SEO

コアウェブバイタルが順位決定要因に!?でもこれってアレと同じでは?

The following two tabs change content below.
奥田大雅

奥田大雅

ストラテジー局マネージャー・コンテンツ局最終責任者株式会社S-fleage
企業様のSEOやWEB広告運用の戦略立案に従事。 AIのアルゴリズム分析を得意とし、SEOの研究を行い独自のノウハウと論理的なSEO手法を多数開発。 データアナリスト・SEOストラテジストとして企業様のwebマーケティングの戦略立案と実行のご支援に尽力しています。

お久しぶりです!株式会社S-fleageのアカウントプランナー平山です。

今回は、先日Googleが発表したコアウェブバイタルについてお話ししたいと思います!

また、Googleが新しいことを発表したぞ・・・対策しなきゃ・・!と戦々恐々とするかもしれませんが、ご安心を。

実はコアウェブバイタルはそこまで大きな変化ではないことをこの記事で解説したいと思います。

コアウェブバイタルとは?

Googleがユーザーにより良い検索体験をしてもらうために導入したウェブバイタルという指標があります。

ページの読み込み速度や、サイト内での操作の安定性など様々なユーザビリティへの配慮を数値化し、サイト運営の一つの指標にしたものがウェブバイタルです。

この指標は、ものすごく簡単に表すと「ユーザーへの良心性」です。

ユーザーがそのサイトでどれだけストレスなく過ごせそうか、そのサイトがいかにユーザーに大して配慮した設計になっているかを数値化したものがウェブバイタルで

そのウェブバイタルの中でも重要とされている3つの指標【LCP、FID、CLS】のことをコアウェブバイタルと呼びます。

SEO界隈では今後、このコアウェブバイタルを高水準に保つことが必要になるのでは・・と話題になっています。

コアウェブバイタルの3つの指標:LCPとは

まずコアウェブバイタル3つの指標の一つ目、LCPについてですがこれは「メインコンテンツの表示」における指標を指します。

主に、ページの表示速度を測る要素であり、ページのメインとなるコンテンツが表示されるまでの時間を表します。

なんだか従来の「サイトスピード」とよく似ていますね。

ページのメインとなるコンテンツ、ですがこれは主に画像類のことを指すようで今後は画像類の表示にかかる時間が重要視されるようです。

コアウェブバイタル3つの指標:FIDとは

次に2つ目の指標、FIDについてですがFID とは「入力遅延」における指標のことです。

ユーザーがページ内でクリック、タップ、テキスト入力など行った際にブラウザが反応にかかった時間を表します。

こちらはユーザーが例えば関連記事のURLをクリックした際に発生する「クリックされた」操作をブラウザが受け付けるまでの時間を指標にしたものです。

あくまで「操作を受けるまでの時間」で「表示にかかる時間」ではないことに注意しなくてはなりません。

こちらもLCPと同様にスピードを指標にしていて、どちらも従来の「サイトスピード」に近しいものだと言えます。

コアウェブバイタル3つの指標:CLSとは

最後、3つ目の指標であるCLSとは「累積レイアウト変更」における指標のことです。

ページ内でユーザーに大して予期しないレイアウトデザインのずれがどれだけ発生したかを表した指標になります。

「予期しないレイアウトデザインのズレ」ですが、少しわかりづらいので具体的に言うと

例えば、関連記事のリンクをクリックしようとしたら広告が出てきて間違ってクリックしてしまった・・・

なんてことありますよね。

サイト運営者が意図して発生させているのであれば、迷惑な仕様ですし、そうでなかったとしてもバグですから、どちらとしてもユーザー側は不快だと感じてしまいます。

こういったユーザーが操作もしていないのに発生したアクションを、Googleは今後計測し数値化するようです。

このCLSですが、他の2つと違ってサイトのスピードは全く関係しないんですね。

ユーザーが操作もしていないのに発生したアクションを数値化し評価する、というのは今までになかった取り組みで今後この指標を元に検索順位が決定されるのであれば確かに今以上により、ユーザーに配慮されたサイトが上位表示されることになりそうです。

コアウェブバイタルの確認方法

果たして自分のサイトのコアウェブバイタルはどう評価されているのか気になるかと思います。

自サイトのコアウェブバイタル状況については、Google Search Console、またはPage Speed Insightで確認することができます。

コアウェブバイタル

searchconsoleの場合、管理画面の”ウェブに関する主な指標”からコアバイタルを確認することができます。

pagespeedinsightの場合、自サイトのURLを入力し計測を開始するとスピードメーター下部に表示されるようになりました。

コアウェブバイタル2

 

2021年以降、コアウェブバイタルはランキング要因の一つに追加される?

コアウェブバイタル3

https://webmasters.googleblog.com/2020/05/evaluating-page-experience.html

Googleから正式にコアWEBバイタルが2021年以降ランキング要因になることが発表されました。

現在は、「モバイル対応」「ページ速度」「URL正規化」等が要因になっていますが、ここコアWEBバイタルが追加されることになります。

SEO対策としては、コアWEBバイタルの3つの指標(LCP/FID/CLS)を把握し、ユーザーフレンドリーなサイトづくりを続けることでよりよい検索体験をユーザに提供出来るでしょう。

ちょっと待って、コアウェブバイタルってつまりユーザーフレンドリーとページスピードの事では?

もう先ほど答えを言ってしまいましたが、今回発表されたコアウェブバイタルとはつまるところ「ユーザーフレンドリー」のことなんですよね。

極端な表現ですが

「ユーザーフレンドリーを目指す為に少しだけ要素を追加してみたよ」

これがコアウェブバイタルなんですね。

今後、大きくなにか別の対策をしなくてはならない訳ではありません。

今までSEO対策をしっかりと行っていた方なら、ページの読み込み速度である「ページスピード」と、バグのないしっかりとしたサイト作りはすでに意識して対策してこられているでしょうから、これからもここを意識してサイト作りをしていけばおのずとクリアすることができるはずです。

とは言え、今まで以上にGoogleはユーザーフレンドリーなサイトを評価するつもりなのは間違いありませんし、なにか特別大きなことをしなければいけない訳ではありませんが

今までのユーザーフレンドリーサイトの要素だった

  • モバイル フレンドリー
  • セーフ ブラウジング
  • HTTPS
  • コンテンツへのアクセスを阻害するインタースティシャルがない

だけでなく、画像や動画の読み込み速度、サイトの反応速度、レイアウトのズレなど今まで以上に細部にまでGoogleは評価をします。

これまで行ってきた対策はもちろん、より細部にこだわった対策が必要になります。

ABOUT ME
奥田大雅
奥田大雅
企業様のSEOやWEB広告運用の戦略立案に従事。 AIのアルゴリズム分析を得意とし、SEOの研究を行い独自のノウハウと論理的なSEO手法を多数開発。 データアナリスト・SEOストラテジストとして企業様のwebマーケティングの戦略立案と実行のご支援に尽力しています。
WEBサイト診断申し込みフォーム
The following two tabs change content below.
永井 雄一

永井 雄一

前職は株式会社サイバーエージェントのアカウントプランナーとして国内大手企業様のwebマーケティング戦略の支援に携わっておりました。2016年に現在の株式会社S-fleageを起業し、国内大手企業様を中心にマーケティングのデジタルシフトの支援を行っています。京都大学大学院では経営学(MBA)を専攻し、その中でもマーケティングが専門です。現在日本マーケティング学会会員。ロジカル思考とクリエイティブ思考のバランスを持ちながらマーケティングの力によって世の中に企業様の商品価値を伝える支援をしております。