オウンドメディア

オウンドメディア記事を制作するにはどうすればいいの?徹底解説!

オウンドメディアについて_SEO
The following two tabs change content below.
柏木亜梨

柏木亜梨

株式会社S-fleage(エスフレイジ) コンテンツマーケティング事業部 アカウントプランナー局
SEO施策、コンテンツマーケティングの手法を活用し、クライアント様の集客をご支援。前職では金融機関において、個人向け金融商品のご提案・法人向け融資、M&A案件、事業承継等に従事しておしました。 製造業・サービス業・通信業・卸業・建築業等様々な職種の企業様とお取引させて頂いておりました。

「オウンドメディアを作成したいけど、どう作ればいいのかわからない」そういった悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。最近多くの企業がオウンドメディアを取り入れ成果を出しています。

しかし、あまりITに携わっていない企業だと「そもそもオウンドメディア自体が何なのかわからない」という疑問を持つ人も少なくありません。

今回はそんな「オウンドメディアをどうやって作成したらいいかわからない」という悩みを解決するために 「オウンドメディアを制作する目的と成功事例」と「Webコンサルタントに求められるスキル」について解説していきます 。

オウンドメディアとは

近年オウンドメディアを提案するWeb制作会社や広告代理店が増えていて、オウンドメディアマーケティング取り込む企業も同じく増加しています。

しかし、オウンドメディアを自社に取り入れる場合は自分の会社にマッチしているかを検討する必要があります。

オウンドメディアが自社にマッチしているかを検討するために、まずオウンドメディアとは何かを見ていきましょう。

自社が所有するメディアのこと

オウンドメディアとはホームページ、ブログ、Twitterなどのメディアのことです。オウンドメディアが注目されるようになったのはFacebookやTwitterなどの外国から来たSNSが普及したことがきっかけです。

SNSが普及するにつれてFacebookやTwitterをビジネス目的で使う人が増えていきました。

しかし、SNSだけでは利益につながりにくいと多くの経営者が感じ、自社のウェブサイトをコンテンツメディア化することで収益を得る人が増えたことによってオウンドメディアが伸びました。

コンテンツマーケティングについて詳しく解説した記事はこちら⇒

コンテンツマーケティングとは?具体的な手法とともにご紹介します!

コンテンツSEOについて詳しく解説した記事はこちら⇒

良質なSEOコンテンツを制作するにはどうすればいいの?徹底解説!

トリプルメディア

トリプルメディアというのは、消費者が直接見ることができるメディアを3つに分類したもので、デジタルマーケティング時代に新しく出てきた考え方です。

オウンドメディア(Webサイト・ECサイト)

オウンドメディアには自社で作成している企業サイト以外にも、商品ブランド用のウェブサイトや、自社商品の直接販売を行うECサイトなどが含まれます。自社の特徴や強みに合わせて、製品やサービスに関する情報をユーザーに対して提供することができます。

(H3)ペイドメディア(仲介のメディア・ネット広告・テレビ広告)

ペイドメディア

ペイドメディアは記事やコンテンツ以外にもお金を払って広告を掲示することができる場所を提供しているメディアのことを表します。ペイドメディアで特に有名なのがYahoo JAPANなどのポータルサイトや、朝日新聞デジタルや日経新聞電子版などのサイトが挙げられます。

ペイドメディアには掲載されているコンテンツに興味があるユーザーが多く、頻繁にアクセスされるというメリットがあります。そのため、広告を掲載することでコンテンツに興味がある読者に対して広告で自社のコンテンツを宣伝することができます。

なお、Googleで掲載することができるリスティング広告(条件やキーワードを設定して一定のユーザーにだけ表示させる広告)もペイドメディアに含まれます。

アーンドメディア(SNS・フェイスブック・ツイッター)

アーンドメディアとは、FacebookやTwitterなどのSNSやブログなどのプラットフォームを利用して、ユーザー自らが情報を発信することによって成立するメディアです。

