SEO

【ご紹介】ホームページの集客で効果が出る8つの方法

ホームページ集客効果

「ホームページの集客にはどれくらいの効果があるのか」

「そもそもホームページで集客するメリットはあるのだろうか?」

このような疑問に抱えている方は、多いのではないでしょうか。

こうした疑問を踏まえ、ホームページにおける集客を向上させるための方法や、施策に対する悩みや疑問への解決策を本記事でご紹介していきます。

ホームページ集客の効果はどれくらいあるのか?

ホームページ集客を行うことで、より大きな成果に期待できます。

実際に、ホームページで集客を行った結果が以下の通り。

ホームページの効果の例

最初は流入が全くありませんでしたが、徐々に流入数が増えてきます。

そして、この流入数を増やすおすすめの施策がSEOです。SEOを行うことでGoogleから評価され、上位表示されやすくなります。

このように、ホームページ集客を行うことで、想像している以上の効果に期待できます。

ホームページの集客効果は以下のとおりです。

  1. 検索流入数が増える
  2. 認知されやすくなる
  3. コスパが高い

ホームページ集客で効果が出ない時に考えられる6つの原因

本項目では、ホームページの集客で効果が出ない際のよくある原因とその対処法について、ご紹介していきます。

今回、ご紹介する原因は以下の6つです。

  1. 予算がない
  2. コンテンツ量が少ない
  3. ペルソナが明確でない
  4. アクセス解析をしてない
  5. サイトデザインが見づらい
  6. 目標があやふやになっている

効果出ない原因①:ホームページを運用するための予算が足りない

1つ目に考えられる原因は、ホームページを運用するための予算が足りないことです。

ホームページを運用するためには、サイトの管理費や人件費などのある程度の費用が必要となってきます。

例えば、時給2000円で従業員をフルタイムで雇うとなると、約20万円前後の人件費がかかります。通常、こうしたスタッフは複数人必要であるため、20万円以上かかるのは避けられません。

