SEO

Google検索エンジンの仕組みとサイトを上位表示させるポイントとは

Google_上位表示_仕組み

Googleの検索エンジンで上位表示させるためには、どのような対策を取ればいいのでしょうか。
また、サイトの順位が上がらず困っている場合、どのような方法を取れば解決できるのでしょうか。
このような問題の解決方法がわからず困っている方は多くいるようです。

そこで、今回はGoogleの検索結果で上位表示させる上で忘れてはいけない重要なポイントについてご紹介します。

Googleの理念「ユーザーファースト」

Googleが掲げている理念に「ユーザーファースト」というものがあります。
「ユーザーファースト」とは、ユーザー第一主義といい、ユーザーの目線に立ち、ユーザーにとって何が一番大事なのかを考えていくことをいいます。

Googleが提供するビジネスは、すべてこのユーザーファーストの理念に従い、提供されています。

たとえば、ユーザーがGoogleの検索を使ったとき、どのような情報が上位に表示されるのが検索したユーザーにとって一番有益なのかの視点に立ち、アルゴリズムを組むことがユーザーファーストとなります。

これを、ただ情報量が多いだけであるとか、リンク数が多いだけで上位表示させてしまうと、ユーザーが本当に求めている情報ではないこともあり、ユーザーファーストにはならないのです。

Googleは、提供するどのサービスにおいても、このユーザーファーストの理念に基づき設計しているのです。

そして、Googleの検索エンジンで上位表示させたいと思うのであれば、まずは、このGoogleの掲げる理念であるユーザーファーストを理解する必要があるのです。

Googleはユーザーファーストコンテンツを大切にしている

では、ユーザーファーストの視点に立ったとき、Googleは、検索結果の上位に表示されるコンテンツにどのようなものを求めているのでしょうか。

Googleは、ユーザーファーストの理念に従ってコンテンツを評価していますので、ユーザーファーストコンテンツこそが、評価が高くなるということになります。
では、ユーザーファーストなコンテンツとはどのようなコンテンツをいうのでしょうか。

ユーザーは何かの情報を求めて検索をしています。
ユーザーが知りたい情報が載っているコンテンツ、あるいはユーザーが抱えている問題を解決してくれる情報が掲載されているコンテンツこそが、ユーザーにとって有益な情報の載ったコンテンツということになります。

ユーザーにとって有益な情報があるコンテンツがGoogleにとって良質なコンテンツであり、上位表示したいコンテンツでもあるのです。
そしてそのようなコンテンツを作ることでGoogleからの評価も高くなっていくのです。

Google検索順位の仕組みについて

Googleが検索順位を決定する段階には、3つの順番があります。
その3つの工程を経てGoogleの検索順位が決定されていくのです。
では、その3つの段階をみてみましょう。

 

サイトを巡回、監査するクローラー

インターネット上には、クローラーと呼ばれるロボットがあらゆるサイトを巡回しています。
クローラーとは、検索エンジンロボットのことで、インターネット上にあるあらゆるサイトや情報、ページを集めようとしています。

このクローラーに発見されることで、あなたのサイトも検索エンジンにひっかり、検索結果からたどりつくことができるようになるのです。

ですので、サイトをインターネット上にアップしたならば、まず行うことは、クローラーに発見されるような施策を取るということになります。

サイト情報を整理、保管するインデックス

インデックスとは、クローラーが集めてきた情報をGoogleのデーターベースに登録することをいいます。

この登録する際に、サイトの中の情報が、後に検索されたときにすぐに処理しやすいように整理されます。このことをインデックス化と呼びます。

情報をインデックス化して保管しておくことで、大量にある情報の中から、検索されたときにどの情報が適しているのかを瞬時に判断できるようになるのです。

サイト制作者としては、検索エンジン対策としてサイト内の情報をインデックス化しやすくコーディングしておくということも重要なポイントになるのです。

 

情報を元に順位を決定するランキング

ランキングとは、あるキーワードで検索されたときに、そのキーワードに適切な情報が載っているサイトを、あらゆる要素から総合的に分析判断し、順位を決めることをいいます。

