Webマーケティング

リスティング広告とは?初心者向けにリスティング広告のいろはを紹介

The following two tabs change content below.
柏木亜梨

柏木亜梨

株式会社S-fleage(エスフレイジ) コンテンツマーケティング事業部 アカウントプランナー局
SEO施策、コンテンツマーケティングの手法を活用し、クライアント様の集客をご支援。前職では金融機関において、個人向け金融商品のご提案・法人向け融資、M&A案件、事業承継等に従事しておしました。 製造業・サービス業・通信業・卸業・建築業等様々な職種の企業様とお取引させて頂いておりました。

「リスティング広告とは?」と聞かれてあなたは答えられるでしょうか?。

リスティング広告は、長年関わっている人でも一言では説明しにくいと言われています。

費用を抑えて手軽に始められますが専門用語も多く、解析ツールを理解しなければならないなど運用が難しいため、初心者にはハードルの高い手法です。

そこで「会社でリスティング広告運用をまかされたけど何もわからない」「自分で運用してみたいけど何から始めたらいいかわからない」といった人のために、これからリスティング広告について紹介していきます。

また、リスティング広告以外で有効なマーケティング手法も紹介しますので、選択肢の一つとして検討してみてください。

 

リスティング広告とは

リスティング広告とは、ユーザーが検索したキーワードに対応した広告を表示させるものです。

1クリックごとに費用が発生し、google広告とYahoo!広告の2種類のサービスがあります。

検索画面の目立つ場所に「広告」と表記が入った形で表示されます。

リスティング広告の目的

リスティング広告の目的は、広告をクリックしてもらって自社の用意したランディングページに来てもらうことが目的です。

自社のランディングページに来てもらうことで、商品購入につなげたり、商品や会社の認知度を向上させたり、実店舗にお客さんを集めたりすることができます。

 

リスティング広告の具体例

リスティング広告には「キーワード+地域名」で広告を出す方法があります。

例えば「美容室 鎌倉」というキーワードで検索されたときにだけ、広告を表示させるといったことが可能です。キーワードに地域名を加えることで、鎌倉周辺の検索ユーザーを集めることができます。

このようなやり方を地域ターゲティングと言います。

 

リスティング広告のメリット

この項目ではリスティング広告のメリットや利便性について紹介していきます。

 

検索ユーザーの目的にマッチした広告が出せる

検索ユーザーがgoogleなどで検索するとき、必ず目的を持っています。

パソコンのスペックが知りたい、掃除機のおすすめが知りたいなど目的に具体性があります。

それぞれのキーワードに合った商品の広告を表示させることで、検索ユーザーのニーズに合った宣伝ができるのです。

 

検索ページの最も目立つところに広告を出せる

先ほども触れましたが、リスティング広告は検索結果画面の一番上や一番下に表示されます。

最も目立つ場所に表示されるため、必然的に検索ユーザーの目に入りやすいのです。

広告が目立つ場所にあると「一度覗いてみようか」となるわけです。

 

狙っているキーワードにだけ広告が出せる

他のWEB広告では狙ったキーワード以外の検索結果画面に、自社の広告が表示されることがよくあります。

このようなケースでは広告の内容に関心の薄い検索ユーザーの目に留まるだけなので、大きな効果は期待できないでしょう。

リスティング広告は、設定したキーワードで検索されたときに限定して表示されるので、タ購買層になりにくい検索ユーザーからの冷やかしクリックを防ぐことができます。

 

リスティング広告の仕組み

この項目ではリスティング広告の仕組みについて詳しく紹介していきます。

 

リスティング広告の費用

リスティング広告運用を企業に依頼するときの費用には、初期費用、広告運用代行費などがかかります。

広告運用代行費の平均額は、広告費の20%前後と言われています。

費用全体の相場は10万円~50万円前後です。

また、会社によって異なりますが、最低出稿金額を30万円に設定しているところが多いようです。

リスティング広告の必須構成内容

リスティング広告のアカウントは、キャンペーン、広告グループ、キーワード、広告で構成されています。

内容は以下のとおりです。

アカウント:サービスを利用するための会員登録のようなもの

キャンペーン:広告グループを管理するもの

広告グループ:広告内容を詳細に設定したもの

キーワード:広告を表示させるときに狙いをつけるワード

広告:実際に検索結果に表示される内容

 

リスティング広告の掲載順位の決定基準

リスティング広告の掲載順位の決定基準について、公式に発表された情報はありません。

しかし、さまざまな観点から、掲載順位は広告ランクの高さで決まると考えられています。

広告ランクはgoogleの呼び方で、Yahoo!ではオークションランクと言われており、品質スコアと入札価格を掛け合わせて導き出します。

リスティング広告の入稿審査

リスティング広告には入稿審査があります。その目的は、検索ユーザーの安全性と利便性を高めていくためと言われています。
審査の対象になる項目は以下のとおりです。

  • キーワードが広告文と関連性があるか
  • ガイドラインに沿った広告文であるか
  • 用意しているランディングページとキーワードに関連性があるか
  • ランディングページ内の記事はガイドラインに沿っているか

 

今すぐできるリスティング広告出稿方法

この項目では、google広告でリスティング広告を出稿する方法を5ステップに分けて紹介していきます。

 

ステップ1

まずキャンペーンを設定する必要があります。

手順は以下のとおりです。

①google広告にログインし、キャンペーンをクリック

②出稿したい広告の種類を選択

③決めておいたキャンペーンの名前を入力

④広告を出したいデバイス、地域、言語を選択

⑤入札戦略と1日あたりの予算上限を入力

⑥広告表示オプションを選択

 

