SEO

SEO知識0の企業がビッグキーワードで上位表示するまでに至ったお話

The following two tabs change content below.
平山 博斗

平山 博斗

株式会社S-fleage(エスフレイジ) コンテンツマーケティング事業部 アカウントプランナー局
コンテンツマーケティング・コンテンツSEOの手法を活用し、クライアント様の集客をご支援。 婚活業界・留学業界をはじめ、様々な業界のお客様の集客をご支援させて頂いております。

初めまして、株式会社S-fleageのアカウントプランナーの平山です。

この記事は弊社のSEO実績や実例をご紹介する記事です。

今回は、SEO知識0でサイトも複雑構造だった企業が月間vol.10,500のビッグキーワードで上位表示するまでに至った事例についてご紹介します。

 

クライアント様との出会い

今回、事例に登場する企業様との出会いは今から約1年半前のことでした。

弊社サイトからSEO対策の依頼申し込みをいただいたのが出会いの始まりでした。

ブライダル業界の企業様で、オウンドメディアを運営しており、コンテンツの発信も行なっている企業様でした。

しかしコンテンツの検索順位が上がらず、なかなか成果が出ない。

 

なにかいい方法はないか自身で調べていたところ、この弊社サイト「SEO研究室」をみてSEOについて知り「SEO対策をすれば改善されるのでは?」と興味を持っていただいたそうです。

 

特にコンテンツSEOに力を入れておられた企業様なので、コンテンツ作成や運用に自信がある弊社としては「是非ともお力になりたい!」という気持ちで、ご依頼をいただいたその日からサイト分析、競合分析をスタートしました。

 

ブライダル業界は競合ひしめく魔の業界・・・

まず弊社では、実際にSEO対策をするにあたって現状のサイト状況の分析や、業界分析、競合他社サイトの分析を行います。

運営に成功している競合他社サイトと、自社サイトを比較分析しまずは同質化をするために必要なのは何か?改善点はなにがあるのか?必要な施策を徹底定期に洗い出します。

具体的にはこのような形で行なっています。

 

競合サイトのコンテツ内容を分析して、どのようなターゲットにどのようなコンテンツを発信しているのか、クライアント様にも行うべき施策や狙うべきターゲットをイメージしやすく具体的な解説をしたり

 

現状のサイトの改善点を分析し、なぜ改善をすべきなのか解説を踏まえ分析資料を作成します。

 

このように分析を行うのですが、業界分析を行なっている中で気づいたのが

 

ブライダル業界は競合サイトが非常に多いと言うことです。

 

見出しにも書いた通りもう、ブライダル業界は競合ひしめく魔の業界です・・・。

というのも、ブライダル業界はBtoC業界に属している業界で、ターゲットも消費者個人になります。

 

BtoC業界は、コンテンツマーケティングとの相性がすこぶるいいんです。

 

今の時代はとにかく気になったことがあったら個人、企業関係なくネットで検索する時代でです。

そんな時代でブライダル業界は特に検索することの多い個人を相手にするBtoC業界に属していて・・

さらに人生で一回しか体験できなくて、わからないことの多い「結婚」を取り扱うブライダル業界・・・

 

嫌でも一度は検索してしまうような「結婚」を取り扱う業界・・・

 

それがブライダル業界なんです。

もうどんな企業でもオウンドメディア立ち上げ必須の業界です。

 

実際、ブライダル業界では大手企業、中小企業問わず数多の企業がオウンドメディアの運用を行なっており、多くのコンテンツを発信しています。

今回のクライアント様も競合他社の多さにサイトもコンテンツも埋もれてしまっている状態にありました。

 

目標はビッグキーワードで上位表示!しかし現実は・・

弊社では分析結果の内容をお伝えするとともに、クライアント様と対策を行うにあたって今後の方針や最終の目標を擦り合わせるためにキックオフミーティングを行なっております。

 

今回のクライアント様とも「最終的な目標はなににするか」何度もやりとりさせていただきました。

どういうキーワードで検索順位を何位にしたら、いくらユーザーがサイトに流入してくれるか、また流入したユーザーの何人がサービス利用までたどり着いてくれるかなどCTR、CVRのお話や目標設定におけるコツなどお話させていただいた上で、クライアント様と最終目標を決めさせていただきました。

 

CVRやCTRについては下記の記事で詳しく解説していますので、もしよろしければ一読ください。

 

その中で出たのが「ビッグキーワードで5位以上に表示させたい」という目標。

明確な目標を設定していただいたおかげで、今後どのようなスケジュールでどのような対策を施策していくか方針も決めることができました。

キーワードは伏せさせていただきますが、クライアント様がご指定されたビッグキーワードは月間vol.10,500とかなり大きく、上位表示に成功すれば多くのユーザー流入が獲得できるキーワードでした。

 

