Webマーケティング

Web広告導入前に知っておこう!種類や特徴を紹介

The following two tabs change content below.
柏木亜梨

柏木亜梨

株式会社S-fleage(エスフレイジ) コンテンツマーケティング事業部 アカウントプランナー局
SEO施策、コンテンツマーケティングの手法を活用し、クライアント様の集客をご支援。前職では金融機関において、個人向け金融商品のご提案・法人向け融資、M&A案件、事業承継等に従事しておりました。 製造業・サービス業・通信業・卸業・建築業等様々な職種の企業様とお取引させて頂いておりました。

「Web広告を試してみたいけど、どのような仕組みなのかがよく分からない」。そう思っている人は多いのではないでしょうか。近年Web広告の市場はますます大きくなってきています。

しかし、実際に全ての広告の運用をしてみようと考えた時に、「どのような種類の広告があるのかよく分からない」という疑問がよく生じます。今回はこのような悩みを解決するために「Web広告のメリット・ デメリット」と「ネット広告の種類と特徴」を説明していきます。

ネット(web)広告とは?

Web広告は、インターネット広告、オンライン広告、デジタル広告ともよばれ、Webサイトやメールなどに掲載される広告のことです。Web広告の特徴はユーザーを特定することができることです。Web広告にはターゲティング性とインタラクティブ性に特化しています。

ターゲティング性とはテレビCMのようなマス広告とは異なり、ユーザーの年齢、性別や行動履歴、居住地域などを限定して表示される機能のことです、一方で、インタラクティブ性は表示した広告に対し、ユーザーがクリックなどの行動で反応する機能のことです。

では、Web広告の仕組みはどうなっているのでしょうか?Web広告はインターネット回線に繋がったPCでブラウザを立ち上げた後、Webサイトにアクセスするとブラウザにはそのサイトのページが表示されるようになっています。

その際に、ブラウザとサイトのウェブサーバー(ウェブページを表示するサーバー)との間では、データのやり取りが行なわれています。ページの中に広告枠がある場合はAD サーバーという広告用のサーバーからブラウザに広告が配信されることによって広告が表示されます。

ネット広告を行うデメリット

コンテンツの質が悪いと見てもらえない

いくら広告を載せても自分が作成したコンテンツの質自体が悪いと、うまく集客につなげられません。そのため、広告を使う場合でも使わない場合でも、コンテンツの質には常にこだわるようにしましょう。

【質を向上のために確認すること】

  • ユーザーの悩みを解決できる内容になっているか。
  • 誤字脱字がないか。
  • 文章が長すぎないか。
  • 記事が整理されているか。

どの種類の広告が自分に合っているか見つけにくい

Web広告は10種類以上存在します。種類が多いと選択肢が増えるので良いのですが、自分にどの広告があっているのかを見つけることが難しくなっています。

これに対する具体的な対処法は小さく色々な広告を試してみることです。初めは3,000円から10,000円ほどの費用でいいので、自分が気になった広告を試してみましょう。そこから自分に合った広告を選ぶようにしましょう。

キーワードによっては効果がでない

広告を表示させるキーワードは慎重に選ぶ必要があります。もし自分のコンテンツと広告のキーワードが合っていないとうまく集客につながらない可能性があります。

例えば、「SEO 用語」を対策キーワードとして書いたコンテンツを、「SEO コンサル」というキーワードで表示させてしまってはユーザーの目的と一致しないので、うまく集客につながりません。

キーワードの効率的な決め方については下記の記事で詳しく解説しています。

SEOキーワードの効果的な決め方はコレ!

ネット広告を行うメリット

低コストで始めることができる

Web広告は新聞広告のようなマス広告に比べ低コストで始めることができます。その理由はWeb広告の特徴にあります。新聞やテレビCMのようなマス広告は大衆全般に向けて宣伝し、興味のない人も自分の広告を見るため値段が高くなってしまいます。

しかし、Web広告の場合自分で広告の年齢層や地域を特定することによって、低コストでなおかつ効率的にお客さんを集客することができます。

成果を数値化されている

Web広告の成果は全て数値化されるので分析・改善することが可能です。実際に数値化されるのは広告の閲覧数やクリック数、広告を経由して商品が購入された回数や広告を経由して販売された額など、広告の効果を確認するための情報を取得することができます。

短期間で修正ができる

Web広告の場合掲載している時に、改善点が見つかるとすぐに修正することができます。一方で、テレビCMのようなマス広告の場合何か改善点が見つかったとしても、テレビ関係者と話す必要があるので、修正するのに時間がかかってしまいます。

しかし、Web広告では個人で修正することができるので、短期間で改善することができます。

ネット広告の課金の仕組み

 

