SEOとは

買取専門業界のSEO対策で外せないポイント5選!

買取専門業者のSEOにはどんなものがあるのか、SEOを委託したいけど買取業で実績はあるのか、どこに委託するのがいいのかなど、買取専門業のSEOに対して疑問が多い方も多いのではないでしょうか。今回は、買取専門業界で実績のある弊社が、そんな聞くに聞けない疑問を払拭していきたいと思います。

買取業界の集客はネットが主流

様々な情報が瞬時に分かる現在のインターネット環境では、買取業界もウェブマーケティングを行っている企業がほとんどです。ネットで集客する際に最も重要なのはターゲットを正確に捉え、特徴や行動パターンを分析し適切な方法で流入していくことです。

買取専門業のウェブ戦略の方法

実際に買取専門業界の企業が行うウェブ戦略にはいくつか方法があります。

まずはそちらをご紹介します。

ブログ

ブログでの集客は以前に比べて積極的になっており、コンテンツ内容を自由に書くことができ、伝えたい内容を純粋に伝えられることがなによりのメリットだと言えます。ユーザーはただ高く売りたいだけではなく、信頼性があるかどうかを判断基準にしている傾向があります。写真や実績の数字を明確に表示し、売ることによってどんなメリットがもたらされるのかを示す必要があります。

広告

広告での集客はマーケティングの基本であり、昔から用いられてきた方法です。広告料がかかってきますが確実にユーザーの目に留まり集客に繋がります。広告の中でもリスティング広告が濃厚で、買取に関連するキーワードを検索したユーザーに対して広告が出るため買取に意欲のあるターゲットを流入することが出来ます。

SEO

ユーザーが検索をかける時に使用するGoogleやYahooの大手の検索エンジンに働きかけるのがSEOなので、検索順位が上位であればあるほどクリック率も上がりユーザーを確実に流入することが出来ます。対策キーワード+条件に言い換えるなどしてコンテンツを増やしていけばより多く集客することが出来ます。

SEOとは

ブログや広告に関してはなんとなく分かるけど、イマイチ想像がしづらいのがSEOかと思います。

SEOの意味や目的、メリットやデメリットをまずは把握しておきましょう。

SEOの必要性

SEOの一番のメリットはコストが抑えられ、検索結果上位に表示されると長期的に上位が継続され安定した集客が見込めることです。更に購買意欲のあるユーザーからの集客のためコンバージョン率が高いユーザーを流入出来ます。更に現在のSEOでは内部施策が重要視されており、ユーザーの求めている疑問解決に特価したコンテンツを作ることでアルゴリズムに良質だと判断してもらえれば低予算で集客することが可能です。

やっていいSEOとやってはいけないSEO

SEO対策の中でも内部施策はどんどんやるべきではありますが、外部施策、特に外部リンクを購入しサイトに貼り付けなどやってはいけないSEOが存在しGoogleにペナルティーを課されないようにする必要があります。

正しい外部施策について詳しく知りたい方はこちら。

【SEOの要!】外部SEOを攻略する3つの方法をご紹介!

買取業におけるキーワード選定の大切なポイント5選

買取業界において、対策キーワードの選定にはいくつかのポイントがあります。

これは買取業界特有のポイントなので押さえておきましょう。

商品、買取可能商品を関連ワードと組み合わせる

例えば中古の着物の買取をしているサイトであれば「買取 着物」というように、買取+関連ワードで組み合わせるとユーザーをスムーズに呼び込むことが出来ます。組み合わせた関連ワードについての良質なコンテンツを用意する必要があります。

ターゲットにしている地域ワードを組み合わせる

上記のように「買取 着物」だけではユーザーを絞りきれないので、地域ワードを設定することでそれぞれの地域ごとのニーズに応えることが出来ます。京都に住んでいる人がターゲットにするなら「買取 着物 京都」にするといいでしょう。

地域SEOについて詳しく知りたい方はこちら。

【攻略法アリ!】地域KWのSEOで上位を取るための方法を徹底解説!

ユーザーのニーズを理解する

関連ワード・地域ワードまで絞れたとしても、まだサイト数の数は膨大で更に明確にする必要があり京都で買取業者を探しており、着物を買取って欲しいが着物の中でも麻素材の着物を売りたいなどの場合は「買取 着物 麻」とするといいでしょう。

複数のキーワードを選定する

ユーザーがどういう時に検索するのかを想像し、複数のキーワードを選定しましょう。着物を売ろうと思えば、まず地域名や駅名、素材は何なのか、中古なのか新品なのかなどユーザーの立場になって想像するといいでしょう。

効果が薄いキーワードは避ける

長いキーワードや、専門的過ぎるキーワードは効果が薄くなりがちなので、ニーズがありそうなキーワードを1〜3個程に抑え決めるといいでしょう。

キーワードの決め方についてはこちら。

SEOキーワードの効果的な決め方はコレ!

