SEO

SEOの疑問解決します!SEO相談室!

SEO_相談

検索順位をあげてメディアを成長させていきたいと考えている企業担当者はたくさんいます。

SEOに関する悩みを持っている方の多くが『そもそもSEOの対策をどうしたらいいのかわからない』『キーワード設定の仕方がわからない』など、基本的な相談が多いです。

とはいえ、企業にSEOの相談をしようと思っても、どこの企業に、どのように依頼を出せばいいのかわからないのではないでしょうか。

この記事では、SEOの意味や目的、対策方法などのSEO全体の説明だけでなく、あなたや他の企業担当者が抱えているお悩みの解決の手助けもさせて頂きます。

企業に相談をする前に、この記事を最後まで読んで頂き、是非一緒にSEO対策を行っていきましょう!

SEOで重要なこととは?

SEO対策_重要なこと

SEOで重要なことはユーザー目線に立ち、ユーザーの検索意図を発見することです。

ユーザー目線に立ち、ユーザーの検索意図を発見することで、本当にユーザーが求めているコンテンツを作成できるためです。

例えば、「京都 舞妓」と調べる人の検索意図は「京都で舞妓に会いたい」というものが多いと思われます。

しかし、その検索意図を外して「舞妓の歴史を知りたい」「舞妓の着物を調べたい」などと勘違いしてしまうと、上位表示させることはできません。

SEO対策をする上では、ユーザーの検索意図をしっかりと見定めることはとても重要なのです。

相談をする前に知っておきたいSEOの知識

相談前に知っておきたい_SEO知識

SEO対策について相談をしようと思っている多くの企業担当者の方々が、何を相談すればいいのかわからない場合がよくあります。

そこで、そもそもSEO対策とはどのようなことを指すのかを説明しつつ、検索エンジンやグーグルのアルゴリズムなどSEOに関する知識をご紹介していきましょう。

SEO対策をする目的とは 

検索結果の上位に自社サイトを表示させて、多くの方にサイトを閲覧して貰うための対策を『SEO対策(Search Engine Opitimization)』と呼びます。

別名『検索エンジン最適化』とも呼ばれています。

日本で一般的に使用されている検索サイトはGoogleとYahoo!です。

Yahoo!に使用されている検索エンジン(検索順位を決める仕組み)は、Googleが作成したものを使用しています。

ですので、若干の検索順位の違いはありますが、Googleに対するSEO対策を行うことはYahoo!とGoogle両方の検索サイトの対策をしたことになるのです。

リスティング広告はお金をかければ検索結果の上位に表示されますが、SEO対策による対策は、いくらお金をかけても上位に表示される保証はないのが違いになります。

リスティング広告とは、検索KWに伴い検索結果に表示される広告のことです。

ユーザーがサイトをクリックするだけでお金が課金される仕組みで『検索連動広告』とも呼ばれています。

SEO対策によって表示させたサイトとリスティング広告のサイトは表示場所も変わります。

お金をかけて運用している分、SEO対策で上位にしたサイトよりも上の列や検索サイトの右側に表示される場合が多いです。

SEO対策は『自社のWEBサイトを成長させて、結果的にコンバージョン(以下CV)を増やすこと』が目的と言えます。

さまざまな観点からSEO対策を行うことで、検索結果でより多くのユーザーの目に触れるように対策をしていき、自社サイトを成長させます。

その結果、良質なコンテンツが多く存在するサイトとなり、サイトを訪れたユーザーのCV数を増やすことが可能になります。

検索エンジンの仕組み

検索エンジンとは、簡単に言えば『サイトの検索順位を決めるプログラム』です。

大きく分けて3つの段階から、作成したサイトの検索順位を決めていきます。

ユーザーが欲している情報とぴったりのサイトを表示させるために、多くの要素から判断して検索順位を決めていくのです。

まず、日本や世界で兆を超えるWEBサイトがあるなか、あなたのWEBサイトを発見して貰わなければなりません。

WEB上には、『クローラー』と呼ばれる検索エンジンロボットが全てのWEBサイトを発見するために、リンクを辿りながらWEBサイトを渡り歩いています。

このクローラーが、あなたのサイトの情報を読み取りGoogleのデータベースまで情報を運んでいくのです。サイトを上位表示させるには、サイトの内容を正しく読み取って貰う必要があります。