広告の種類だけでなく、課金方法もさまざまです。以下で課金方式と内容について詳しくご紹介します。

 

クリック課金型(CPC)広告の1クリックに対して料金が発生
インプレッション課金型(CPM)広告の表示回数に対して料金が発生
エンゲージメント課金型(CPE)SNS上でのユーザーの行動に対して料金が発生
成果報酬型(CPA)商品の購入や会員登録に至った場合に料金が発生
配信数型配信した回数に対して料金が発生
広告視聴単価型(CPV)動画が視聴された場合に料金が発生
期間保証型(CPD)指定された期間、特定ページへの広告掲載が保証され、期間ごとに料金が発生
ページビュー保証型一定期間中のページビュー数が保証され、最低ページビュー数ごとに料金が発生

ネット広告の種類①アドネットワーク

アドネットワークは、複数のWebサイトを使って広告を配信する手法です。アドネットワークは広告媒体契約をしている個人ブログやWebサイトなどに広告掲載用の枠を設け、その枠内に広告を掲載します。

アドネットワークはジャンルで範囲を絞り込んでターゲティングを行うことができるので、効率的に集客することができます。

例えば、自分が「SEOコンサル」というジャンルで広告のアドネットワークを利用して配信する場合、自分の広告は1度アドサーバーに送られ、その後「SEOコンサル」に関するブログや記事に広告が表示されるようになります。

  • 広告形態:クリック型
  • 費用目安:1クリックあたり10円~
  • 期待できる効果:潜在層への認知拡大/顕在層への啓蒙

メリット:広告主は、メディアとの契約をせずに複数のWebサイトに同時に広告配信をできます。

デメリット:媒体ごとの効果測定が行えない・どこのメディアに配信されたのかわからないことがあります。

運用ポイント:配信先媒体のチェックとフリークエンシー(一人のユーザーに広告をどれだけ表示させたか)を設定することです。

ネット広告の種類②SNS広告

SNS広告はTwitterやFacebookなどの SNS を通して、情報を広める方法です。SNS 広告はインパクトのある内容だと多くの人に拡散してもらうことができ、広告費用以上の効果を得ることができる可能性が高いです。

さらに、興味を持ったユーザーはコメント欄で質問することができるので、双方向のコミュニケーションが取りやすくなっています。

  • 広告形態:クリック課金型/インプレッション型
  • 費用目安:1クリックあたり10円~
  • 期待できる効果:潜在層への認知拡大/顕在層への啓蒙/顧客層へのリピート促進

メリット:ユーザー同士の共有・拡散により、自動的に広告が広がります。また、比較的安価で行えます。

デメリット:情報の共有・拡散はユーザー間で行われるため、発信者側でのコントロールが難しい場合があります。

運用ポイント:出稿するのに最適なSNSを選ぶために。各SNSのユーザー属性を把握しておくことです。

ネット広告の種類③リスティング広告

リスティング広告は、Yahoo!やGoogleが使っている検索エンジンにおけるキーワード検索に連動して配信される広告です。

リスティンング広告は入力されたキーワードによって、そのキーワードに応じた広告が表示されるようになっています。

たとえば、自社の時計の販売促進のために「時計」というキーワードで広告を出すとします。その場合、「時計」と検索したユーザーにのみ自分の広告が表示されます。

  • 広告形態:クリック課金型
  • 費用目安:1クリックあたり10円
  • 期待できる効果:顕在層への啓蒙・販売促進

メリット:自発的に検索したキーワードに対して広告を出せるため、ニーズの濃いターゲットに対してアプローチできます。

デメリット:代理店に運用を任せる場合、自社で運営する場合ともに、運用コストがかかります。また、検索エンジンで検索されたキーワードに対して広告を掲載していくので、キーワードの分母に限界があります。

運用ポイント:入札管理と予算管理を行うことです。キーワードの選定・見直しも必要です。

関連記事:リスティング広告について詳しく知りたい方はこちら

ネット広告の種類④ネイティブ広告

ネイティブ広告は媒体に自然に溶け込むような形で配信される広告です。ネイティブ広告は使用する媒体がニュースなどのメディアの場合は記事形式で、SNSの場合は投稿形式で広告が配信されます。

例えばTwitterの場合は普通のツイートと同じフォーマットで広告が表示されます。その表示された広告の下には「プロモーション」と書いているので、他のツイートと区別をつけることができます。