発信内容を誰かがコントロールすることが難しく、当事者でなく第三者である消費者の間で情報共有をして、評判や信用を得るメディアのことです。

これだけ聞くと自社では関係ないなと思う人もいるかもしれませんが、SNSやブログを頻繁にチェックしてると、トレンドや評判を知ることができます。さらに、SNSやブログはコミュニケーションが取りやすいので、積極的に利用すればユーザーとの距離を縮めることができます。

オウンドメディアの主な目的

多くの企業がオウンドメディアを運営している目的は複数あります。その目的の中には、オウンドメディアについて深く知っていないと理解できないものもあります。そのため、ここからは多くの企業がオウンドメディアを運営している大まかな目的について解説していきます。

商品や企業の認知度向上

オウンドメディアについて
オウンドメディアを運営する目的としてよくあるのが商品や企業の認知度を向上させたいということです。

例えば、サイボウズ式とサイトは多くの人が共感するテーマやコラムなどのコンテンツを中心に発信し自社の商品やサービスの認知度を向上させることに成功しています。

商品や企業の認知度向上を目的とした施策は以下の2つです。

①すぐに商品を買ってもらおうとするのではなく、ユーザーと自社との信頼関係を作ることに重視したコンテンツを作成する。

②オウンドメディアだけでの認知度向上は時間がかかってしまうので、SNSなどのメディアを利用してユーザーと積極的にコミュニケーションをとる。

新規や顧客やリード獲得

オウンドメディア_リード_獲得

オウンドメディアで成功すれば、効率的に新規の顧客やリードを獲得することができます。例えば、リスティング広告運用会社の「LISIKUL」はオウンドメディアから新規の顧客やリードを獲得しています。

LISIKULが実際に行なっていた施策は以下の3つです。

①同じ層の顧客に情報発信をしたいと考えている企業向けに広告専用のメニューを設定。

②「リスティング広告」というキーワードでSEO対策をし、Google検索結果で上位表示させる。

③これまで仕事で培ってきた中小企業向けのマーケティングノウハウ記事を3年間で300記事以上発信。

商品のオンラインからの購入者増加

オウンドメディア_コンテンツマーケティング

オウンドメディアはIT企業が積極的に使っているイメージがあるかもしれませんが、IT系でない企業でも商品販売を促進することができます。その成功例が「ストレッチポール公式ブログ」というサイトです。

ストレッチポール公式ブログで行われた施策は以下の通りです。

①「体幹トレーニング」、「腰痛ストレッチ」と言ったキーワードで記事を上位表示させる。

②コンテンツを読んで自社の商品に興味を持ったユーザーをECサイトへ誘導。

既存顧客のエンゲージメント向上

エンゲージメント_オウンドメディア_SEO

エンゲージメントとはブランドに消費者が積極的に関与することで作られる、ブランドと消費者との間の信頼関係のことです。オウンドメディアではこのエンゲージメントを向上させることができます。

エンゲージメントを成功させたサイトの一つに日本ハムが運営する「BBQ GO!」というバーベキュー場やレストランなどの情報を発信しているサイトがあります。

BBQ GO!が行った具体的な施策は以下の通りです。

①店頭売り場の活用、バーベキュー場とのコラボなど色々な地域や企業とコラボレーションを行う。

②他の企業のレシピサイトを分析し日本ハムの強みを生かすことができるバーベキューに関するオウンドメディアを運営。

人の採用/社内向けブランディング

オウンドメディア_会社_ブランディング_SEO

人材不足で悩んでいる企業も多いと思いますが、オウンドメディアで人材不足を補っている企業もあります。特に有名なのが日本最大級のフリマアプリメルカリの採用オウンドメディア「mercan(メルカン)」です。