クローラーは何度もサイトを訪れることで、サイトの情報を正確に把握することが可能なので、自然とリンクが集まる良質なSEOコンテンツを作成すれば、クローラーがあなたのサイトを何度も訪れることができます。

また、サイトの内部構造の最適化(整理)を行うことで、クローラーがサイト内部を回りやすくなり、サイトの隅々まで情報を読み取ってくれるようになります。

クローラーが集めてきたWEBサイトの情報を、Googleのデータベースに登録することを『インデックス』と呼びます。

Googleのデータベースに保管されるが、膨大な量のデータが登録されているので、登録されたWEBサイトの情報が読み取りにくいと、検索順位をつける際に評価をしにくくなってしまいます。

検索エンジンから正しい評価をされるように、読みやすい文章、コンテンツを作成することもSEO対策の一環です。

インデックスされたWEBサイトを、ランキングロボットが見て、それぞれのWEBサイトの検索順位を決めることを『ランキング』といいます。

キーワードとコンテンツの関連性など200項目以上の判断要素から検索順位を決定します。そして、検索順位を決定する要素のことを『アルゴリズム』と呼びます。

Googleのアルゴリズムは、頻繁に更新されているので判断項目に対して、ピンポイントで対策をするのは不可能です。

このランキングは、クローリングとインデックスに大きく左右されることなので、クローラーが何度も訪れたくなる読みやすい良質なコンテンツを作成することが、検索順位を上げるためのシンプルなSEO対策です。

SEOにおいてGoogleが重視するポイント

ユーザーファーストの概念はWEBサイトを作成する上で非常に重要な部分です。

検索したユーザーにとって価値のあるサイトを提供することが、Googleが大事にしていることは以下の通りです。


検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。
ユーザーをだますようなことをしない。

検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為をしない。ランクを競っているサイトや Google 社員に対して自分が行った対策を説明するときに、やましい点がないかどうかが判断の目安です。その他にも、ユーザーにとって役立つかどうか、検索エンジンがなくても同じことをするかどうか、などのポイントを確認してみてください。

どうすれば自分のウェブサイトが独自性や、価値、魅力のあるサイトと言えるようになるかを考えてみる。同分野の他のサイトとの差別化を図ります。


(引用先:https://support.google.com/webmasters/answer/35769?hl=ja

このように、ユーザーのことを最優先に考えたSEO対策をしたWEBサイトが、Googleに高く評価され、アルゴリズムのアップデートに左右されずに、上位表示をし続けることができるでしょう。

GoogleのSEO対策関してコンテンツの質は重要なポイントです。Googleでは、E-A-Tと呼ばれる3つの項目をより重視してコンテンツの質を評価しています。

E-A-Tとは?
  1. 専門性:Expertise
  2. 権威性:Authority
  3. 信頼性:Trustwothiness

E-A-Tが高いサイトは検索エンジンから高く評価される可能性が高いようです。ここでも、ユーザーファーストを重視したコンテンツであることは重要な要素になります。

被リンクの数と質もSEOに対策をする際の重要な要素です。良質なコンテンツには自然に他のサイトからの被リンクが集まるので、被リンクの数が多いコンテンツをGoogleは評価します。

ただやみくもに、外部サイトからの被リンクを増やしてもGoogleは評価をしません

良質なコンテンツからの被リンクがあるなど、被リンクの質もSEO対策において重視するポイントです。

文字数やキーワードの量は、SEOに関するGoogleが評価するポイントになります。注意点として、文字数やキーワード多ければ言い訳ではありません。

良質なコンテンツを作成するには、情報を網羅したコンテンツが必要になるので自然と文字数が多くなります。文章を長々と書いて文字数を増やしても評価はされません。

キーワードも、検索したキーワードをたくさん入れるのではなく、文章に違和感がでない程度で入れるようにしましょう。

現在は、ほとんどの方が携帯などのモバイル端末でサイトを閲覧するので、モバイルユーザービリティを意識したコンテンツであることが評価のポイントとなります。

ユーザーが快適にモバイルでサイトを閲覧できるようにWEBサイトやコンテンツの内容を工夫することで、Googleが評価をしてくれます。

上位表示されるサイトの傾向

上位表示されるサイトの傾向として、ユーザーが知りたい情報を網羅した良質なサイトでうあり、Googleアルゴリズムに合わせたSEO対策を行っているサイトである場合が多いです。

