SEO

【要確認】成果報酬型SEOの危険性を徹底解説!

成果報酬型_SEO

検索サイトで順位を上げる手段であるSEO対策。

そのSEO対策を事業として行なっている企業の中では、成果報酬の料金形態であることを武器にしている企業がいます。

成果報酬の説明を聞くと、一見合理的な料金形態に思えますが、その裏には落とし穴があることも。

そこで今回は成果報酬型SEOについて興味のある企業担当者へ向けて、成果報酬型SEOのメリット・デメリット、業者の特徴を説明しながら、これからのSEOビジネスモデルの展望をお教えします。

成果報酬型SEOの概要とビジネスモデル

成果報酬型SEO_概要

成果報酬型SEOとは耳にしたことがあっても、詳しい概要やビジネスモデルについては疑問があるのではないでしょうか。

そこで、成果報酬型SEOの概要や詳しいビジネスモデルについてご説明していきます。

成果報酬型SEOとは

成果報酬型SEOとは、クライアント側とSEO業者の間で決めた目標値や条件が達成された場合のみ、クライアント側がSEO対策を施した業者に対して、お金を支払うという料金形態になります。

成果報酬型の料金形態は、依頼して結果が出た場合にのみ料金が発生する契約がほとんどです。

  • SEO会社
  • 弁護士
  • 調査会社
  • アフィリエイト広告
  • WEB業界
  • 転職サイト
  • 不動産

上記のように、多くの職種、業界で広く導入されています。

ビジネスモデル

成果報酬型の料金システムを採用しているSEO会社のビジネスモデルは、クライアントが上位表示させたいキーワードを、期間内に検索順位の上位に表示させることです。

SEO業者は、内的なチューニングを行い被リンクを集めることで上位表示を行います。

単発の少ないキーワードで成果が出ないことも考えられるので、ほとんどのSEO業者では、複数の関連キーワードを受注し、最低限の報酬を獲得できるように条件を結ぶのです。

大量のキーワードを単価を下げて受注し、成果報酬の上限をあえて設けることで受注しやすくするようにしている業者もあります。

単価を下げて上限を設けることで、大量のキーワードで1位を多く取ると、SEO企業に払う報酬が数百万円〜数千万円に及ぶ可能性をなくすことができるメリットがあるので、発注しやすいようにしているのです。

成果報酬型SEOの重要なポイントは『短期間で上位に表示させること』になります。期間内に上位へランクインさせなければ、お金が発生しません。

ユーザーがキーワード検索をかけても、検索順位が10位以下のサイトはクリックされる確率が10%以下なのでクライアント側の利益にならないからです。

業者としては、期間内に上位表示できないことは、報酬が発生しないため絶対に避けたいところ。そこで、業者は急速に順位を上げさせるためにサイトへ自作自演の被リンク対策を行うことになります。

このような悪質な被リンク集めは、博打のようなもの。そこで業者は自分の会社が損をしないように、できるだけ最低限のコストで上位表示させようと、低品質のサイトを大量に作り、そこから被リンクを集めるようなSEO対策をすることが多いのです。

上位表示させるための方法が気になる方はこちら

成果報酬型SEOのメリットとデメリット

成果報酬型SEO_メリット_デメリット

ビジネスモデルや概要だけを見ても、成果報酬型SEOの本質は見ぬけません。

そこで、成果報酬型SEOのメリット・デメリットをご紹介していきましょう。

e5営業活動上のメリット

成果報酬型SEOは、契約した目標値などの結果が出なければ発生しないので、リスクが低いように感じられ受注ハードルが低いのがメリットです。

SEOについてほとんど知らない営業担当者や、営業経験の少ない方でも営業しやすいでしょう。

SEOについての専門的な知識が少なくても、SEOの超初心者的な情報と料金形態や効果などを話すことができれば、営業がうまくいくので、営業マンのSEOスキルがほとんど不要なのもメリットです。