もちろんどのような要素が順位に関わってくるかは、完全にGoogle側が決めています。
ただ、Googleの理念はあくまでもユーザーファーストであり、検索したユーザーにとって有益である情報が掲載されたサイトほど順位を上にするようにしているはずです。

サイト制作者としては、検索したユーザーが求めている情報を掲載することでGoogleから評価もされランキングも上位になっていくのです。

Googleのルール「アルゴリズム」とは

検索上位対策を行う上で、知っておかなければいけないものとして、Googleのルール「アルゴリズム」があります。
では、「アルゴリズム」とは何なのか、どのような対策が必要なのかを説明します。

アルゴリズムとは

アルゴリズムとは、Googleが検索結果の表示順位を決定するルールのことをいいます。
Googleは、様々な要素から検索結果に表示されるサイトを評価し、その順位付けを行います。
このサイトを評価する基準やルールをアルゴリズムというのです。

アルゴリズムは、もちろんユーザーファーストの理念に従いルール作りが行われていますし、日々アップデートもされています。

どのようなサイトがユーザーにとって有益なのかを、ユーザーファーストの視点に立ってルール決めし、ユーザーにとって良質なコンテンツほど評価が高くなるように設計されているのです。

 

大型アップデート①パンダアップデート

アルゴリズムは、表示順位を決めるルールですので、日々アップデートされています。
ですが、日々のアップデート以外にも、大型アップデートが行われることもあります。

大型アップデートが行われるとそれまで通用していたルールが大きく変更されてしまうため、上位表示されていたサイトの検索順位が一気に下降したという例も多くあります。

そんな大型アップデートの一つがパンダアップデートです。
パンダアップデートは、2011年2月から実施された大型アップデートで、2013年3月までの2年間で約30回更新されています。

パンダアップデートは、良質なコンテンツを高く評価するアルゴリズムで、コピーサイトや情報の質が低いサイトを低く評価するルールに更新されました。
また、コンテンツのオリジナリティーも重要視されるようになったのが特徴です。

大型アップデート②ペンギンアップデート

次の大型アップデートは、ペンギンアップデートです。
ペンギンアップデートは、2012年4月から実施され、2016年9月までの約4年半の間に計7回更新されています。

ペンギンアップデートは、それまで評価の対象となっていた「被リンク」について、評価の基準が変わったアップデートです。

それまでは、ただやみくもに被リンクを集めることで検索順位を上げていたサイトも多くあったのですが、むやみに被リンクだけを集めても通用しなくなったのが、ペンギンアップデートなのです。

 

大型アップデート③モバイルフレンドリーアップデート

モバイルフレンドリーアップデートは、2015年4月から行われているアップデートです。
モバイルフレンドリーアップデートは、サイトがモバイル対応されていたりモバイルに対して最適化されていたりすることが評価につながるアップデートです。

スマートフォンが普及したことで、多くのユーザーはスマートフォンから検索を行うようになりました。

ユーザーファーストの視点に立つと、きちんとモバイルに最適化できているサイトこそ評価が高くなるのは必然の流れなのです。

 

Googleで上位表示させるためのポイント

さて、Googleの仕組みやアルゴリズムのルールを見てきました。
Googleの仕組みやルールを理解することで、どのような対策をしていけば検索順位を上げることができるのかも見えてきます。
では、検索上位にランクインさせるための方法や重要なポイントについて見ていきましょう。

 

ページテーマになるキーワードを選定

まず、そのページのテーマを一つに決める必要があります。
たくさんのテーマがあると、ページの情報が分散してしまいます。
そのテーマを決めるためにキーワード選定を行います。

ユーザーがキーワードで検索を行ったとき、ユーザーはあくまでもそのキーワードに関連する情報を欲しています。
あるキーワードで検索したときに、ユーザーが欲しい情報が適切に入っているサイトほどユーザーの滞在時間は長くなり、サイトの評価も高まります。