Googleはユーザーファーストを非常に大事にしているので、ユーザーが求めている情報をぴったりと返せる網羅性のある質の高いサイトを評価し、上位に表示させる傾向があります。

また、Googleはアルゴリズムを何度も変更しており『なぜアルゴリズムを変更したのか?』の『なぜ』の部分を考えながらSEO対策しているサイトは上位に表示されやすいです。

相談する前に知っておきたいSEOの対策方法

SEO_相談_対策方法

SEO対策を相談する前に、まずはどのような対策方法があるのかを知識として把握いると、相談する際に非常にスムーズに話し合いが進みます。

細かい部分だけでなくても、専門用語や用語の意味を知っておくだけでも、SEO対策について相談する際にはおすすめです。

内部施策

サイト内部に行うSEO対策のことを『内部施策』と呼びます。

内部施策はさまざまありますが、代表的に7つの項目があり、この内部施策を行うことで、クローラーがスムーズにサイトを巡回できるようになるので、検索エンジンから評価されやすくなります。

XML形式のサイトマップを送信することで、クローラーが巡回し、評価をしてくれます。サイトマップを送信しなければ、クローラーがサイトを訪問しない可能性があるので注意しましょう。

サイトの情報をカテゴリーごとにまとめて、どこにどのサイトがあるのかをわかるように階層化しましょう。

3段階程度に分けるのがおすすめです。トップページから、コラムサイトやサービスに関するサイトなどに階層を分けるのがポイントになります。

ユーザーがアクセスしやすいようにナビゲーションをわかりやすくする必要があります。

パンくずリストを設置して現在のサイト位置をわかりやすくしたりして、視覚的に分かりやすいナビゲージョンを設定しましょう。

ユーザーが使いやすいナビゲーションを設定すると検索エンジンからの評価も上がります。コンテンツの内容とあったタイトルを32文字以内で決めるようにしましょう。

検索キーワードが入っているタイトルは評価がされやすいです。

ユーザーは検索結果に表示される、「タイトル」と「サブスクリプション」で訪れるサイトを決める場合が多いので、タイトル決めは非常に重要な項目です。

見出しを設定して視覚的に分かりやすいサイトを作ることが大切です。

ユーザーが求めている情報を見出しだけで得ることができれば、評価されやすいです。

サイトに配置された画像の読み込み速度を最適化することも重要です。

画像がすぐ表示されることでユーザーもコンテンツを読みやすくなり、サイトの滞在時間が長くなる可能性があります。

画質は変わらずに、ファイルサイズをできるだけ小さくなるようにしましょう。

関連性の高い同サイトのコンテンツのリンクを貼ることで、クローラーがサイトを隅々まで情報を読み取り、ユーザーの役に立つ良質コンテンツをして評価されやすくなります。

関連リンクを貼る際には、関係性の高いコンテンツを貼り、リンクの内容をわかるようにするのがおすすめです。

外部施策

外部施策の主な対策は被リンクによるものがほとんどです。Googleがサイトを評価する基準として被リンクは今もなお重要な評価基準になっています。

優良なコンテンツを作成して、自然と被リンクが集まっているサイトを検索エンジンは高く評価をしてくれるでしょう。

自然な被リンクを集めるためには、受けている被リンクを分析し、どのようなコンテンツを作成すればリンクが集まるのかを知ることが大切です。

被リンクの多いサイトの特徴を分析することで、作成すべきコンテンツの目標を立てることができやすくなります。

コンテンツ施策

コンテンツ施策は、同じサイト内にユーザーの求めている質の高い記事を継続的に、数多く作成していく施策です。

サイト内に数多くの良質コンテンツがあることで、ドメインの力が強くなり検索エンジンからの評価が上がりやすくなります。

競争が激しいビックキーワードでも上位表示ができる可能性が高まるでしょう。

主なSEO対策の流れ 

それでは、自社のサイトの検索順位を上げるためのSEO対策として『コンテンツ施策』と『内部施策』の流れをご紹介していきましょう。

コンテンツ施策

『キーワードプランニング』とは、ユーザーをサイトに集めるために、テーマに合わせたキーワードでサイトを設計していくことです。

SEO対策として非常に重要なポイントになります。

適当にビックワードを狙って作成したコンテンツでは、上位表示がされにくいです。

テーマに合わせたキーワードを選んでサイトを長期間運営していくと、アクセス数に大きな差が出てきます。

また、テーマに合わせたキーワードを選定する際には『Googleキーワードプランナー』などのツールを活用することで、効率よく狙ったキーワードを選定することが可能になるでしょう。