SEOについて知らない人間でも売れてしまうのが、ひと昔前の成果報酬型SEOの特徴でもありました。

今よりもGoogleの検索アルゴリズムに穴が多かったので、リンクを集めるだけで順位が上がり、利益も簡単に手に入るので、営業マンへのSEOスキルは不要なのです。

営業マンへのスキル教育の時間が必要なくなるので、新入社員や若手社員でも「営業術」が上手ければ、成約まで持ち込める可能性が高いメリットもあります。

SEO対策をリンクを集めることを中心に業務を行なっていると、「誰でも」・「どんなサイトでも」・「短期間で」キーワードでの上位表示を行うことが可能です。

こういったSEO会社が、裏方に回ればリスクが少ないけど報酬が大きく出ることが多かったので、代理店拡販がやりやすい状態になります。

そして代理店からしても「成果が出なければ報酬は払わなくていい」と受注ハードルが低いということなので、色々な企業へ積極的に販売をしやすくなるのです。

運用上のメリット

業務を標準化しやすくなるので運用にかかるコストを下げることができるのがメリットです。

基本的に内部リンクの設置やサイト内のメンテナンスを行なっていく業務が成果報酬型SEO企業のメインです。

初期設定や内部のチューニング、顧客への継続的なサポートを除けば、1度設定すればほぼ自動化できます。

また、他のメンテナンスやサポートも管理者や専門知識が高い人材が業務をマニュアル化することも容易に可能。

その結果、人件費もそこまでかからずに運用コストを下げることができるようになります。

リンク中心の成果報酬型SEOでは、クライアント側(依頼者側)にSEOに関する高い実務力やリテラシーを求める必要がないのがメリットです。

このリンク中心のSEO対策ならではの強みで、コンサルティングなど正攻法のSEO対策では、クライアント側にある程度のSEO知識やリテラシーがないと上手くないことが多くなります。

リンク中心であれば最初から最後までお任せで依頼を出されやすく、お任せで依頼をされても、とりあえず検索順位をあげればいいので、報酬も受け取ることができるのです。

成果報酬型SEOを採用していると、成果が出なければ支払う必要がないのでクレームになりにくいのもメリットです。

毎月一定額を支払う条件で契約をする固定報酬制では、月々の費用は低いものの、成果が出なくても毎月費用を払わなければなりません。

成果が出ていないのに報酬を払う場合も多いので、クレームなどが起きやすいのです。

成果報酬型なら、成果が出るまでは報酬を払わなくても済みます。

しかし、高額の初期費用だけ訴求して、運用や対策をしない悪質な業者も多いので注意するようにしてください。  

デメリット

成果報酬型SEOのメリットは多くありますが、もちろんメリットばかりでは終わらなのがビジネスです。

デメリットも踏まえながら成果報酬型SEOの本質を見抜いていきましょう。

成果報酬型のSEO対策で、依頼者が損をする場合の例として「契約内の順位に入れば報酬が決定する」という点です。

ホワイトハットのSEO対策では、サイトのアクセス数を増やしてCV数(コンバージョン数)をあげることが目的の場合が多いです。

しかし、リンクを集めることをメインにしている成果報酬型SEOの目標は「上位にランクインさせること」になります。

ですので、SEO会社が何をどうしようと順位に入れば報酬を支払わなければなりません。

もし、悪質なリンク集めやグレーゾーンのSEO対策を行なっていても、順位に入りさせすればいいと考える企業も多いのです。

SEOに対して知識がなくても依頼を出しやすいメリットもありますが、知識がないことで巻き込まれるというデメリットもあるので、注意をしておくことが必要になります。

SEO会社は「契約したキーワードでなければ利益が発生しない」というデメリットがあります。

これは特定のキーワードでのみ契約を結ぶ成果報酬型SEOの特徴です。

成果報酬型では「このキーワードでサイトを上位表示させる」という内容で契約する場合が多いので、仮にキーワードでリンクを集めても、ほかの周辺キーワードでランキングが上がったりCV数が上がったりすれば報酬が入らないのです。

ですので、多くの会社で特定のキーワードだけでなく低価格で関連キーワード(サジェストキーワード)も契約を行いそういった報酬が発生しない不具合をなくすようにしています。

成果報酬型SEOでは、順位をあげることに注目するので、それ以外の業務やSEOの知識に対して知見が乏しくなるので結果的に損をしてしまうデメリットも存在しています。

どちら側もSEOに関連する知識や考えがリンクを集めることに集中するのです。ですので、上位表示させてもペナルティーを受けた時やアルゴリズムのアップデートでランキングから外れた場合などに対する知識を得ることができません。

業者側は、何年間も仕事を行なってもリンクを上げるための対策にしか知識がなく、他のSEO対策への知識が集まらないでしょう。

クライアント側も、全て丸投げで行なったり、ほとんどのSEO対策を任せてしまうと、一時的な上位表示はあっても、その後の運営の知識やノウハウを得ることができないのです。