  • 広告形態:クリック課金型が多い
  • 費用目安:1クリックあたり10円~
  • 期待できる効果:顕在層への啓蒙・販売促進

メリット:ほかの記事やユーザーの属性に応じた記事広告を表示するため、クリック率が比較的高いことです。

デメリット:自分のサイトに合った信頼できるメディアの母数が少ない、広告単価が高いことです。

運用ポイント:ターゲット層と合う媒体を選択する・誠実な印象を崩さないことです。

ネット広告の種類⑤動画広告

動画広告とは文字通り動画で掲載される広告のことです。動画広告と聞くとYouTubeで配信される広告をまず初めに思い浮かべる人が多いかもしれませんが、他にもYahoo!の検索ページでも動画広告は導入されています。

動画広告はテキストや画像に比べて情報量が多いので、ユーザーに対して効率的に情報を届けることができます。

  • 広告形態:再生保証型が多い
  • 費用目安:1視聴あたり10円~
  • 期待できる効果:潜在層への認知拡大/顕在層への啓蒙・販売促進

メリット:ユーザーがクリックしなくても広告を見てもらえます。

デメリット:見たい動画の代わりに広告が流れるため、イメージが悪くなることがあります。

運用ポイント:ターゲットや検索ワード、コンテンツの見直しを継続的に行っていくことです。

ネット広告の種類⑥記事広告

記事広告はタイアップ広告とも言われ、媒体に掲載されている編集記事のような形で配信される広告のことです。記事広告は上記の広告と違い明らかに広告に見えるような体裁ではなく、まるでひとつのコンテンツのように配信されます。

例えば、企業が広告を宣伝したい時、既存のメディアに自社の商品やサービスを宣伝するためにPRの記事の作成をそのメディアに依頼する場合は記事広告となります。

  • 広告形態:インプレッション保証型/クリック保証型
  • 費用目安:1クリックあたり10円~
  • 期待できる効果:顕在層への啓蒙・販売促進

メリット:商品やサービスのメリットを最大限に伝えられるだけでなく、ターゲット層への認知度を広げられます。

デメリット:広告出稿代金が高額です。また、記事を掲載するまでに時間がかかります。

運用ポイント:達成したいゴールに対して、どういった指標をおくべきかを正しく設計しておくことです。

ネット広告の種類⑦純広告

純広告とはメディアの広告枠に広告を掲載することです。特に純広告で有名なのがYahoo JAPANのような大手サイトです。

Yahoo JAPANの広告枠に自分の商品を掲載すると、多くの人に見てもらうことができるので、潜在層への認知拡大に役立ちます。

  • 広告形態:期間保証、インプレッション保証が多い
  • 費用目安:数万~数千万(媒体/期間等により変動)
  • 期待できる効果:潜在層への認知拡大

メリット:枠を買い取るため、一定期間の広告表示が期待できます。

デメリット:効果に関係なく費用がかかるため、1件あたりの成約にかかるコストの改善が図りにくい傾向にあります。

運用ポイント:クリック単価・成約率などをKPIに設定してPDCAサイクルを回すことです。

ネット広告の種類⑧アフィリエイト広告

アフィリエイト広告はユーザー自身が所有しているブログでPRを行なってもらう宣伝方法です。多くの場合はアフィリエイト・サービス・プロバイダ(ASP)というアフィリエイト用の仲介サイトを使っています。

アフィリエイト広告の効果は広告を掲載してくれるブログや運営しているサイトによって大きく異なります。

  • 広告形態:インプレッション保証型/クリック保証型
  • 費用目安:商品によって大きく違います
  • 期待できる効果:顕在層への啓蒙・販売促進

メリット:アクションが発生して初めて費用が発生するため、CPAが低く抑えられます。

デメリット:月額固定費がかかります。また、不正表示・誇大表示がないかを適宜チェックする必要があります。

運用ポイント:掲載される媒体を増やすことです。

ネット広告の種類⑨DSP

DSPとは「Demand-Side Platform」の略称で広告主に用意されたプラットフォームのことです。DSPでは特定のカテゴリーに興味を持つユーザーや特定の業種の企業など、色々な条件の中からユーザーを絞り込んで広告を配信することができます。

具体的な選べる条件は以下の通りです。

  • 性別(男性、女性)
  • 年代(10代、20代、30代、40代、50代、60代)
  • 学生(中学、高校、大学)
  • 居住地(47都道府県)
  • 興味・関心
  • 配信先サイト
  • 曜日・時間
  • 広告形態:クリック課金/インプレッション課金
  • 費用目安:1クリックあたり10円~数百円程度
  • 期待できる効果:潜在層への認知拡大/顕在層への啓蒙