キーワードを分析することで、ユーザーが何を求めているのか、検索の目的や意図を分析することがSEO対策として重要です。

自社のサイトがどのようなキーワードで検索されているのかを分析し、キーワード自体だけでなく、その検索キーワードから派生している部分(サジェストキーワード)もしっかりと分析して、ユーザーが何を求めているのか理解しましょう。

SEO対策として検索意図にあった情報を網羅的に収集することが大切です。

Googleはユーザーを第一に考えて検索アルゴリズムを作成しているので、ユーザーが欲しい網羅的に情報が含まれていなければなりません。

そのため、キーワードに対してユーザーが求めている情報を細かく収集することが必要になります。

キーワード選定、検索意図の分析、情報収集が終わればいよいよコンテンツの作成になります。

ユーザーが選定キーワードで検索をかけた際に、作成したコンテンツのみで知りたかった情報を知ることができるような、良質なコンテンツを作成するのがSEO対策の重要な部分になります。

内部施策

まずサイト構造を構築しなければコンテンツの作成や登録もできません。

サイト内の構造では、クローラーが巡回しやすいようにナビゲーションを分かりやすいように設置したりすることが大切です。

クローラーが内部被リンクや外部リンクによって何度もサイトに訪れることで、サイトの情報を正しく把握し、評価しやすくなります。

せっかくサイトを作っても、Googleのデータベースに登録されなければ、検索順位を決めることができないので、サイトを作成したら検索エンジンへ登録する必要があります。

XMLマップを送信することで、クローラーが作成したサイトへ訪れ、情報をインデックスしてくれます。登録された情報をもとに、検索ロボットがあなたのサイトの順位を決めるのです。