このように、結果的にお互い損をする可能性あるのでもSEO対策を成果報酬型で行うのは、賭けに近いものでもあります。

SEOを他社に依頼する際の注意点を知りたい方はこちら

成果報酬型SEOの問題点

成果報酬型SEO_問題点

成果報酬型SEOは、一見リスクが少ないと思いがちなので、知識の少ない企業担当者や初心者の方は注意が必要です。

サイト全体の内部最適化が不足

サイト全体の内部最適化を中途半端にしかしないSEO業者が多いです

成果報酬型SEOでは、とにかく検索サイトへランクインさせればいいので、内部施策をほとんど行いません。

内部施策とはいわゆるドメインパワーと強めたりすることで、「ナビゲーションの最適化」・「見やすい記事」・「クローラーへの対策」などです。

このサイト全体の内部最適化が不足していると、他のキーワードや記事ではランクインできずサイト自体の力は弱い状態になります。

結果的に検索エンジンからの流入が増えず、依頼したキーワード以外のアクセス数は伸びないので、PV数やCV数も増えずに損をする可能性が高まります。

機会損失となる可能性

契約期間内に成果が出なければ、サイトの利益も上がりません。

結果、儲けられたかもしれないのに、儲けられない「機会損失」となる可能性が高いのも成果報酬型SEOの問題点となります。

一見すると、期間中に成果が出なければ支払うものは発生しませんが、逆に言い換えると依頼したキーワードからの流入がないので、サイトのアクセスが上がらず企業側からすれば、サーバー代や運営代で損をし続けている状態なのです。

この問題点に気づけないまま契約をしていた企業が、本当は利益があったのに利益を得ることができないなど、大きな機会損失を得ることが増え、問題が明確になったのです。

キーワード変更ができない可能性

ランキングに上位表示されても、予想よりもアクセス数やCV数が伸びなくでもキーワードを途中で契約できない可能性が高いのも成果報酬型の問題点になります。

キーワードの選定をどうするかは企業によってさまざまですが、SEOに対しての知識が全くないと1ヶ月の検索ボリュームが極端に少ないキーワードを選ぶ場合も多いでしょう。

そうなると、上位表示されてもアクセス数も増えないことがあるのです。

SEO業者的には、少しのリンク集めですぐにランクインさせることが可能なので、楽な仕事です。わざわざランクインさせるのが楽なキーワードに対して苦言をする会社も少ないでしょう。

そのように、ランクインさせても収益が少ない場合だと、お金を払い続けているだけになり、キーワードの変更もできない場合がほとんどなので、赤字の状態が続いてしまうのです。

初期費用だけ取って何もしないSEO業者

初期費用を受け取り、そのあとのSEO対策を何もしない詐欺のような悪質SEO業者が存在しているのも問題点になります。

成果報酬型なので、ランクインさせなければクライアント側も報酬を払わなくていいです。

そのため、クレームを言いにくい心理を逆手にとり、何かと理由をつけて高めの初期費用を発生させ、費用を受け取ったあとはSEO対策をしない場合もあるのです。

SEO対策に対しての知識がない発注者側からすれば「成果が出ないだけで、色々してくれている」と思うのが一般的。

このような相手を騙す業務形態を比較的取りやすいことが問題点として挙げられます。

Googleペナルティという最大のリスク

成果報酬型SEOでは、リンクを集めることで検索順位をあげようとする対策が行われます。

実はこの不自然にリンクを集めるようなSEO対策を「ブラックハットSEO」と呼び、Googleからペナルティを受ける可能性の高いSEO対策なのです。

サイト内のコンテンツの質を無視して、不自然な被リンクを集める行為を今のGoogleは見逃しません。

ひと昔前のGoogleアルゴリズムでは、不自然な被リンクで上位表示は可能でした。

しかし、何度もアップデートされ進化したGoogleアルゴリズムでは、このようなリンク集めをしているサイトは検索順位の圏外に飛ばされたり、ペナルティを受けるのです。

一度ペナルティを受けたサイトは、Googleからの評価がとても下がります。

そのため、ペナルティの解除に長い期間と費用がかかってしますでしょう。また、すぐに解除できたとしても、検索順位を上げるのは難しくなります。

このようなブラックハットSEOを行なっている企業は、Googleからのペナルティが常にあるので、成果報酬型SEO企業はどんどん依頼されなくなり、廃業になってしまったのです。

