用語集

ロングテールワードとは?

The following two tabs change content below.
永井 雄一

永井 雄一

前職は株式会社サイバーエージェントのアカウントプランナーとして国内大手企業様のwebマーケティング戦略の支援に携わっておりました。2016年に現在の株式会社S-fleageを起業し、国内大手企業様を中心にマーケティングのデジタルシフトの支援を行っています。京都大学大学院では経営学(MBA)を専攻し、その中でもマーケティングが専門です。現在日本マーケティング学会会員。ロジカル思考とクリエイティブ思考のバランスを持ちながらマーケティングの力によって世の中に企業様の商品価値を伝える支援をしております。

ロングテールワードとは

ロングテールワードとは、一つの単語だけでなく複数ワードの組み合わせにより検索されるキーワードのことです。

一方で、一つの単語で検索回数の多いワードをビッグワードと呼びます。

そのワードを主軸にいくつかの単語を組み合わせた複合ワードをロングテールキーワードと呼びます。

このロングテールワードは検索意図がよりハッキリとしていることが特徴的です。

ロングテールワードの特徴として、キーワードの検索意図を正確に把握しやすく、検索者の意図に合致した記事コンテンツ等のページを作成しやすいというメリットがあります。

自サイトや自サービスの流入に直結しやすいです。

ロングテールワードの一例

実際にロングテールワードを選定する場合どのようにすればいいのか?

具体的な選定方法をご紹介します。

例えば、あなたが時計の買取サービスを行っていて、時計の買取をしたいユーザーの流入を増やしたいとして、

「時計」というキーワードを主軸とした場合を想定します。

そうした際に、ロングテールワードとしては、以下のようなキーワードがあります。

  1. 「時計 買取 おすすめ」
  2. 「時計 買取 方法」
  3. 「時計 買取 相場」

ポイントとしては、複合キーワードでよく検索されるものと提供できるサービス内容が一致する、または書きやすいワードを決めることです。

あとは、徹底的にユーザーの求める情報を記載したコンテンツを作成していくことが大切です。

ABOUT ME
永井 雄一
永井 雄一
前職は株式会社サイバーエージェントのアカウントプランナーとして国内大手企業様のwebマーケティング戦略の支援に携わっておりました。2016年に現在の株式会社S-fleageを起業し、国内大手企業様を中心にマーケティングのデジタルシフトの支援を行っています。京都大学大学院では経営学(MBA)を専攻し、その中でもマーケティングが専門です。現在日本マーケティング学会会員。ロジカル思考とクリエイティブ思考のバランスを持ちながらマーケティングの力によって世の中に企業様の商品価値を伝える支援をしております。
WEBサイト診断申し込みフォーム
The following two tabs change content below.
永井 雄一

永井 雄一

前職は株式会社サイバーエージェントのアカウントプランナーとして国内大手企業様のwebマーケティング戦略の支援に携わっておりました。2016年に現在の株式会社S-fleageを起業し、国内大手企業様を中心にマーケティングのデジタルシフトの支援を行っています。京都大学大学院では経営学(MBA)を専攻し、その中でもマーケティングが専門です。現在日本マーケティング学会会員。ロジカル思考とクリエイティブ思考のバランスを持ちながらマーケティングの力によって世の中に企業様の商品価値を伝える支援をしております。