ですので、まず一つのキーワードを選定し、そのキーワードに関連性のある適切なテーマを決めます。
そして、そのテーマに基づきコンテンツページを作成していきます。

キーワードの選定は、検索数の多寡などによって選んでいきますが、競合サイトの要素も重要です。
非常に強い競合がいるキーワードは上位表示を狙うのは難しいかもしれませんが、逆に競合サイトの少ないキーワードは検索数のボリューム自体が少ない可能性もあります。

どのキーワードを選定するかは、自社サイトのドメインの強さなどにもよりますので、総合的に判断する必要があります。

ユーザーの利便性が高いコンテンツを作る

キーワードとテーマが決まりましたら、テーマに基づきコンテンツを作ります。
そのとき、重要なポイントは、現在どのようなサイトが上位表示されているかを知ることです。

なぜなら、あるキーワードに対して、上位表示されているサイトというのは、Googleからそのキーワードに対して良質なコンテンツを提供しているサイトと判断されているからです。

まさにユーザーが求めている情報が上位表示されているサイトにはあるのです。
ですので、それらのサイトに載っている情報を理解し、ユーザーが求めている利便性の高いコンテンツを作成する必要があります。

ただし、当然ながら、上位サイトの内容を丸々コピーしてはいけません。
コピーサイトはアルゴリズムでの評価も低くなりますし、何より法に違反する行為です。
コピーするのではなく、上位表示されているサイトを参考にして、さらなる質の良いコンテンツを作成することが重要なのです。

被リンク獲得でサイトの信頼性を高める

被リンク獲得もサイト順位に影響する重要な要素となります。
ペンギンアップデートでは、被リンクの評価基準が大きく変わりました。
ですので、被リンクは意味がなくなったと思われている方もおられるのですが、そうではありません。

被リンクも検索順位に影響する重要な要素です。
あるサイトからリンクをもらえるというのは、信頼の証しでもあります。
信頼があるからこそ、他のドメインからリンクしてもらえるのです。
ですので、サイト順位をあげるためには被リンクを獲得していくことも重要な要素になります。

ただし、これも裏技的に被リンクだけを集める行為を行っても意味がありません。
また裏技的な被リンク集めをすると逆に評価が低くなってしまいます。
良質なコンテンツを作り、適切にリンクを集めることで評価が高くなります。

良質なコンテンツがたくさんあれば、ページごとにリンクを集めることも可能となります。
ページごとにリンクが集まるとよりサイトの評価が高まるのです。

また、ページごとに良質なコンテンツがあれば、SNSサービスなどを利用することでページごとに被リンクも獲得できるようになります。
そうすることでさらにサイトの評価が高まっていきます。

 

確実にインデックスされるサイト構成にする

良質なコンテンツを豊富に持つサイトが制作できた。でも、クローラーにインデックスされなければ、検索順位は上がってきません。
クローラーにきちんとインデックスされるためには、クローラビリティを高める必要があります。

クローラビリティとは、いかにクローラーが巡回しやすいサイト構成になっているかというものです。

サイトは、内部リンクといって、サイトの内部にたくさんのリンクが張ってあり、各ページに移動できる仕組みになっています。
その内部リンクが適切に配置されていないと、クローラビリティの悪いサイトと判断されてしまいます。

また、外部からの被リンクもページごとに獲得していくことで、新しくつくったページも検索エンジンにインデックスされやすくなります。
クローラビリティを高めるサイト構成にすることで、よりインデックスされやすくなり、検索順位も上位に行くサイトになることができるのです。

また、サイトがノーインデックス設定になっていないかなど、クローラーにインデックスされるように設定している必要もあります。

それでも順位が上がらない時に確認すべきポイント

さて、上記のような対策をさんざんやってきたけれど、それでも検索順位があがらない場合があります。
そのようなとき、何をすべきなのでしょうか。
もう一度サイトを確認して見直すべきポイントを解説します。

 

1つの記事にキーワードを盛り込み過ぎている

1つの記事にたくさんのキーワードが盛り込まれていると、あるキーワードから見ると関連性の低いページと判断されてしまうことがあります。
また、コンテンツで伝えたいテーマは1つに絞るべきです。