メルカリはこのmercan(メルカン)を利用して、自社の企業理念を発信することに成功しています。

mercan(メルカン)が実際に行なっている施策は以下の通りです。

①急速に社員数が増えているメルカリではどういう人がいるのかなどの社内情報を発信。

②記事コンテンツだけでなくPodcastも行う。

企業が作りたい世界観を広める

オウンドメディア_マネタイズ_成功例_SEO

ユニークな世界観を持っている企業はユーザーに受け入れてもらうまでに少し時間がかかってしまいます。しかし、オウンドメディアで成功すれば自社が作りたい世界観を効率的に広めることができます。

それに成功したのが「ジモコロ」というオウンドメディアサイトです。 ジモコロはオウンドメディアで世界観を表現することに成功し、求人に応募するユーザー数が約10%増加しました。

そんなジモコロが行った施策は以下の通りです。

実際に現地に行って取材した記事を12~18本毎月更新。

オウンドメディア自身でのマネタイズ

マネタイズとは自社で運営している無料サービスから収益を得る方法のことです。具体的なマネタイズの方法は以下の4つです。

①バナー・スポンサー広告
②コンテンツ販売
③有料イベントの開催
④物販

Webコンサルタントに求められるスキル

一概にWebコンサルタントといっても営業、企画、分析、コーディング、システム構築など様々なジャンルのコンサルティングがあります。

これだけ聞くとややこしく感じる人もいるかもしれませんが、コンサルタントには共通して求められるスキルがあります。こちらではWebコンサルタントに求められる共通のスキルについて解説していきます。

コミュニケーション能力

コンサルタントは人とコミュニケーションを取りながら業務を遂行していく職業です。そのため、技術力と同じくらいコミュニケーション能力が重要になります。

コミュニケーション能力は個人の力量が求められるので、例え実績のある業者だとしても担当者がしっかりしているかを見るようにしましょう。

知識の豊富さ

Webコンサルタントに求められる知識は大きく分けて2つあります。それはデザインやhtlmなどの専門的知識とあらゆる業界のトレンドに関する知識です。

発注者側の立場になってみると分かると思いますが、「自社についてどれだけ知っているか」、「業界の知識がどれだけあるか」ということだけでコンテンツのクオリティが変わってきます。

そのため、担当者の業界に関する知識も企業選定の判断基準として取り入れましょう。

SEO記事のまとめ

Webコンサルタントは知識とコミュニケーション能力の両方が備わっていないと、顧客に満足してもらえない可能性があり、分析力と判断力が重要になってきます。

そのため、普段から自分の専門分野でない業界でも情報を取り入れるようにしましょう。

ABOUT ME
柏木亜梨
柏木亜梨
SEO施策、コンテンツマーケティングの手法を活用し、クライアント様の集客をご支援。前職では金融機関において、個人向け金融商品のご提案・法人向け融資、M&A案件、事業承継等に従事しておしました。 製造業・サービス業・通信業・卸業・建築業等様々な職種の企業様とお取引させて頂いておりました。
最短2週間で良質なコンテンツをご提供します!
The following two tabs change content below.
柏木亜梨

柏木亜梨

株式会社S-fleage(エスフレイジ) コンテンツマーケティング事業部 アカウントプランナー局
SEO施策、コンテンツマーケティングの手法を活用し、クライアント様の集客をご支援。前職では金融機関において、個人向け金融商品のご提案・法人向け融資、M&A案件、事業承継等に従事しておしました。 製造業・サービス業・通信業・卸業・建築業等様々な職種の企業様とお取引させて頂いておりました。

  • 無料分析

    SEOに関する課題点などを無料で分析


  • お問い合わせ

    サービスに関する相談・お問い合わせ


  • Webセミナー

    webマーケティングに関するオンラインセミナーを開催


  • お役立ち資料

    オウンドメディア運営やウェブマーケティングに関するお役立ち資料をDL

  • 無料分析

    SEOに関する課題点などを無料で分析

  • お問い合わせ

    サービスに関する相談・お問い合わせ

  • Webセミナー

    webマーケティングに関するオンラインセミナーを開催

  • お役立ち資料

    オウンドメディア運営やウェブマーケティングに関するお役立ち資料をDL