こうした際の対策法としては、外注することがオススメです。外注をすることで人件費よりも安価かつ結果にも期待ができます。

効果出ない原因②:ホームページ内のコンテンツ量が少ない

2つ目の原因は、コンテンツ量が少ないことです。

SEOではコンテンツの質と量、新鮮さは必要不可欠の要素になります。そのため、ホームページ内のコンテンツが少ない場合、よい効果には期待ができません。

コンテンツの質を上げる方法は以下の通りです。

  1. SEOの知識を自力であげる
  2. 制作会社に頼んで、質の良いコンテンツ量を増やす

効果出ない原因③:ペルソナがハッキリしていない

3つ目の原因は、ペルソナがハッキリしていない場合があります。

ペルソナはホームページの方向性を決める重要な項目です。そのため、ペルソナの設定があやふやになっているとホームページの方向性にブレが出てきます。

ペルソナを設定する方法は、以下の項目を具体的にしていくことで徐々に見えてきます。

  1. 誰に読んでほしいか
  2. いつ読んでほしいか
  3. どこで読んでほしいか

効果出ない原因④:ホームページのアクセス解析をしてない

ホームページのアクセス解析をしていないことも、効果が上がらない原因の1つとなります。

「コンテンツを出せば見てくれる」ということはほとんどないため、実際にコンテンツを出した際には、そのページのアクセス解析もすることが大切です。

アクセス解析ができるツールとしては、Google Analyticsが有効です。

効果出ない原因⑤:サイトデザインが見づらい

5つ目の原因として、サイトデザインがよくないことが挙げることができます。

デザインは綺麗に飾るだけではなく、「ユーザーがほしい情報がここにはある」ということを示すことが一番重要です。

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

というGoogleの言葉にもあるように、デザインが優れていないことは、ユーザーの悩みを解決できないことにも繋がります。

サイトデザインをよくする方法としては、ユーザー目線になって文章の構成をしたい、サイドバーを設置することが一番効果的です。

効果出ない原因⑥:ホームページを通じての目標が明確でない

6つ目は、目標が明確になっていないことが挙げられます。

こうした目標(=ゴール)を設定することで、コンテンツ制作の方法も変わってきます。

よくあるホームページを運用する目的は以下の通り。

  1. サービスを認知してもらうため
  2. お問い合わせを増やすため

ホームページの集客で効果を出すための8つの方法

本項目では、ホームページ集客の効果を上げるためにできることをご紹介してきます。

今回、ご紹介する効果をあげるための具体的な施策は8つです。

  1. 予算を確保する
  2. 問い合わせが多いホームページを参考にする
  3. ペルソナを明確にする
  4. アクセス解析をする
  5. ホームページのデザインを整える
  6. ゴールを設定する
  7. ホームページへ誘導する記事を作成する
  8. SEOを行う

ホームページにかける予算を増やす

1つ目の施策はホームページにかける予算を増やすことです。

通常SEOの効果はすぐには出ないため、リスティング広告などを利用してサービスの認知を上げる必要があります。

リスティング広告などは、SEOに比べて、かなり予算がかかってきます。予算がある会社ならば、月に数十万から数百万。場合によっては、数千万円を使う企業もあります。

もちろん制作会社に頼む場合も、数十万円ほどの制作費を確保する必要があります。

ちなみに、リスティングはかなりの費用がかかってしまいますが、特定のKWを上位表示させたい場合には、成果報酬型もオススメです。

関連記事:【要確認】成果報酬型SEOとは?

実績のあるホームページを参考にする

2つ目の施策としては、実績のあるホームページを参考にすることです。

予算がない場合は、社内で対策する必要があります。しかし、SEOは闇雲にやってしまうと逆効果になりやすいです。

実績のあるページを探す方法は以下の方法が考えられます。

  • 業界名で検索する(ex. SEO)
  • SNSで業界に精通している人を探して、自社のホームページと参照する

ペルソナを明確にする

3つ目の施策は、ペルソナを見直すことです。

ペルソナを設定することで、「どんな人がいつ、どのような情報を欲しがっているか?」ということが把握できるようになります。

一見、味気ないように見えますが、このペルソナを決めることでホームページの集客効果はグッと上がります。

ホームページのアクセス解析をする

ホームページの効果を上げるためには、アクセス分析も欠かせません。

使うツールとしては、Google Analyticsがメインになることが多いです。

アクセス解析をする際に、見る項目は「流入元」「CVR」などが代表的です。

Google Analyticsを利用することで、上記のように視覚的にサイトの状況を把握することができます。

他にも、以下のようにサイトの流入元を知れる機能もあります。

サイトの流入元

このように、アクセス解析をすることで、運営サイトの強みや弱みを具体的に把握することができます。

ホームページのデザインを整える

5つ目の施策はホームページのデザインを整えることです。

ホームページのデザインは綺麗に整ったサイトであることも重要ですが、それ以上に大事なこともあります。

具体的に記すと下記のような施策が重要です。

ホームページを通じてのゴールを設定する

6つ目の施策として、ホームページ通じてのゴール設定することも大切です。

ゴールの設定は、運用しているサイトによって違いがあります。

メディアを通して考えられるゴールは下記のようなものが考えられます。

  • お問い合わせ数
  • 資料ダウンロード数

CVRに関しては、「ホーム」>「コンバージョン」>「概要」で確認することができます。

コンバージョンをクリックする コンバージョンをクリック コンバージョンの中の概要をクリック

訴求ページへ誘導する記事を作成する

7つ目の施策は、訴求ページへ誘導する記事を作成することです。

ホームページではLP(ランディングページ)を作成することが多いですが、LPへ誘導する記事を作成することも必要です。

通常、LPはSEO対策がされていないことが多いため、SEO対策を行なった記事を作成することが必要となってきます。

ホームページ全体のSEOを行う

ホームページのデザイン、文章力だけでは思ったような成果を出すことは難しく、SEOも必ず取り入れなければならなりません。

上位表示されないと存在にさえ気付いてもらえず、ホームページを開設しても意味がありません。

「SEOに関する知識がない…」という場合には、制作会社に外注することを視野に入れてみることも選択肢の1つです。

120日間でSEOの成果を実感できるS-fleageに相談してみる

最短2週間で良質なコンテンツをご提供します!