買取業界のコンテンツ作成で大切なポイント5選

関連ワード、サジェストワードを意識して作成する

コンテンツをただ作るだけではなく、ユーザーが求めている疑問解決に繋がる関連ワードやサジェストワードを意識しながら適材適所に盛り込めるだけ盛り込んで作成しましょう。1ページに1キーワードが理想とされています。

ユーザーが目を引くようなタイトルにする

ユーザーが気になるキーワードを検索にかけた時、興味の湧くわかりやすいタイトルにする必要があり、「この記事を読みたい!気になる!」と思わせられるようなタイトル名が重要になってきます。新しい情報であること、ユーザーにとって特であること、興味をそそられることが出来るタイトルが理想です。

他社サイトにはない独自性を出す

サイト数は無限に存在し、一つのキーワードに対して記事内容は似たり寄ったりです。ユーザーに納得してもらうだけの他のサイトにも載っているような内容だけでは良い評価を受けることは難しくなります。そこで他社にはない独自の情報を載せるなど、納得するだけではなくユーザーの特になるような付加価値のある情報を載せるとより効果的です。

構成をしっかりさせる

サイトを閲覧する際にユーザーが文章を読んでいて迷子にならないように網羅性を高めた文章や構成が重要になってきます。文章が支離滅裂にならないように構成には十分気をつけるようにしましょう。

文章だけでなく画像も利用する

ユーザーがより記事を読み進めやすくするために、文章だけでなく要所要所に見合った画像を取り入れることでコンテンツの充実度をあげ、ユーザーもイメージがつきやすくなり説得力がある記事内容を作成することが出来ます。

選定したキーワードを上位表示させるための大切なポイント5選

 

高品質なコンテンツを発信する

重要なのは、「質の高いコンテンツ」を作ることです。

ドメインパワーを強くする、内部リンクを貼り付ける、などSEOと聞くと、技術的な印象があると思います。

しかしこれらはコンテンツの質をおざなりにしてでも行う施策ではありません。

何よりもユーザーが読みたい、読んで良かったと思ってもらえるような有益なコンテンツを作ること。

最も重要なのは「質の高いコンテンツ」を作成することです。

Googleのアルゴリズムを常に意識しておく

上記の「質の高いコンテンツを作成する」を否定するような書き方になりますが

質の高いコンテンツを作成するのはもちろんとして、しかしそれだけでは検索順位が上がらないのも事実です。

googleのアルゴリズム(googleが良いコンテンツと判断する基準)を正しく理解し、そのアルゴリズムに沿ってコンテンツを作成するのも重要になります。

またアルゴリズムはアップデートにより、1年で変化してしまうことがあります。

このアルゴリズムの変化に対して常にアンテナを張っておくこと、いつでもアップデートに対応できるようにしておきましょう。

関連記事:アルゴリズムアップデートとは?最新アプデ情報掲載

Googleクローラーに正しく認識してもらうこと

アルゴリズムを理解した上で、コンテンツの内容をクローラーが正しく認識できるようにコンテンツを作成する必要があります。

少し説明すると、クローラーは基本的にページの全てを見ている訳ではありません。

主に見ているのは見出しなどのタグになります。

タグというと、(H2)や(H3)などのタグのことで、これにはタイトルタグなども含まれています。

このタグ内にしっかり、「この段落には何が書かれているか」、「この段落を読めば何が分かるのか」を記述しておくことが大切になります。

しっかり記述しておくことでクローラーもユーザーも「このページにはこんなことが書かれていて、こんなことが分かるのか」と認識しやすくなります。

コンテンツが正しくユーザーニーズを満たせているか

コンテンツを作成する際のもう一つのポイントとして、コンテンツの内容が正しくユーザーの求めている情報になっているかも大切です。

なんども言いますが、大事なのは「質の高いコンテンツ」です。

では質の高いコンテンツとはなにか?

それは「ユーザーの欲しい情報が載っている」かどうかです。

例えばですが、ユーザーが「紅茶 飲み方」というキーワードを検索したとします。

「紅茶 飲み方」は紅茶の正しい飲み方や、作法を知りたいというニーズがありますよね。

そんな紅茶の飲み方を知りたいのに検索結果面に出てきたページが

「必見!正しい紅茶の淹れ方とは?」

だとしたら、ユーザーはこのサイトを見ようとは思いませんよね。

なぜならユーザーが欲しいのは「飲み方」であって「淹れ方」ではないからです。

どれほど「紅茶の淹れ方」について内容の濃いコンテンツを作ったとしても、検索したユーザーの求めている情報ではなかったらユーザーはページに訪れることはありません。

なのでタイトルもコンテンツの内容も、キーワードに対するユーザーニーズに沿った内容にしましょう。

 

SEOでお困りなら弊社S-fleageへ

弊社、S-fleageは買取専門業者様のSEOを行なってきました。

基本的なSEOを行なった上で、独自の分析から高品質なコンテンツを作成しました。

ご依頼いただいた企業様のKW90個ほどのコンテンツを作成しましたが、そのほとんどで検索順位10サイト以内に上げることができました。

外部リンクに頼らない、内部施策を徹底

外部リンクを購入したりせずに、内部施策を徹底的に行いGoogleの正しい判断で上位表示を目指します。

ただ純粋に高品質なコンテンツ作成を追求

ユーザーファーストを軸に高品質なコンテンツを追求することで自然とニーズに応えることができ、上位表示を実現しています。

テールワードを上げていくことでより確実な上位表示を

ビックワードを用いて上位表示を狙うのではなく、あえて競合が低いテールワードで対策を行い、確実に上位表示を目指します。

テールワードでのSEOについてはこちら

実は簡単!ロングテールキーワードの選び方を徹底解説!

まとめ

買取専門業者のwebマーケティングには広告やブログなど多種多様になります。

自社サイトをお持ちならば、ブログやコラムでコンテンツマーケティングを行うのも一つな有効手段と言えるでしょう。

コンテンツマーケティングの中でもSEOは買取専門業と非常に相性の良い手段です。

キーワード選定も非常に決めやすいのと、ユーザーのニーズが明確なのが買取とSEOの相性が良い理由です。

SEOをお考えの方は、ぜひ一度弊社へご相談ください。

SEOの順位を上げる施策をより具体的に知りたい方はこちら。

【ご紹介】SEOで検索順位を上げるための6つの方法

最短2週間で良質なコンテンツをご提供します!