ブラックハットSEO

ブラックハットSEO

ブラックハットSEOの概要

ブラックハットSEOは、ホワイトハックSEOの対義語です。

アルゴリズムの裏をかいて、ユーザービリティーの低いコンテンツを作成し、検索順位を狙おうとする手法です。

かつて、ブラックハットSEOが流行った時期もありました。そして、ブラックハットSEO

を利用して、一定の成果を挙げていたことも事実です。

しかし、現在では、Googleが健全なコンテンツのみが上位になるようなアップデートを繰り返し行っています。

ブラックハットSEOを行った場合、スパム行為と認識され、対象となるページの検索順位を下げられたり、最悪の場合、サイト自体を飛ばされることもあります。

ブラックハットSEOの一例

ブラックハットSEOの例としては、以下のような施策があります。

  1. 検索意図と異なるコンテンツを発信する(クローキング)
  2. 自動生成コンテンツを利用して、検索上位を狙う(ワードサラダ)
  3. 該当サイトと全く関連性のない被リンクを購入し、評価を高める

こうした施策は、ユーザーにとってもよいコンテンツではありません。

そのため、SEO的にも、かなりマイナスな評価を得る可能性があります。

最短2週間で良質なコンテンツをご提供します!