メリット:予算・サイト情報・配信設定・目標設定などを登録することで、効果的な広告を自動的に配信できます。

デメリット:利用料がかかります。

運用ポイント:最終的なゴール・中間コンバージョンを決め、これに基づいたターゲティングや配信先、フリークエンシー設定をいます。

ランディングページ(Web広告からのユーザーの流入先として用意するページ)の整備を行うこともポイントです。

ネット広告の種類⑩リターゲティング広告

一度サイトに来た後、離脱したユーザーに絞ってインターネット広告を掲載する手法。広告の掲載サイトとは個人レベルで追跡するので、コンバージョン率を増やすことができます。

さらに、リターゲティング広告では一度サイトに来た人だけでなく、「表示頻度」や「掲載サイトの選別」などより細い条件を設定することも可能です。

  • 広告形態:クリック課金型/インプレッション型
  • 費用目安:1クリックあたり10円~
  • 期待できる効果:顕在層への啓蒙/顧客層へのリピート促進

メリット:ユーザーが一度興味・関心を示した商品・サービスの広告が表示されるので、成果につながりやすいです。

デメリット:一度サイトを訪問した人への再アプローチになるので、接点のないユーザーにはアプローチできません。

運用ポイント:広告の表示頻度を適切に設定し、適度な表示回数に抑えるようにします。

ネット広告の種類⑪メール広告

メール広告は顧客層に直接メールを送ることで、商品やサービスを宣伝する方法です。顧客のメールアドレスを手に入れることができれば、その顧客のスマホに直接メールを送ることができるので、効率的に宣伝することができます。

具体的にはメール広告の場合ダイレクトメールの作成から、顧客リストの情報を整理する必要があります。これらの作業はとても手間がかかってしまうので、時間がないという方は代行サービスを使うという方法もあります。

  • 広告形態:クリック課金型/インプレッション型
  • 費用目安:0円~
  • 期待できる効果:顕在層への啓蒙・販売促進

メリット:スマホなどでも簡単に確認ができるので、場所を選ばずにどこでも見てもらえます。

デメリット:メールが開かれない・最後まで読んでもらえないことがあります。

運用ポイント:開封率と遷移率をKPIとしてPDCAサイクルを回し、メールタイトルや配信時期、メール本文の改善を行うことです。

ネット広告の種類⑫ディスプレイ広告

 

Webサイトやアプリ上の広告枠に表示される画像広告、動画広告、テキスト広告のことです。

 

バナーで表示されることが多いためバナー広告と呼ばれたり、広告の掲載枠があるWebサイトの内容に応じて表示されることから、コンテンツ連動型広告とも呼ばれます。

 

メリット:幅広い層に商品やサービスを知ってもらい、認知拡大ができます。

 

デメリット:掲載する媒体のユーザーと広告のターゲットが合わないと、効果を発揮しにくいです。

 

運用ポイント:広告の目的を明確にすることです。商品やサービスの認知拡大を目指す、短期的にコンバージョン率を向上させることを目指すなど、定めておくようにしましょう。       

 

17段落目:(H2)ネット広告の種類⑬リワード広告

 

リワード広告は、広告のリンク先のWebサイトであり、商品購入などの成果が発生すると成果報酬が広告主から媒体に支払われます。媒体が成果を発生させた会員に媒体内で使えるポイントなどを付与する仕組みです。

 

視聴者に対して利益を与えることを前提に動画広告を視聴してもらうので、ユーザーが不快になる確率が低いです。

 

メリット:視聴完了率が高い・ユーザーからの課金を引き出せるなどがあります。スマホユーザーに対する宣伝効果が期待できます。

 

デメリット:動画政策に時間やコストがかかります。配信したいときにすぐに配信できません。

 

運用ポイント:動画時間を短時間でまとめるように工夫することです。長くなると離脱率も上がってしまうため、短い時間で商品やサービスを効率よくまとめましょう。

最も効果的なネット広告とは

ご紹介したように偏にweb広告といっても多くの種類があります。

中には費用がかからないものもありますが、基本的にコストがかかります。

せっかくなら一番効果的なものを実施したいはずです。

では実際、どの広告が一番効果的なのか今回は2つの理由も含めてでご紹介します。

広告を行う2つの理由

広告を行う理由には2つあります。

1つが、まずは自社サービスや商品を認知してもらうため

もう1つが、自社サービスや商品を購入してもらうため

どれほどいい商品やサービスを売りに出したとしても、認知されていなければ誰も購入にいたることはありません。

すでに会社の認知度が高い大手企業の場合、広告を打たずとも一定数購入者は現れますが、まずは認知度を高める必要があります。

その手段として広告を利用するのが、認知してもらうための広告。

そしてもう一つの購入してもらうための広告。

これはすでに認知度があり、一定数のファンを獲得している企業の場合に有効な広告です。

サービスを認知しているファンに対してダイレクトに広告を届けることができれば購入に繋がる可能性も高く、これも広告を行う理由の一つになります。

目的が認知なのか購入なのかによって最も効果的な広告は大きく変わります。

二つの理由を元に最も効果的な広告をご紹介します。

認知獲得なら純広告

認知の獲得を目的とするなら、間違いなく純広告が最も効果的と考えられます。

純広告の強みはなにより、多くの人に見てもらえることにあります。

メディアの広告枠に広告を掲載することで、不特定多数の多くのユーザーに見てもらうことができるので認知拡大を目的とするならこれ以上ない効果を発揮する広告形態と言えます。

