SEOとは

Googleの検索エンジンにインデックスされているか確認する方法

SEOコンテンツ対策会社_とは

インデックスとは、クローラーが収集したWEBページのデータを検索エンジンデータベースに整理されることですが、「このページはインデックスされているのか?」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

本記事では、インデックスを確認する具体的な方法をご紹介していきます。

「このページはインデックスされているのか?」という不安を持っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

サイトがインデックスされているか確認する方法

本項目では、インデックス化されているか確認する方法について解説します。

まずはしっかりインデックス化されているかを確認しなければなりません。

このインデックス化の確認には二つの方法があります。

「Google Serch Consoleを利用する方法」と「Googleの検索窓を利用し確認する方法」の2つがあります。

Google search consoleを使ってインデックスを確認する

Google Search Consoleを利用したインデックス化の確認方法ですが、大まかな流れは以下の通りです。

  1. Google Search Consoleにログイン
  2. インデックスを確認したいURLをクリック
  3. 「Google インデックス」内の「インデックス ステータス」を選択
  4. 「新しいレポートに移動」を選択
  5. 「カバレッジ」内の「有効」を選択
  6. 「送信して登録されました」を選択

上記の工程を行っていただくと、インデックスされているURLを確認することができます。

以上がGoogle Search Consoleを利用したインデックス化の確認方法です。

Google Search Consoleというツールを使用しなければいけないので、少し難しそうに聞こえますが慣れてしまえば簡単ですし、Google Search Consoleは非常に便利なツールなので使えて損はありません。

Googleの検索窓にサイトのURLを貼ってインデックスを確認する

次は誰もが検索をするときに使ったことがある、検索窓を利用したインデックスの確認方法です。

具体的な方法は、以下のとおりです。

  1. Googleのホームサイトを開く
  2. Googleの検索窓に自分のサイトのURLを打ち込んで検索
    (注)
    「site:+URL」(「site:自分のサイトURL」)を記入して検索する

上記の工程をして行うと、検索結果面にサイトがインデックスされているか確認することができます。

この方法はツールを使わず、かなり簡単に行える方法なのでおすすめです。

ただしGoogle Serch Consoleほど明細に確認できるわけでははないので注意が必要です。

 サイトがインデックスされているか確認するメリット

インデックスされているかの確認方法は理解できたとして、ではなぜインデックスされているか確認する必要があるのでしょう

それはインデックス確認に2つのメリットがあるからです。

サイトをよりよくする為にもインデックス確認は非常に重要な作業なのです。

サイトの問題点を確認できる

インデックスを確認することで、サイトがインデックスされているか、と同時にサイトの問題点や改善点を確認することができます。

サイト内でアップしてい記事数に対してインデックスされている数が多すぎたり、少なすぎたりといった状況を把握することで、サイトにどんな問題と改善点があるのか把握できます。

またネット上で公開しているのに、インデックス化させたくない時に付属させる、本来付いていない筈のnoindexタグが誤って付いてしまっていないか、を確認することもできます。

インデックス数が順調に伸びているかが把握できる

継続して定期的にサイト内でコンテンツを発信している場合、基本的にはクローラーが巡回してコンテンツページをインデックス化するので、インデックス数は右肩上がりに推移します。

もし仮にインデックス数が、なぜか下がってしまっている場合はサイトページに何らかの問題が発生している可能性が非常に高いです

サイトに問題が起きても気付けない、ではSEOどころではないので定期的にインデックス数を確認することでサイトに問題がないなか、ちゃんとインデックス数は正常にカウントされているか、を常に把握することができます。

サイトがインデックスされない時の原因と対処法

なぜか、どうしてもサイトがインデックスされない。

そういう場合、2つの原因があると考えられます。インデックス化がされない原因とそして対処方についても詳しく解説します。

インデックスされない原因

まず一つに、クローラーが認識しづらいサイト構成になってしまっていてクローラーがそもそもページの存在に気づいていない可能性があります。

もう一つの原因に、コンテンツ内容がGoogleのガイドラインに違反してしまっている場合があります。

主な大きな原因は以下の2つです。

  1. 他サイトとコンテンツ内容が被っているコピーコンテンツ
  2. 不自然な被リンクを貼り付けいる

インデックスされない理由はさまざまですが、ガイドラインの違反はサイトの信頼にも関わるので、早急にでもコンテンツ内容を確認すべきです。

インデックスされない時の対処法

一つ目の、クローラーが認識しづらいサイト構成になっている場合の対処法に、Fetch as Googleを利用してGoogleクローラーにサイトの巡回申請する方法があります。

Fetch as Google内の機能にクローラーにサイトをインデックス化してくれ、と申請を送る機能があります。

しかし、この方法は申請したからといって確実に巡回してクローラーされるわけではありません。

コンテツの内容がgoogleのガイドラインに抵触してしまっている場合の対処法は、正直言うとこれといった対処法はありません。

コンテンツの質を高めること、定期的にコンテンツを発信しつづけることで改善されます

忘れがちですが、これがコンテンツSEOの本質であり、しっかり行なっていればFetch as Googleに申請をしなくてもクローラーはインデックス化を行なってくれます。

まずは、コンテンツ作りに一度目を向けて見るのも一つの方法かもしれません。

まとめ

インデックス化されているかの確認はwebサイトを公開するために非常に重要です。

もしインデックス化されていない場合はサイトに問題があるかもしれません。

サイトがインデックスされなければせっかく作成したコンテンツが誰にも見られないのでしっかり確認と修正をしましょう。

最短2週間で良質なコンテンツをご提供します!
コンテンツ_マーケティング
最新記事