用語集

キーワードとは

The following two tabs change content below.
永井 雄一

永井 雄一

前職は株式会社サイバーエージェントのアカウントプランナーとして国内大手企業様のwebマーケティング戦略の支援に携わっておりました。2016年に現在の株式会社S-fleageを起業し、国内大手企業様を中心にマーケティングのデジタルシフトの支援を行っています。京都大学大学院では経営学(MBA)を専攻し、その中でもマーケティングが専門です。現在日本マーケティング学会会員。ロジカル思考とクリエイティブ思考のバランスを持ちながらマーケティングの力によって世の中に企業様の商品価値を伝える支援をしております。

キーワードとは

SEOにおけるキーワードとは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索する際に入力したり、自サイトのコンテンツ作成で設定する単語やフレーズのことです。

このようなキーワードは、「対策キーワード」と呼ばれることもあります。

キーワード例

  • 「SEO 対策 方法」
  • 「オススメのSEO業者」

キーワードのSEO効果と上位表示の方法

SEO対策においては、キーワードを見出しタグ(hタグ)や本文のテキスト内に適切に設置することで、上位表示や自然検索からの流入増加に繋げられます。

キーワードをhタグや本文中に散りばめることのメリットとしては、Googlebot等の検索エンジンのクローラーが対象ページに巡回した際に、重要な情報であると認識するだけではなく、そのキーワードに関連性の高いページだと評価されることが挙げられます。

但し、本文が不自然になるほどキーワードを入れ込めば良いわけではなく、あくまでも自然な形で記載するように注意しましょう。

また、関連ワードやサジェストワードを本文テキスト内や見出しタグ内に設置することもSEO的に有効な手段です。

それだけではなく、対策キーワードで検索した際に上位表示されている競合ページのキーワード含有率や見出しにキーワードが含まれているか等を確認する競合分析をしていくことで順位上昇のヒントが得られます。

注力したいキーワードで実際に検索して、どのような関連ワード・サジェストワードがあるか、競合ページのキーワード含有率や共起語含有率などを調査し、それらを踏まえて対策していくことが順位上昇において重要となってきます。

ABOUT ME
永井 雄一
永井 雄一
前職は株式会社サイバーエージェントのアカウントプランナーとして国内大手企業様のwebマーケティング戦略の支援に携わっておりました。2016年に現在の株式会社S-fleageを起業し、国内大手企業様を中心にマーケティングのデジタルシフトの支援を行っています。京都大学大学院では経営学(MBA)を専攻し、その中でもマーケティングが専門です。現在日本マーケティング学会会員。ロジカル思考とクリエイティブ思考のバランスを持ちながらマーケティングの力によって世の中に企業様の商品価値を伝える支援をしております。
WEBサイト診断申し込みフォーム
The following two tabs change content below.
永井 雄一

永井 雄一

前職は株式会社サイバーエージェントのアカウントプランナーとして国内大手企業様のwebマーケティング戦略の支援に携わっておりました。2016年に現在の株式会社S-fleageを起業し、国内大手企業様を中心にマーケティングのデジタルシフトの支援を行っています。京都大学大学院では経営学(MBA)を専攻し、その中でもマーケティングが専門です。現在日本マーケティング学会会員。ロジカル思考とクリエイティブ思考のバランスを持ちながらマーケティングの力によって世の中に企業様の商品価値を伝える支援をしております。