たくさんの情報があれば、情報は分散してしまいます。
Googleの検索順位の話をしているのに、Googleの他のサービスの話が入ってきてしまうと、それだけ情報が薄くなってしまいます。

記事作成では、一つのキーワードに一つのテーマと意識しましょう。

 

キーワードの検索意図を汲み取れていない

ユーザーがあるキーワードで検索するとき、何かの情報が欲しいと思っています。
そして、その欲しい情報が載っているサイトほど上位に表示されます。
キーワードに対し、この欲しい情報が載っていないと検索順位は低くなります。

キーワードを選定しコンテンツを作る際にこのユーザーの検索意図が汲み取れていないと検索順位は上がってきません。

検索順位が上位になっているサイトはその意図が汲み取れているから上位になっているのです。
上位のサイトを参考にきちんとユーザーの検索意図にあったコンテンツを作成するようにしましょう。

 

アップした記事がノーインデックスになっている

ノーインデックスとは、わざとクローラーにインデックスされないようにあらかじめ設定しておくことをいいます。
たとえば、サイトの編集中で検索結果に表示させたくないなどの理由がある場合に利用されるものです。

このノーインデックスの設定がされていると、もちろんクローラーはそのページをインデックスしません。
ですので、自社サイトがノーインデックスの設定になっていないか、また新たにアップした記事がノーインデックスの設定になっていないかは、きちんと確認しておく必要があります。

また、ワードプレスを利用している場合、誤ってノーインデックス設定にしてしまっていることがよくあります。
ワードプレスを利用している場合もきちんと設定を確認しておくようにしましょう。

 

上位表示にかかる期間はどのくらいか

さて、では実際にページをアップしてからどれぐらいの期間で上位表示されるものなのでしょうか。
ここでは、弊社のサイトが実際に上位表示された事例を見てみます。

計測方法は次のような形で設定しました。

  • GRC(検索順位チェックツール)にて、自社内の記事の検索順位動向を調査しました。
  • どちらの記事もUP後に修正はしていないので、自然な順位動向の計測となっています。
  • キーワードは、「観光 コンテンツマーケティング」https://webss.jp/seo-sightseeing/と「SEO キーワード 決め方」
    https://webss.jp/seo-keyword/の2記事を計測

では、それぞれの順位変動です。

観光 コンテンツマーケティング」の記事

  •  7/30に記事UP、翌日の7/31に85位の順位がつきました。
  • 数日後の8/6に15位に上昇、それから15位周辺を上がり下がりします。
  •  UPから約2ヶ月後の10/9に1位表示されました。

この記事では、順位付けに1日、順位上昇に数日、上位表示に2ヶ月かかりました。

SEO キーワード 決め方」の記事

  • 7/30に記事UP、初日7/30から8位の順位がつきました。
  • 翌日から順位低下、11/12まで14〜15位をさまよいます。
  • 11/14に7位に上位表示されました。

この記事では、即日に上位の順位がつき、3ヶ月半後にまた順位が復活します。

これらの計測結果を見てみますと、上位表示にかかる時間に特に決まりはないように感じますが、安定して上位表示されるのにかかる期間は、2〜3ヶ月程度が目安となるのではないでしょうか。

まとめ

Googleの検索エンジンで上位表示を目指すためには、Googleが掲げる理念であるユーザーファーストを理解しておくことが重要になります。

上位表示を目指すためには個別具体的な施策は様々あり、それらの施策を施すことももちろん必要なのですが、ユーザーファーストの視点を考慮し対策に取り組むことが最も効果的になるのです。

上位表示されるまでの期間やどれぐらいのアクセス数が見込めるかはコンテンツの質によって左右されますので、まずは、ユーザーファーストの視点に立ち、ユーザーの利便性を向上するコンテンツを提供するということを第一にしてSEO対策をする必要があります。

もし、SEO対策をお考えなら、SEO対策の専門家である弊社にいつでもお気軽にご相談してください。

最短2週間で良質なコンテンツをご提供します!
SEO 無料分析