しかし、当時かなり厳しい状況で正直、「これ、達成できるかな・・・?」とかなり弱気だったのを今でも覚えています。

というのも多くの課題と問題を抱えているサイトだったからです。

 

コンテンツはユーザーの検索意図を満たせていなかった

まず一つ目の問題点として、多くのコンテンツが検索意図を満たせていなかったという点があります。

 

SEOで欠かせない要素は数えきれないほどありますが、何よりも絶対に、一番大事なのはコンテンツです。

SEOとコンテンツSEOと二つの言葉がありますが、どちらも二つで一つです。

コンテンツがあってこそSEOが出来ると考えてください。

今回のクライアント様も多くのコンテンツを保有しており、その一つ一つから流入獲得を図っていたそうですが、どの記事も順位が低く流入が全くない状態でした。

 

コンテンツで必要になるのが、検索意図の汲み取りです。

検索意図について簡単に解説すると

例えばあるユーザーが「おすすめ ラーメン屋」と検索したとします。

このキーワードで検索するユーザーはもちろん「ラーメン屋さんに行きたくて何かおすすめのラーメン屋さんはないかしりたいな」という意図があって検索しています。

これが検索意図です。

要はユーザーが求めている情報のことですね。

検索意図についてはこちらをご覧ください。

 

コンテンツ作成を行う上で重要なのがこの検索意図、ユーザーの求めている情報を汲み取って入れ込むことです。

「おすすめ ラーメン屋」を調べているのに「おすすめのカレー屋一覧!」なんて記事出てきても読みませんよね。

googleの検索エンジンはユーザーが調べたキーワードに適した内容のコンテンツを上位に表示させます。なので検索意図を満たせていないコンテンツは適切なコンテンツではないと判断され検索順位も大きく落ちてしまいます。

 

今回のクライアント様の多くのコンテンツがまさにこの通りで、検索意図が満たせておらずユーザーの求める情報がないコンテンツと判断され検索順位が低迷、という状態にありました。

まずはほとんどのコンテンツの見直しと、新規コンテンツの作成が必須でした。

 

サイトの構造状況が複雑な状態

もう一つ大きな問題だったのが、サイト構造でした。

SEOを行う上で重要なのはコンテンツですが、その次に重要なのがサイト構造です。

サイト構造の原則は「見やすく」「分かりやすく」「覚えやすく」この三つです。

ユーザーは見やすいサイトを好みます。

例えば、「オススメのラーメン屋について知りたいなー、そうだ検索してみよう!!お、このサイトいいな!自分好みのお店がいっぱい紹介されてる!このサイトの他の記事も見てみよう!」と思って他の記事を探したとします。

でももし・・

 

「あれ・・・?どこに他の記事があるんだろう?記事をまとめたページも見当たらないし、トップページに戻りたいけど、トップページもどこにあるんだ・・」

 

もしこんなことになってしまったら、ユーザーは諦めてサイトを抜けてしまいます。

 

せっかくサイトに興味を持ってくれたユーザーもその一つの記事だけでサイトの回遊を終えてしまい、自社サイトのファンになってもらうことができません。

 

どれだけいい記事を掲載していたとしてもユーザーは一つの記事だけでは満足しませんし、信用もしません。

この記事も見てみよう、この記事も見てみよう・・・と、どんどん色んな記事を読み進めていくことで、「このサイトは有益なサイトだ!なにか機会があればこのサイトを運営している会社を利用させてもらおう」と成果行動に至るわけですね。

 

まぁかなり極端な例ではありますが、実際見辛いサイトより、見やすいサイトの方が受けがいいのは間違いありません。

 

これはサイトの検索順位を決定するプログラムである、検索エンジンクローラーも同様で、クローラーも所詮ロボットなので複雑な構造のサイトの場合、全てのページを認識することが出来ず、せっかくのコンテンツもクローリングされず一向に検索順位のつかないことが起こりえます。

クローラーとは?

Googleクローラー

 

SEOでは「2クリックで全てに到達するサイト」が好まれます。

 

ところがクライアント様のサイトは、かなり複雑で本当にどこになにがあるか分からない状態でした。

コンテンツページに戻ろうにも、そもそもコンテンツページがどこにあるか分からない。他の記事を読み進めようにも関連記事も見当たらない。そもそも肝心の問い合わせフォームも見当たらない。パンくずリストもないから今、自分がどの階層にいるのかも分からない。

 

など、正直言ってかなり複雑状態でした。

これは一からサイトの構造を作り変える必要がありました。

 

担当者様はSEO知識がゼロ

私たちとして、もう一つの懸念だったのがクライアント様のweb担当者の方が、SEO知識をお持ちではなかったことです。

「SEOの知識がないとダメなの?」と思われるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

ただ、当時お付き合いさせていただいていた他企業のクライアント様はSEO知識をお持ちで、そのメリットもデメリットもよくご存知の方が多くいらっしゃいました。

私たちは、「SEO知識がないクライアント様」とのお付き合いが初めてで、ちゃんと施策の効果や、メリットを伝えることができるだろうか?それをちゃんと理解していただき実行に移してもらえるだろうか?という不安がありました。