ただし、そのほかの広告と比べかかるコストが高く、それも長期間の表示となるとさらにコストが必要となります。

購入促進ならリターゲティング広告

商品・サービスの購入に最も効果を発揮するのはリターゲティング広告です。

リターゲティング広告の強みは、すでに興味を持っているユーザーに絞って広告を打てることにあります。

一度サイトに来た後、離脱したユーザーに絞って広告を表示しているので、サイトへ方もしているということは既に商品やサービスに興味を持っているということになります。中には一度購入しようか迷ったがやめたユーザーなどもいるでしょう。

そういった確度の高いユーザーに広告を打つことができるので、非常に高いコンバージョン率を持っています。

購入目的なら、リターゲティング広告か、似た特徴を持つDSPも効果的と言えます。

 

ネット広告の効果を高めるために活用したいツール

 

Web広告を出稿するときに活用したいおすすめツールをご紹介します。

 

広告効果測定ツール

 

ユーザーが流入した入口はどこだったか・購入までのユーザーの行動パターン・一番貢献した集客チャネルはどれか、などを分析ができるツールです。

 

広告出稿に関連するデータを一元管理できるので、改善・修正を効率的に行えきます。複数のWeb広告・SNSなど、さまざまな施策を行っている企業に向いているツールです。

 

LPOツール

 

ランディングページ最適化のツールです。ランディングページを訪れた多くのユーザーに商品購入・会員登録をしてもらうための機能がついています。

 

EFOツール

エントリーフォーム最適化のツールです。サイトの申し込みフォームや問い合わせフォームへの入力の場面で、ユーザーの離脱を防ぐための働きをします。

 

EFOツールには、住所の自動入力などユーザーの入力作業をサポートする入力支援機能と、設問項目ごとに離脱率や入力完了率を把握し、修正・改善をするためのレポート機能が備わっています。

 

ネット広告を効果的に運用をしていく方法

 

ネット広告は、いかに効果的に行えるかが大切です。以下では、ネット広告を効果的に運用いていく方法をご紹介します。

 

ターゲティングを慎重に行う

 

まずは自社商品やサービスの「ペルソナ」を明確に設定する必要があります。過去の実績を振り返り、得意とする分野向けに広告出稿をすることも有効です。

 

キーワードやターゲティング、出稿先を定期的に見直す

 

トレンドにあったキーワードやペルソナ設定を随時アップデートし続ける必要があります。そのため、常日頃のデータ分析が必要不可欠です。

 

ユーザー層が「スライドする」リスクも考慮しなければいけません。広告出稿先の定期的な見直しも大切な広告運用の一つです。

まとめ

ここまで説明してきた通り、ネット広告は種類が多いです。そのため、慎重に選ぶ必要があります。まずは一番のおすすめは低額で色々な広告を試してみることです。ほとんどのネット広告はテレビのCMなどのマス広告に比べると安く、3,000円から10,000円ほどで利用することができます。

関連記事:外注する際のSEO対策にかかる費用はいくら?基本から会社の選び方まで徹底解説!

 

ABOUT ME
柏木亜梨
柏木亜梨
SEO施策、コンテンツマーケティングの手法を活用し、クライアント様の集客をご支援。前職では金融機関において、個人向け金融商品のご提案・法人向け融資、M&A案件、事業承継等に従事しておりました。 製造業・サービス業・通信業・卸業・建築業等様々な職種の企業様とお取引させて頂いておりました。
WEBサイト診断申し込みフォーム
The following two tabs change content below.
柏木亜梨

柏木亜梨

株式会社S-fleage(エスフレイジ) コンテンツマーケティング事業部 アカウントプランナー局
SEO施策、コンテンツマーケティングの手法を活用し、クライアント様の集客をご支援。前職では金融機関において、個人向け金融商品のご提案・法人向け融資、M&A案件、事業承継等に従事しておりました。 製造業・サービス業・通信業・卸業・建築業等様々な職種の企業様とお取引させて頂いておりました。