SEOとは

【2019年度版】Google Analyticsの設定・使い方!初心者でも分かる!

サイト運営をしていると、ツールとしてGoogle Analyticsを使うと良い、と耳にする方も多いと思います。確かに、Google Analyticsは便利なので、サイト運営に活用すべきです。

ただ、「Google Analyticsってそもそも何に使えるの?」、「Google Analyticsの使い方が知りたい」このように感じる方が多いのではないでしょうか?

そこで今回は、初心者でもわかるGoogle Analyticsの使い方や特徴を紹介します。

Google Analyticsとは

Google Analyticsは、サイト運営するなら必ず知っておきたい、必須ツールです。サイトを運営している個人や企業のほとんどが、Google Analyticsを導入しています。
Google Analyticsとは、Googleが提供しているアクセス解析ツールです。どのようなユーザーが閲覧しているのか、ユーザーはどのような経路でサイトにアクセスしているのか、サイト内でどんな行動をしているか、を把握することができます。
これだけの機能を無料で使用できるツールなので、導入を考えている方は、迷わず導入するべきです。

Google Analyticsの登録方法

Google Analyticsの登録方法を、3ステップで簡単に説明します。

Googleアカウントの作成

Google Analyticsの登録には、Googleアカウントの取得が必須です。ただ、ほとんどの方は、Gmailなどを既に使用しているかと思うので、問題ないでしょう。

Google Analyticsアカウントの作成

次に、Google Analyticsアカウントを作成しましょう。Google Analyticsをあなたのサイトに導入するためには、Google Analyticsのトラッキングコードを取得する必要があります。

トラッキングコードの設置

最後に、Google Analyticsで取得したトラッキングコードを、あなたのサイトに設置します。サイトのタグの直後に、トラッキングコードをペーストすれば、設置完了です。

機能別の見方 Google Analyticsを使ってできること

ここでは、Google Analyticsの使い方を、機能別に順に説明していきます。
Google Analyticsの使い方は、一見複雑そうに見えます。ただ、実は、Google Analyticsで使用できる機能は、「集客」「ユーザー」「行動」「コンバージョン」の4つの機能です。
1つずつ見ていけば、それほど難しくはないので、少しずつ理解を深めていきましょう。

「集客」機能

「集客」機能では、ユーザーがサイトに流入した経路がわかります。具体的には、検索流入なのか、SNSからの流入なのか、といったことです。
[集客]→[すべてのトラフィック]→[チャネル]と進むと確認できます。
基本的なこととして、Organic Search(検索流入)、Direct(直接URL、ブックマーク)、Referral(他サイトのリンク)、Social(SNS)、くらいは覚えておきましょう。
       

「ユーザー」機能

「ユーザー」機能では、サイトの訪問数やページビュー数がわかります。[ユーザー]→[概要]と進むと、確認することが可能です。
サイト運営初心者であれば、まずはサイト全体の訪問者数を確認することが、アクセス解析の第一歩となります。その後詳しく分析する際には、ページの訪問者数はサイト全体の訪問者数と比べてどうなのか、といったことも見ていくと良いでしょう。

「行動」機能

「行動」機能では、ユーザーのサイト内での行動がわかります。具体的には、ページのPV数やセッション数、ランディングページのセッション数などです。
[行動]→[サイトコンテンツ]→[すべてのページ]と進むと、サイト内の全てのページのPV数やセッション数を確認できます。また、[行動]→[サイトコンテンツ]→[ランディングページ]と進むと、ランディングページのデータを確認できます。
ランディングページとは、あなたのサイトにユーザーが流入したときの最初のページです。

「コンバージョン」機能

「コンバージョン」機能では、成約(CVR)率などに関するデータを確認できます。成約率とは、あなたのサイトを介して、商品購入などの成約に結び付いた割合のことです。
[コンバージョン]→[目標]→[概要]と進むと、成約率を確認できます。
成約率は、あなたがサイトを運営している目的に直接関わってくることで、最も大切なデータといっても良いでしょう。成約率を上げるためにはどうしたらいいのか、他のデータも総合的に活用して、改善を繰り返していくことが重要です。

有料版Googleアナリティクス360はどうなの?

Googleアナリティクスは、基本的に無料で使えるツールですが、有料版のGoogleアナリティクス360というツールも存在します。
ここでは、Googleアナリティクス360の無料版との違いや、どちらを使うべきかについて説明します。

無料版(スタンダード版)との違い

Googleアナリティクス360は、月額130万円~という、けっして少なくない金額がかかります。
主な違いは2点で、1つは、緊急時の時間外対応や導入設定のサポート、教育トレーニングなどの手厚いサポートが受けられるということです。
もう1つは、月間ヒット数の上限が1000万→10億、データ処理がサンプリングデータ→非サンプリングデータと、機能制限が緩和されているということです。

結局どっちを使うべき?

結論からいうと、Googleアナリティクスは、スタンダード版で十分機能します。
無料版のヒット数の上限である1000万ヒットは、一般的なサイトで超えてしまうことは、ほとんどありません。また、Googleアナリティクスの活用法などについては、本やWEBサイトの情報で事足ります。
月額130万円というコストを考えると、一般のサイト運営者が有料版を使うメリットは、薄いといえるでしょう。

5段落目:(H2)上級者はGoogle アナリティクス個人認定資格の取得がおすすめ
Googleアナリティクスに使い慣れた上級者には、Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)の取得がおすすめです。

資格を取得するメリット

簡単にいってしまえば、Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)を持っていると、あなたがスキルを持っているという証明になります。
具体的には、顧客対して実績として提示できたり、転職や就職で活用できたりします。
在宅で受けられるほか、受験料はかからないので、Googleアナリティクスを日常的に活用していて、使いこなしているという方は、一度受けてみても良いかもしれません。

まとめ

今回は、初心者でもわかるGoogle Analyticsの使い方や特徴を紹介しました。
アクセス解析ツールとしてGoogleが無料で提供しているGoogleアナリティクスは、無料のツールとしてはかなりかなり優秀です。Googleアナリティクスを使って現状分析をすることはSEO対策において不可欠といえます。
認定資格を取得すれば知識を深めることができる上、上級者としての証明になるので、こちらも考えてみるのがいいでしょう。
Google Analyticsを使いこなして、あなたのサイト運営に、ぜひ役立ててください。

最短2週間で良質なコンテンツをご提供します!