 

いまだから言えますが、本当に不安要素が多く、心配事の絶えませんでした・・・。

エスフレイジが行った施策と、結果

キックオフミーティングや施策前のすり合わせを何度も行い、二週間後、実際に対策を開始しました。

目標である「ビッグキーワードでの上位表示」を達成すべく、弊社ではまず優先度順に対策スケジュールを組み、実行に移りました。

まずはビッグキーワードを上位表示させるために構造化SEOを開始、十分な成果が出る相当量のコンテンツ作成。

弊社の構造化SEOについては下記の資料で詳しく解説しています。

構造化SEOとは?

※クリックすると入力フォームが表示されますので、情報を入力後にダウンロードが可能になります。

構造化SEOでGoogle検索1ページ目に表示させる方法

 

また、コンテンツ作成と平行して複雑だったサイト構造をユーザー、クローラー共に回遊しやすいサイト構造への修正を開始しました。

検索意図を満たしたコンテンツを月30本作成、既存記事のリライト

まず、新たにコンテンツの作成を開始しました。現状を鑑みて構造化SEOで効果を発揮するために月に30本の新規記事作成を、そして元より保有されていた既存記事のリライトを開始。

 

新規記事に関しては、弊社で事前に狙うべきターゲットユーザーを設定し、ターゲットユーザーが検索しうるキーワードを100前後選定。

 

その中からクライアント様にこのキーワードならどのようなコンテンツになり、どのように自社サービスの訴求ができるかなどの話し合い行い、30個に絞り各キーワード毎に弊社の検索意図分析を元にした検索意図の網羅、そして競合他社にはない独自性を盛り込んだコンテンツを毎月30記事作成。

並行して、検索意図が網羅出来ていなかった既存記事を一から、検索意図分析、独自情報の入れ込みを行い記事のリライトを行いました。

 

しっかり検索意図を網羅し、ユーザーの求める情報を提供するコンテンツを発信、リライトしたことにより、1ヶ月後には検索順位が上がりだし今では多くのキーワードで上位表示されるようになりました。

 

※検索順位チェックツールGRCの順位データ

サイト構成を一から一緒に見直し、改善を

ユーザーにもクローラーにも見辛く複雑だったサイト構造は、一から改善を行いました。

ここで重要だったのは、なぜ今の構造がダメで、どう改善したらいいのか、改善方法に本当に効果があるのか根拠や理由をしっかりとクライアント様にも認識してもらうことでした。

というのも私たちはあくまでSEO対策を行う会社で、サイト全体の設計やデザインはまた違う会社様にクライアント様はご依頼していたらしく、私たちでもいじれない、クライアント様でもいじれない状況だったのです。

ですから、しっかりとサイト構造を見直し改善を行う理由と根拠を伝え、クライアント様にも認識していただいた上でサイト制作会社様に修正依頼をしていただく必要がありました。

 

 

このように資料で現状、改善策とその効果をまとめ、実際にミーティングを通して口頭でもお伝えすることを徹底し、サイト構造改善の必要性を理解していただけたことでサイト制作会社様との修正のやりとりもスームズに進み、改善修正もスムーズに進めることが出来ました。

実際に取り組んだ施策には

  • グローバルナビの設置
  • パンくずリストの設置
  • 階層構造の簡素化
  • タグ情報の整理
  • 記事同士の内部リンク結合

 

などSEOで必要な内部対策はもちろん、弊社独自の考えに基づいたサイト構造、内部対策を行った結果

 

「2クリックで全てのページに到達するサイト」に変化しました。

 

SEOの評価要素の一つでもあるサイトスピードも、「25」だったサイトが、「81」まで改善されました。

※PageSpeed Insights – Google Developers

 

徹底したコンテンツ作成と内部対策で4ヶ月後、上位表示に成功

実際に対策を開始してから、毎月コンテンツ作成と内部対策を徹底して繰り返し

サイト構造も改善、作成したコンテンツでも上位表示するようになりましたが、目標だった「ビッグキーワードでの上位表示」が叶わず、目標としていた対策期間4ヶ月間がもうそろそろ経ちそうなこともあり私たちもクライアント様も、もどかしい思いをしていました。

しかし、弊社の都度お送りさせていただいた施策内容レポートや、月一のミーティングなどで綿密なコミュニケーションを取っていたこと、根拠と具体性を持って取り組んでいたこともあり「SEOは継続が必要」であることを理解していただき、目標期間まで取り組むことができました。

 

そして、4ヶ月後

 

 

