SEO

SEOのEATとは?あなたのサイトを確実にE-A-T対応させる方法解説

The following two tabs change content below.
柏木亜梨

柏木亜梨

株式会社S-fleage(エスフレイジ) コンテンツマーケティング事業部 アカウントプランナー局
SEO施策、コンテンツマーケティングの手法を活用し、クライアント様の集客をご支援。前職では金融機関において、個人向け金融商品のご提案・法人向け融資、M&A案件、事業承継等に従事しておしました。 製造業・サービス業・通信業・卸業・建築業等様々な職種の企業様とお取引させて頂いておりました。

Googleは、E-A-Tと呼ばれる「サイトの専門性」を重視しています。WEBサイトのページのSEO対策をする際には、このE-A-Tを意識することが重要です。

ただ、自サイトでSEO対策を行なっている方の中には、「E-A-Tってそもそもどういう意味?」「E-A-Tに対応したWEBサイトにするにはどうすれば良いの?」そういった疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回はそういった方へ向けて、SEOにおけるE-A-Tの重要性や、WEBサイトのE-A-Tへの対応方法。そして、GoogleにE-A-Tを反映したWEBサイトの情報を、確実に認識してもらうための方法を解説します。

この記事を読めば、E-A-Tの基礎知識やWEBサイトをE-A-Tに対応させる方法が分かり、E-A-Tに対応したWEBサイトをGoogleに確実に認識してもらうことができるでしょう。

 

E-A-Tとは?

SEOにおけるE-A-Tとは、GoogleがWEBサイトに対して重要視している指標の1つです。

E-A-Tは、以下の3つの用語の頭文字から取っています。

  • Expertise(専門性):WEBサイトが何らかの分野に特化しているか
  • Authoritativeness(権威性):コンテンツのブランドが確立しているか
  • Trustworthiness(信頼性):コンテンツの信ぴょう性が担保されているか

上記の3つのポイントは、いずれもユーザーの利便性に大きく関係するものです。

 

SEOでのE-A-Tの重要性

SEOでE-A-Tが特に重要視されるのは、Googleがユーザーファーストであることを最重要視しているからです。

 

E-A-Tが重要視される以前は、E-A-Tを満たさないWEBサイトが乱立し、質の低いコンテンツが検索結果に溢れかえっていました。例えば、根拠や出典が明らかではない情報を盛り込んだ医療情報サイトなどです。こういったコンテンツは、ユーザーの利便性に適っているとはいえません。

 

現在、Googleのアルゴリズムは新化しており、このようなE-A-Tを満たしていないサイトは上位表示が難しくなっています。E-A-Tに対応したコンテンツを作成することが、SEO対策において重要なのです。

YMYLカテゴリーに属するWebサイトは特にEATが重要に

YMYLとは、「Your Money or Your Life」の単語の頭文字を取ったものです。つまり、幸福や健康、経済など「お金や人生」に密接に関係するカテゴリーのことを指します。

 

このようなYMYLカテゴリーに属するサイトでは、EATが特に重要とされています。なぜなら、YMYLカテゴリーのコンテンツは人の将来や安全に大きな影響を与えると考えられるからです。

 

例えば、先ほど挙げたような健康に関するWEBサイトで、間違った情報が記載されていると、ユーザーの心身に悪影響を与えてしまう可能性があります。こういった背景から、YMYLカテゴリーでは、特にE-A-Tが重要とされているのです。

YMYLについては以下の記事で詳しく解説していますので、そちらを参考にしてください。

 

サイトをEAT対応するためのSEO対策

では、WEBサイトをE-A-Tに対応させ、SEO効果を高めるには具体的にはどんな施策を講じれば良いのでしょうか?

