単語をくっつけた、複合キーワードです。
「弁護士 依頼 料金」などビッグワードの「弁護士」に対して条件などのキーワードを複合させたことで「弁護士に依頼する際にいくら料金がかかるのか知りたい」というユーザーの検索意図が見えてきますよね。

ロングテールワードには多種多様な組み合わせがあるので、他サイトとの競合性も低く、検索意図が明確に見えるためコンテンツも作成し易くなります。

コンテンツSEOをする際にはロングテールワードを狙うほうが比較的簡単なのでそちらをおすすめします。

関連記事:さらに詳しいキーワード選定について知りたい方はこちらを

法律事務所の効果的なキーワードは「扱っている案件」

ユーザーのニーズを理解すること、ロングテールワードを狙って行くこと
これら二つと、さらに「得意としている案件をキーワードに設定する」ことも法律事務所ならではの効果的なキーワードの決め方かもしれません。

法律事務所と一括りにしても、法律事務所によって離婚調停や、交通事故の示談交渉、果ては刑事事件など取り扱う案件が違います。

なのでキーワードを選定する際にも、自事務所が強みとしている案件をキーワードに含めるといいでしょう。
扱う案件と、ユーザーの悩みや不安点を複合させたキーワードは効果的だと思われます。

例えば、交通事故の案件を扱っているなら、
「交通事故 示談 かかる時間」
「交通事故 示談 弁護士費用」
などはコンテンツも作成しやくいいキーワードでしょう。

強みとしている案件をキーワードに設定したほうがいい理由に、もう一つそのままスムーズに顧客の流入に繋げやすいからです。
交通事故に関するコンテンツの中で、「私達ならこんなサポートができます」と盛り込むことが出来ますし、それは見たユーザーが「ここなら任せられるかも」と感じやすくなります。

そのまま依頼につながる、ということも可能になってきますのでキーワード設定には「自社の扱う案件」と「ユーザーの不安点」を複合させたキーワードにしましょう。

コンテンツのクオリティ

なんども言いますがコンテンツSEOで大切なのは、コンテンツの質です。
ではコンテンツの質とはなにか?

質の高いコンテンツには2つの基準があります。
googleの定める基準と、法律相談事務所における基準の2つ
これらの基準とはなにか解説します。

Googleの定めるクオリティの高いコンテンツとは

Googleは質の高いコンテンツには4つの基準があると定めています。

読みやすい文章であること
独自性のあるオリジナルコンテンツであること
記事がジャンル分けされていること
ユーザーニーズに沿った内容であること

の、4つです。

継続してコンテンツを発信することを重要視してしまい、コピーコンテンツになってしまったり、ユーザーニーズと全くかけ離れたものを投稿するとむしろGoogleから低評価を受けてしまうこともあります。
コンテンツSEOを行う際には慎重に「これはユーザーのニーズに答えられているか」を判断して発信しましょう

法律事務所のクオリティの高いコンテンツは「誰向け」か

法律相談事務所において、質の高いコンテンツとは「誰向け」かです。
ホームページとは誰でも見れますし、誰にでも発信することができます。

不特定多数の人に見てもらうことができますが、誰に向けて発信しているか明確でないとど誰からも評価されません。
法律的な解決を望んでいる人や、不安や悩みがある人にむけて書いているということを意識しておかなくてはいけません。

このコンテンツは、なにを知りたくてどんな人に向けたコンテンツなのか、を把握しておかなくては質の高いコンテンツは作成できません。

質の高いコンテンツ作りなら、弊社S-fleageへ:最短2週間で良質なコンテンツをご提供します!

法律事務所のSEO対策ポイント(ライティング編)

キーワードを選定し、コンテンツ作成するにあたり注意しなければいけないポイントが2つあります。
SEO全般にも言えることであはありますが、法律相談事務所特有でもありますのでしっかり抑えておきましょう。

コピーコンテンツにならないよう注意する

キーワードに沿ったコンテンツを作成する際に一番注意しなければいけないのは、「コピーコンテンツ」にならないようにすることです。
特に法律相談事務所の場合、法律の説明や解説の記事になることが多く、専門性の高い記事になりやすいです。
そうすると、専門用語や法律の説明が多くなり、他のサイトのコンテンツと内容が被ってしまい、その気はなくてもコピーコンテンツになりかねません。

Googleのクローラーにコピーコンテンツと見なされてしまうと、ペナルティを受ける可能性があります。
検索順位に上がらなくなってしまったり、最悪の場合サイトそのものが検索順位圏外になってしまうかもしれません。

コピーにならないよう、出来たコンテンツはコピペチェックツールを利用してしっかりチェックることと、オリジナリティのある文章を執筆することを心がけましょう。

関連記事:コピペチェックにはこれを使うべき!SEOツール完全解説

コンテンツの質をないがしろにしないこと

自分でSEOについてネットで調べたりすると、SEO対策には様々な施策があることに気づくと思います。
たしかにSEO対策はたくさんありますし、効果的なものも多く存在します。
やるにこしたことはありませんが、なにより大事なのはコンテンツの質です。
コンテンツの質をおざなりにしてまで行うべき施策などありません。

難しく考えず、ユーザーの為になるコンテンツを作成することがなによりのSEOだということを理解しておきましょう。

まとめ

法律相談事務所のSEO対策は他の職種と比べてもかなり、SEO対策がしやすいと言えるでしょう。
SEOで最も大切なのはユーザーニーズに応えられる質の高いコンテンツを作成することです。
ただ、検索順位をあげるには他にも様々な要因やSEOの方法があるのが現実です。
全てを抑えて対策するには時間と労力が必要になります。

弊社、S-fleageは法律相談事務所のSEO対策で実績と経験があります。
弊社では、効果的なキーワード選定からSEOの内部施策まで手厚くサポートさせていただきますので、SEO対策をお考えでお困りの方は一度ご連絡を。

最短2週間で良質なコンテンツをご提供します!
コンテンツ_マーケティング
最新記事