目標のビッグキーワードで上位表示に成功しました。

それも当初の予定では5位での表示でしたが、1位まで上位に表示させることが出来ました。

なぜ、ここまで改善することが出来たのか、目標達成が出来たのか

そこにある、私たちS-fleageのSEO対策についてご紹介します。

 

心がけたのは「一緒に」やっていくこと

最初は、改善点も多く、担当者の方もSEO知識がないとおのことで不安ばかりでしたが目標を達成すことが出来たのは、ただ一つ

 

「一緒に」やっていくことをやめなかったから

 

だと考えています。

担当者の方がSEO知識がないなら一緒に学んでいけばいい、分からないことは私たちが調べてお伝えすればいい、そう考えて行動してきました。

対策内容もただ伝えて終わりではなく、一緒にやっていくことに意味がある。

 

そう考えて行動してきました。

 

ベタな言い方ですが共に歩んだからこそ、お互いに信頼を築きどんな施策も迷わず行えた、思うような成果が出なくても止まることなく継続でき、目標達成が出来たと考えています。

 

他SEO企業様の中には、クライアント側にすでに知識がある体で話を進め、進捗も施策内容も明かさない、一から説明してくれないという会社が多いと、相談会や他のクライアント様からよくお話を聞きます。

 

それでも、別に成果さえ出せればいい。かもしれません。

ですが、もし契約解消した場合、丸投げしていたからこれからどうしたらいいか分からない

そんなことにはなって欲しくないと考えています。

関係がなくても、関わっていく

今回のクライアント様とのお付き合いの中で、一度ちょっとした事件が起きました。

 

順調に順位を伸ばし、サイト流入数も増加していた矢先にいきなり、全てのコンテンツの順位が低下、それどころか指名検索(会社名やサイト名での検索)でも検索結果に出なくなってしまった、という事件が起こりました。

弊社でも常に検索順位やサイト状況を監視していたので、すぐに異変には気づきましたが

クライアント様からもすぐにご相談をいただきました。

結果として、外注されていたサイト製作会社の方でサイト修正のために一時的に検索順位に反映させないタグを使用していたことが原因による検索順位の低下だったので、冷たい言い方をすれば私たちには関係のないお話だったのでしたが

そのご相談をいただいた日から、クライアント様の担当者、営業担当、分析担当、戦略担当の全員を集め急遽ミーティングを開き原因解明と改善方法の模索を開始しました。

原因は先ほど説明したタグにあることを解析し、改善方法を私たちはすぐに、ご連絡させていただき結果として、一時的な順位下落に終わりすぐに元の状態に復帰しましたが

 

「うちは関係ないですね。」

この一言でもよかったのかもしれません。

ですが、これもクライアント様が私たちを信頼してご相談していただいた、私たちも信頼を返したいと思い行動した、今まで一緒になって動いてきたからこその行動です。

関係がなくても、積極的に関わっていく、これが弊社のSEO対策の一つです。

 

そのスタイルは今でも変わらず、今も今回のクライアント様とはお付き合いをさせていただいております。

「一緒にやる」ことと「関係がなくても関わること」そして一つ一つの施策に「根拠と理由を」持って丁寧にお付き合いさせていただくのが弊社、株式会社S-fleageのSEOです。

 

弊社では無料サイト分析や、SEOを一から学べる無料資料の配布を行なっております。

もしよろしければ下記のページをクリックお願いいたします。

 

ABOUT ME
平山 博斗
平山 博斗
コンテンツマーケティング・コンテンツSEOの手法を活用し、クライアント様の集客をご支援。 婚活業界・留学業界をはじめ、様々な業界のお客様の集客をご支援させて頂いております。
最短2週間で良質なコンテンツをご提供します!
The following two tabs change content below.
柏木亜梨

柏木亜梨

株式会社S-fleage(エスフレイジ) コンテンツマーケティング事業部 アカウントプランナー局
SEO施策、コンテンツマーケティングの手法を活用し、クライアント様の集客をご支援。前職では金融機関において、個人向け金融商品のご提案・法人向け融資、M&A案件、事業承継等に従事しておしました。 製造業・サービス業・通信業・卸業・建築業等様々な職種の企業様とお取引させて頂いておりました。

  • 無料分析

    SEOに関する課題点などを無料で分析


  • お問い合わせ

    サービスに関する相談・お問い合わせ


  • Webセミナー

    webマーケティングに関するオンラインセミナーを開催


  • お役立ち資料

    オウンドメディア運営やウェブマーケティングに関するお役立ち資料をDL

  • 無料分析

    SEOに関する課題点などを無料で分析

  • お問い合わせ

    サービスに関する相談・お問い合わせ

  • Webセミナー

    webマーケティングに関するオンラインセミナーを開催

  • お役立ち資料

    オウンドメディア運営やウェブマーケティングに関するお役立ち資料をDL