 

ここでは、WEBサイトをE-A-Tに対応させるための対策を紹介します。以下の5つのポイントを守り、WEBサイトを運営していきましょう。

 

専門性の高い一貫したテーマ性を持ったサイトにする

まず前提として、専門性の高い一貫したテーマ性を持つWEBサイトを確立します。

 

なぜなら、専門性の高い一貫したテーマ性を持たせることで、Googleの検索エンジンにWEBサイトの専門性をアピールすることができるからです。

 

具体的には、WEBサイト運営者、もしくは監修者の専門分野・得意分野に関するWEBサイトを作ることが望ましいでしょう。また、一貫したテーマ性を持たせるために、分野は多くとも3つまでに絞ることが求められます。

 

テーマの一貫性を担保して、専門性の高いWEBサイトを確立しましょう。

 

アップするコンテンツのテーマをブレさせない

上記の専門性の高いサイトにするに付随して、アップするコンテンツのテーマをブレさせないようにします。

 

なぜなら、テーマの異なるコンテンツをアップしてしまうと、WEBサイトのテーマ性が失われてしまい、専門性が薄くなってしまうからです。

 

例えば、美容系の内容に絞ってWEBサイトを運営するのであれば、金融系あるいは教育系をテーマとしたコンテンツをアップしないようにします。美容系にテーマを絞ったら、基本的には、美容系のコンテンツだけをアップすることが原則です。

 

アップするコンテンツのテーマが逸れると、検索エンジンもユーザーも専門性を感じられなくなってしまうので気を付けましょう。

 

著者・運営者を明確にする

WEBサイトの運営者や、コンテンツの著者を明確にします。

 

なぜなら、ユーザーはコンテンツの内容だけでWEBサイトを判断するわけではなく、「誰が発した情報か」を合わせてコンテンツの良し悪しを決めているからです。

 

例えば、法律相談所のオウンドメディアであれば、執筆者が弁護士であることが明確なためユーザーは権威性を感じ信頼して情報を受け取ることができます。WEBサイトを運営する際には、著者・運営者のプロフィールを開示することが重要なのです。

 

ユーザーがコンテンツの内容を信頼できるような著者・運営者のプロフィールを、WEBサイト上に公開しておきましょう。

 

一次情報を充実させたコンテンツを発信する

E-A-Tを満たすためには、一次情報を充実させたコンテンツを発信します。

なぜなら、二次情報、三次情報よりも一次情報の方が信ぴょう性が高いからです。

例えば、他のメディアサイトの二次情報ではなく、サイト運営者・著者自身が収集した一次情報を届けるなどの対策が挙げられます。お店の情報サイトであれば、店に足を運び、写真を取って実際に食べてみる、などが一つの方法ですね。

二次情報、三次情報をまとめるだけのWEBサイトは誰でも作成できてしまうため、E-A-Tを満たすことはできないでしょう。

 

関連コンテンツの作成

関WEBサイトのテーマに連するコンテンツ作成していきます。

なぜなら、WEBサイトに同じ分野のページが積みあがっていくことで、Googleの検索エンジンに専門性の高いサイトだと判断されるからです。

 

具体的な施策としては、1つのビッグキーワードに関連するロングテールキーワードを狙ったコンテンツを集中的にアップしていきます。また、それぞれのコンテンツを内部リンクで繋いでおくことも忘れてはいけません。

 

関連するコンテンツを積み上げていくことで、専門性の高いWEBサイトを構築していきましょう。

 

重要なのはGoogleに認識してもらうこと

上記の施策をWEBサイトに施しE-A-Tに対応させたら、そのWEBサイトをGoogleにしっかり認識してもらうことが必要なります。

 

なぜなら、上記の対策を行なったとしても、Googleのクローラーに情報を認識されなければ、検索結果に対策の効果が反映されないからです。

 

Googleの検索エンジンは、以下のようなステップでWEBサイトを評価し、検索結果の順位を決定しています。

 

  1. Googleのクローラー(ロボット)がWEBページの情報を収集する
  2. 収集した情報を元にWEBページの品質を評価する
  3. それぞれのページの評価を元に検索結果の順位に反映する

GoogleのクローラーはWEBサイトのリンクからリンクを渡って、絶えずWEB上にあるページの情報収集を行っています。ただし、確実に全てのページをクローリングできるわけではなく、ときにはこちらからクローリングを促進する必要があるのです。

したがって、EATへの対応・対策はもちろん、それ以上にクローラーにしっかり情報をクローリングしてもらうための対策も必要だといえます。

関連記事:SEO外部対策とは?外部対策を徹底攻略!