内部被リンクの万葉SEO対策として重要な部分なので、内部被リンクの構築を行いましょう。

同じサイト内でリンクを多く結ぶ『内部被リンク』が多いほど、検索エンジンはこのサイトを良質なコンテンツと評価するので、検索順位が上がりやすくなるのです。

やみくもに内部リンクを貼れば言い訳ではなく、ユーザーが読んでいて自然な形で貼ってあることが大切になります。

SEOに対する多くのWebマーケテイング担当者の相談内容

SEO_相談内容

多くの企業担当者が、SEO対策についてのさまざまな相談をしてきます。

SEO対策は常に変化することなので、ここではよくある相談内容を紹介していきます。

そもそもSEO対策をどうすればいいのか

実は、この相談は非常に多いです。

知識がほとんどないのに、いきなりWEBマーケティングの仕事を任せられた担当者はたくさんいらっしゃいます。

ですので、そもそもSEOとは?から始まり、SEO対策についてもいまいち詳しくない場合が多いのです。

SEOの効果を知りたい

SEOによって、自社サイトにどのような効果が発生するのかを知りたいという相談も非常に多い内容です。

一言でいうと、SEO対策をすることで見込み客やCV数を増やすことができます。

SEO対策をしたから必ず上位表示されるわけではないですが、検索順位の上昇によりユーザーがサイトを訪れるようになり、結果的にCV数などが増える効果があります。

自社サイトを上位表示させたい

分かりやすいシンプルな相談内容です。

SEO対策を行っても、なかなか順位が上がらないで悩んでいる企業担当者はたくさんいます。

上位表示させる方法や上位を維持させる方法、なぜ順位が上がらないのかなどより詳しい内容で相談していくと、満足のいく回答を得られることができるでしょう。

自社サイトを上位表示について詳しく知りたい方はこちら

キーワードを決めて欲しい

キーワードを自社でなかなか選定できないという相談も多いです。

キーワードの選定には『Googleキーワードプランナー』などを使用して、ユーザーが何を求めているのかを分析することが大切です。

サイトと関連のあるキーワードを選定しましょう。また、良質なコンテンツが少ないサイトでビックキーワードで上位を取ることは難しいので注意してください。

サイトの問題点を解決する方法を知りたい

  • なぜサイトの順位が上がらないのか知りたい
  • 問題点を教えて欲しい
  • 外部から見て自社サイトはどうなのかを知りたい

などの、サイトの問題点を知り、解決する方法を知りたいという相談も非常に多いです。

問題点を発見し、解決するために『Google Analytics』などのツールを使用して、自社サイトを分析してみましょう。

コンテンツのキーワードや内部被リンクなどを改めて分析して見ると問題が解決する可能性が高いです。

SEO対策の各プランの特徴

SEO_相談_プラン内容

本項目では、SEO対策の各プランの特徴をご紹介していきます。

ぜひ、依頼する前に参考にしてみてください。

成果報酬型

成果報酬型プラン』は、契約したキーワードのサイトが検索上位に表示された場合にのみ料金を支払うプランになります。

SEO対策に関する初心者の方でも扱いやすいのが成果報酬型プランのメリットです。上位表示をさせるためのSEOをまるごと任せることができます。

失敗した際のリスクも低く、契約内容もシンプルなものが多いです。デメリットとして、上位表示したサイトであってもアクセス数が伸びない場合があります。

せっかくお金をかけて依頼をしても、選定したキーワードによるCV数が増えずに結果として赤字になる可能性があるのです。

自社で運営したりしていればキーワードを選定しなおうこともできますが、成果報酬型では途中でキーワードを変更できない場合があるので注意しましょう。

SEO対策について、細かい内容を把握することができないのもデメリットになります。

成果報酬型について詳しく知りたい方はこちら

固定報酬型

月額料金などの固定料金でSEO対策を行うプランとして『固定報酬型プラン』があります。

固定報酬型プランのメリットは料金が明確化している点です。成果報酬型の場合は、上位に表示された場合でも、順位によって価格が大きく変動します。

固定報酬型では、価格が一律なので予想外の出費などが発生せずに計画的にSEO対策を行うことができ、アルゴリズムのアップデートに左右されない安定的なWEBサイトを作ることができるでしょう。

上位表示になるまでに、長期間かかるのがデメリットです。成果報酬型の場合、短期間で上位表示させるほど利益が大きくなるので、業者も色々な方法を使って成果を出そうとします。

固定報酬型では、長期間かかることを想定して予算をとり、契約を行うようにしましょう。

SEO会社の提供するサービス内容

SEO対策_事例

こうした問題を解決するための方法はいくつかありますが、本項目では代表的な方法をご紹介していきます。

・Webサイト運用戦略コンサルティング

ユーザーの行動を分析しながら、コンテンツ制作・SEO対策など、Webサイトの運用を総合的にサポートします。

・コンテンツマーケティング戦略・運用支援

コンテンツマーケティングには、ビジネスに繋がる戦略の設計が不可欠です。コンテンツ戦略の立案を総合的にサポートします。

・内部施策

ユーザーの検索意図にあったキーワードを選定し、品質の高いコンテンツを作成します。

・外部施策

質の高い被リンクを集め、高い評価を得られるようにします。

・コンテンツ企画・制作

専門知識を持った経験豊富なライターが良質なコンテンツを制作します。

・検索ユーザー導線改善支援

アクセス解析からユーザーの行動を分析し、ユーザーのニーズを満たすコンテンツや導線を提案します。外部リンク精査代行不適切な外部リンクを判別し、リスクを最小化します。

上記のサービス内容はあくまで一例で、各会社によって異なります。

会社選びをする際には各社のサービスを比較し、検討してみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。少しでもお悩みが解消されたでしょうか。

弊社もSEO対策のサービスを提供しておりまして、初期費用完全無料かつ検索結果が上位10位以内に入らなければ料金は一切発生しない形を取っております。

弊社のSEOサービスでは、これまでに対策した記事の約70%が検索結果の上位10位以内に表示することができております。

弊社で上位表示可能にした独自のノウハウを生かし、少しでもお客様のお力になれたらと思っております。

SEO対策でお困りの方ならS-fleageがおすすめ