ステップ2

次に広告グループを作成します。

以下の3つを入力して作成してください。

・用意しておいたランディングページのURL

・決めておいた広告グループの名前

・狙いたいキーワード

 

ステップ3

次に広告を作ります。

以下の内容を入力して作成してください。

・クリックしたときに遷移するランディングページのURL

・広告の見出し

・広告内容の説明文

見出しと説明文には、文字数制限や使用できる記号の制限、表現で禁止されているものなどがあります。

 

ステップ4

リスティング広告の出稿が終わったら、ランディングページにコンバージョンタグを設定しましょう。

このコンバージョンタグはリスティング広告の効果を測定するために必要です。商品が購入された数、資料請求された数、実店舗の予約数などを計測することができます。

 

ステップ5

最後にgoogle広告アカウントとgoogleアナリティクスの連携を行いましょう。

集客効果はgoogle広告のレポート画面で確認できますが、googleアナリティクスとの連携を設定しておくと、設定した目標値やセッション情報をgoogle広告にインポートできるので、広告効果をより詳細に分析することができます。

 

リスティング広告は最強!・・・ではないです

リスティング広告はメリットが多く、個人でもすくに始められるものです。

しかし、他のマーケティング手法と比較すると、ベストとは言いきれない部分があります。

この項目で説明していきます。

 

費用が永遠かかる

リスティング広告は運用を続ける限り永遠に費用がかかります。

YouTubeで商品紹介動画を公開したケースと比べるとわかりやすいでしょう。

リスティング広告は1クリックされる度にお金がかかりますが、YouTubeは一度公開すると、それ以降の費用がかかりません。そのため運用費用が必要なく、制作費用だけで済むのです。

 

審査が年々厳しくなっている

リスティング広告は、出稿するための審査が年々厳しくなっています。

原因として考えられるのは、インターネットで商品を購入することが一般的になってきたことにより、トラブルも増加傾向にあるからでしょう。

そのため、トラブルになりやすい業者や詐欺に近いサービスを提供する業者が、自社の広告サービスを利用することにgoogleもYahoo!も敏感になっているようです。

 

もう誰もクリックしない時代がすぐそこまできている

リスティング広告は一番目立つ場所に表示されるため、検索ユーザーにとって邪魔なものと認識される傾向があります。

目当てのサイトにたどり着くまでに必ず目に入るので、無理もないでしょう。

「広告」と表示されているだけで嫌悪感を抱く人が少なくないのが現状です。

 

リスティング広告が無理なら別の手段を

これまでリスティング広告について紹介してきましたが、中には「自社には合わないな」と感じた方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、マーケティング手法にはリスティング広告以外でも有益なものがたくさんあります。

この項目でいくつか紹介していきますので、御社にマッチしそうなものがないか検討してみてください。

 

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは、別名バナー広告とも言われています。

サイト内の広告枠にテキストや画像、動画などを表示させるものです。

メリットは画像や動画を使うことができるので、目に留まりやすいこと、1クリックの単価が安いことなどです。

しかし目に留まりやすいため、購買意欲の低いユーザーにもクリックされやすく、クリック数に対する成約率が低くなるという難しさがあります。

 

SEO

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、検索エンジンを最適化するという意味です。

メリットは購買意欲の高いユーザーを集められる、最適化させたサイトは長く集客に役立ってくれるなどです。

しかし即効性が低いため、検索順位を上げていくには時間がかかるという難しさがあります。

 

まとめ

リスティング広告は、月に1,000円くらいの費用ですぐに始めることが可能です。さらに1クリックにかかる金額、1日にかかる費用を自分で設定できるので、費用の消費を目的に合わせてコントロールできます。

その反面、運用にはある程度の知識が必要であり、手間も時間もかかります。

広告運用のコツは自社に合った方法を見つけることです。

リスティング広告だけでなく、ディスプレイ広告やSEOなども選択肢に入れて総合的に判断しましょう。

また、一つの手法にこだわらず、複数の手法を同時に試すことも有効かもしれません。

ABOUT ME
柏木亜梨
柏木亜梨
SEO施策、コンテンツマーケティングの手法を活用し、クライアント様の集客をご支援。前職では金融機関において、個人向け金融商品のご提案・法人向け融資、M&A案件、事業承継等に従事しておしました。 製造業・サービス業・通信業・卸業・建築業等様々な職種の企業様とお取引させて頂いておりました。
最短2週間で良質なコンテンツをご提供します!
The following two tabs change content below.
柏木亜梨

柏木亜梨

株式会社S-fleage(エスフレイジ) コンテンツマーケティング事業部 アカウントプランナー局
SEO施策、コンテンツマーケティングの手法を活用し、クライアント様の集客をご支援。前職では金融機関において、個人向け金融商品のご提案・法人向け融資、M&A案件、事業承継等に従事しておしました。 製造業・サービス業・通信業・卸業・建築業等様々な職種の企業様とお取引させて頂いておりました。

  • 無料分析

    SEOに関する課題点などを無料で分析


  • お問い合わせ

    サービスに関する相談・お問い合わせ


  • Webセミナー

    webマーケティングに関するオンラインセミナーを開催


  • お役立ち資料

    オウンドメディア運営やウェブマーケティングに関するお役立ち資料をDL

  • 無料分析

    SEOに関する課題点などを無料で分析

  • お問い合わせ

    サービスに関する相談・お問い合わせ

  • Webセミナー

    webマーケティングに関するオンラインセミナーを開催

  • お役立ち資料

    オウンドメディア運営やウェブマーケティングに関するお役立ち資料をDL