SEOに関するよくあるご相談はこちら

成果報酬型SEOのこれからの形

成果報酬型SEO_これから

では、これから成果報酬型SEOはどのような形態になっていくのでしょうか。

SEO業界の傾向を考えながらご説明して行きます。

成果報酬型SEO会社の現在

成果報酬型SEO会社のほとんどがここ1,2年で廃業しています。

廃業した会社の多くが不自然に被リンクを集めるブラックハットSEOを行い、格安成果報酬をうたっていた会社です。

Googleの度重なるアップデートにより、ブラックハットSEOで上位表示させることはほぼ不可能になっています。

そのため、被リンク集めでのみ事業を展開していた業者は、他のSEO対策に対する知識がなく、仕事の依頼も減っていってしまったのでしょう。

SEOサービスの本当の意味を理解できずに、リンクを集めるだけで簡単にお金が入ると勘違いし、目の前の利益を求めていた結果、クライアントへの配慮やサービスが不十分になります。結果として、成果報酬型SEO会社のほとんどが存在しなくなったのです。

Googleがよりユーザーに役立つコンテンツを評価するようになったので、正しいSEO対策の方法と業者を選択する必要があります。

Googleのアルゴリズムの進化に伴い「ユーザーにとって役に立つオリジナリティー溢れるコンテンツの作成」や「Googleの検索エンジンを考慮したサイト内部の最適化」などを行なっていくことが、これからのSEO対策には欠かせません。

そもそもSEOによってサイトの順位を上げることを短期間で行おうと考えるのはオススメではないです。

本来であれば中・長期間かかる前提で予算を組んで運営して行かなければなりません。

ですので、SEO対策を業者に丸投げするのではなく、クライアント側もある程度の知識を持っておき、業者と一緒になってコンテンツをユーザーの役に立つものに仕上げていけば、自然と被リンクが集まり、サイトの検索順位も上がるのです。

一緒に成長していけることが大事なので、SEO会社選びにも注意が必要になります。

自社に足りない部分をきちんと補ってくれる技術力や実績を踏まえた上で、SEO会社を選んでいきましょう。

成果報酬SEOのこれから

成果報酬型SEOの事業はこれからどんどん衰退していく可能性が高いです。

それはブラックハットのリンク中心SEO対策は将来上位表示されなくなるからです。

そこで成果報酬型SEOを行なっていた企業の形式はSEOサービスの本質を提供するように大きく2つに別れて顧客に提供されるようになっていくでしょう。

「構築型」と呼ばれているのは、本サイトへリンクを集めるために複数のサイトを作成し、そこから決まった数のリンクを集める形式です。

作成する1サイトあたり数十万円などと固定報酬制になるでしょう。

サイト構築にかかる費用などが明確なぶん、ある程度のコストはかかることを予算に組み込んでおかなければなりません。

ただ、ここでも注意が必要なのは、下手な企業を選んで依頼をしてしまうとGoogleの検索エンジンにブラックハットSEOとして引っかかる確率もあるということです。

リンクを集中させることを前提にサイトを作成するので、技術力がない業者を選んでしますとペナルティを受ける可能性もあるでしょう。

2つ目の流れとして、コンサルティング系サービスを提供する形式になります。

コンサルティング系サービスで、成果報酬型の料金形態をとると費用対効果が合わない場合が多いので、固定報酬制になるでしょう。

コンサルティング系では、リンクを外部から集めることをしないので、それ以外でSEO対策をしようとすればやることが多すぎて成果が出るまでの費用と期間が非常にかかるからです。

コンサルティング系サービスは文字通り、クライアント側にコンサルを行いサイトを成長させていくので、長期間の契約となるでしょう。

内部施策から外部施策、コンテンツマーケティングと必要な知識と技術力は膨大なものになるでしょう。

ただ注意点として、今までリンク中心で事業を行なっていた会社だとコンサルティング系サービスへの以降は非常に大変で難しいものです。

リンク対策以外のSEO知識が豊富であればいいですが、ほとんどの企業がホワイトハットSEO知識がなく、コンサル事業はうまくいかないようです。

そのため、発注する側からしてもある程度の知識を持っておかなければSEO企業を選ぶのにも一苦労なるのできちんとSEO対策に対して調べてから、業者を選ぶようにしていきましょう。

SEO対策なら120日間で成果を実感できるS-fleageへ