googleにEAT対応を認識してもらうための方法

ここでは、GoogleにWEBサイトがE-A-Tに対応していることを認識してもらうための対策方法を解説します。

上で説明したように、Googleにクローリングをしてもらうことは、SEO対策において極めて重要です。以下のポイントを押さえて、E-A-Tへの対応施策を検索結果に反映してもらいましょう。

特筆情報はタグ設置を行う

特筆すべき情報はHTMLのタグ設置を行って記述します。

なぜなら、クローラーはHTMLタグ情報を認識し、WEBサイトの構造を読み取っているからです。E-A-Tに対応するために記述した内容や、SEO的に認識してほしい内容はタグに記載します。

 

特にタイトルや見出しはSEOに対する影響が大きいので、キーワードやE-A-Tに影響する情報を含むようにしましょう。

 

記事のカテゴリー化を行う

WEBサイト内の記事のカテゴリー化を行います。

 

カテゴリーごとに記事を分けることで、クローラーがWEBサイト内の構造を認識しやすくなるからです。また、同じカテゴリーの記事をまとめておくことで、Googleに専門性をアピールすることにも繋がります。

 

記事は必ずカテゴリーごとに整理しておき、サイト構造を明確にしておきましょう。

 

内部リンクで他記事へのクローリング導線を作る

各記事に内部リンクを設置し、他記事へのリンクを飛ばします。

 

内部リンクをWEBサイトに巡らせておくことで、クローラーの導線が確保されクローラビリティが向上するからです。クローラーが内部リンクを辿って様々な記をもクローリングすることで、サイトの情報をより収集しやすくなります。

 

特に関連した記事同士を内部リンクで繋いで、Googleに専門性を評価してもらえるようにしましょう。

 

Googleマイビジネスの利用を始める

Googleマイビジネスに登録し、運用します。

 

Googleマイビジネスに情報を登録することで、Googleがビジネスの実在性を認識してくれると考えられるからです。特に、実店舗型ビジネスの場合には、店舗が実在するというのは大きな権威性・専門性のアピールに繋がります。

 

マイビシネスの登録によってビジネス情報をクローラーに認識させ、権威性・専門性をアピールしましょう。

 

まとめ

今回は、SEOにおけるE-A-Tの重要性や、WEBサイトのE-A-Tへの対応方法。そして、GoogleにE-A-Tを反映したWEBサイトの情報を、確実に認識してもらうための方法を解説しました。

 

本記事の要点は、以下のとおりです。

 

  • SEOにおけるE-A-Tとは、GoogleがWEBサイトに対して重要視している指標の1つ
  • E-A-T(専門性・権威性・信頼性)はユーザーファーストを大事にするGoogleにとって重要な評価基準
  • E-A-Tを満たすだけでなく、E-A-Tに対応していることをGoogleに認識してもらうことが重要

 

この記事を参考にして、E-A-Tの基礎知識やWEBサイトをE-A-Tに対応させる方法を把握し、E-A-Tに対応したWEBサイトをGoogleに確実に認識してもらいましょう。

関連記事:【最新】 Googleが定めるガイドラインとは?SEO担当者は必見です!

 

ABOUT ME
柏木亜梨
柏木亜梨
SEO施策、コンテンツマーケティングの手法を活用し、クライアント様の集客をご支援。前職では金融機関において、個人向け金融商品のご提案・法人向け融資、M&A案件、事業承継等に従事しておしました。 製造業・サービス業・通信業・卸業・建築業等様々な職種の企業様とお取引させて頂いておりました。
最短2週間で良質なコンテンツをご提供します!
The following two tabs change content below.
柏木亜梨

柏木亜梨

株式会社S-fleage(エスフレイジ) コンテンツマーケティング事業部 アカウントプランナー局
SEO施策、コンテンツマーケティングの手法を活用し、クライアント様の集客をご支援。前職では金融機関において、個人向け金融商品のご提案・法人向け融資、M&A案件、事業承継等に従事しておしました。 製造業・サービス業・通信業・卸業・建築業等様々な職種の企業様とお取引させて頂いておりました。
  • SEO健康診断
  • 資料ダウンロード