コンテンツSEO

【完全網羅】共起語を調べることができる6つのツールをご紹介!

共起語_ツール 

皆さんは「共起語」という言葉をご存じでしょうか。共起語とは、あるキーワードが出現した時に一緒に利用されるキーワードのことです。

この共起語はSEOにおいても重要視されていて、調べるためのツールも現在多く存在します。今回はそんな共起語のメリットと注意点を重点的に解説していきます。

この記事を読めば、以下のことがわかります。

  • 共起語を調べることができるツールはあるのか?
  • そもそも共起語とはなになのか?使う時の注意点はあるのか?

さらに、本記事の後半では実際に共起語を調べつためのツールを紹介するので、「SEOにもっと強くなりたい」という人はぜひご覧ください。

共起語とは?

共起語とは一言でいうと「あるキーワードが出現した時に、一緒に利用されるキーワードのこと」です。

例えば、「先生」というキーワードで書かれた記事には、学校や生徒といったキーワードが自然と使われます。

他にも、「サッカー」というキーワードで書かれた記事には、選手やキーパーというキーワードが自然と使われるでしょう。

共起語を使用するメリット

ユーザーがコンテンツに飽きない

共起語はSEO対策になるだけではなく、コンテンツの質を向上させます。その理由はユーザーが求めている文章を書けるようになるからです。

共起語にはユーザーの求めている内容が多く詰まっているので、共起語も意識しながら書くだけでもコンテンツの質が向上し、ユーザーが飽きない文章が書けます。

【飽きてしまうコンテンツの例】

筋トレで大切なことは、継続力と食事です。たとえハードなトレーニングをしても、食事がしっかりしていないと、筋肉が大きくならずモチベーションも上がりません。そのため、普段から食生活には気を付けるようにしましょう。

 

【飽きないコンテンツの例】

筋トレで大切なことは、継続力とタンパク質の摂取です。たとえハードなトレーニングをしても、タンパク質を摂取していないと思ったように効果が出ません。これは筋肉を大きくしたい人だけでなく、ダイエットをしている人も同様です。

そのため、プロテインを買うなどして、普段からタンパク質の摂取することを心がけましょう。

「飽きやすいコンテンツの例」では、キーワードのバリエーションが少なく内容も漠然としています。

一方で、「飽きないコンテンツの例」ではタンパク質やプロテイン、ダイエットなどの共起語を使うことで、キーワードのバリエーションを増やし、内容も具体的になっています。

網羅的なコンテンツを作れる

共起語のキーワードを文中で使うと情報量が増えます。

共起語はメインのキーワードについてくる周辺のキーワードなので、その周辺のキーワードに関する知識もリサーチする必要があり少し手間がかかります。そのため、多くの人は共起語を気にせず書きます。

しかし、共起語を意識するという一手間を加えるだけで、記事のクオリティが上がり網羅的な文章が書けるようになります。

SEO対策の効果に期待できる

共起語はSEO対策に効果的です。その理由はGoogleの検索エンジンではキーワードとの関連性を評価対象に入れているからです。

共起語を意識的に入れることは、キーワードの関連性を上げることにつながります。そのため、共起語が意識されたコンテンツはSEOでも高く評価される傾向にあります。

共起語を使用する注意点

関連語との違いを把握しておく

共起語と関連語は一緒と考えている人はいるかもしれませんが、共起語と関連語は違います。具体的には以下の通りです。

【関連キーワード】
検索結果の下部に表示されるキーワードのこと。検索される量によって変わってきます。

【共起語】
検索キーワードとは関係なくそれぞれの単語に対して一緒に使用されることの多いキーワードのこと

共起語を多用しすぎない

共起語を入れて文章を書きましょうという話をしましたが、あまりにも入れすぎると逆効果です。

特に最近のGoogle検索エンジンでは、わざと大量の共起語を盛り込んだ記事は上位表示しないようになっています。

そのため、無理やり共起語を文中に入れるのではなく、自然なタイミングで入れるようにしましょう。

共起語を調べることができる6個のツール

1.ミエルカ

大手企業のサイト上での集客も任されているミエルカ。ミエルカの共起語検索ツールの特徴は国立大学と共同研究しているところです。

ミエルカでは国立大学を共に研究することで、ノイズの排除やテーマトピックのスコアリングによって、高精度な共起語検索ツールを提供しています。

2.共起語検索

シンプルな検索画面が特徴的な共起語検索。特徴は使いやすさで、初心者でも簡単に使いこなすことができます。

因みに、会員登録は不要です。

3.Findword

こちらも会員登録は不要なFindword。Findwordでは、自分のサイトを追加することで、自分のサイトに足りないワードも教えてくれます。

そのため、以前に作成したコンテンツの共起語もピンポイントで調べることができます。

4.共起語チェック「パスカル」

シンプルかつおしゃれなデザインが特徴的なパスカル。パスカルは680以上の企業に使われているので信頼があります。

競合分析や検索上位のコンテンツ分析など、効率良く研究することができます。

パスカルは有料ですが、無料体験があるので興味のある人はぜひ試してみてください。

5.LSI調査

無料で共起語が調べられるLSI調査。LSI調査の特徴はアダルトワードでも調べることができることです。

しかし、連続での使用はできないので、他のツールとの併用がおすすめです。

6.共起語調査ツール – サクラサクラボ

色々なSEOツールを提供しているサクラサクラボ。特徴は一度に10件のキーワードを調べることができることです。

さらに、公式サイトでは共起語の重要性についても書かれていて、SEOの知識が豊富なことがうかがえます。

会員登録が必要ですが30秒で終わり、無料なので気軽に使えます。

まとめ

【今回の記事の要点】
共起語を意識して記事を書くとコンテンツの質が上がる。
共起語を意識することはSEO対策にもなる。
網羅的なコンテンツを作れる

ぜひ今回紹介した共起語をコンテンツに取り入れ、よりクオリティーの高い記事を作成しましょう。SEOは小さな違いで上位表示させることがあります。

最短2週間で良質なコンテンツをご提供します!
SEO 無料分析