SEOとは

ホームページ集客はどれくらいの効果があるのか?

ホームページ_集客_効果

「ホームページの集客にはどれくらいの効果があるのか」

「そもそもホームページで集客するメリットはあるのだろうか?」

このような疑問に抱えている方は、多いのではないでしょうか。

こうした疑問を踏まえ、ホームページ集客を向上させるための方法や対策などの悩みや疑問への解決策を、本記事でご紹介していきます。

ホームページ集客で効果が出ないよくある原因

本項目では、ホームページ集客で効果が出ない際のよくある原因とその対処法について、ご紹介していきます。

予算がない

ホームページを運営する予算がなく自分で試行錯誤をして作っているというケースもあり、SEOの知識が無いと上位に上げることができず、失敗に終わってしまいます。

あらかじめ具体的に必要な予算の目安を立て、外注するなどして対策を行いましょう。

コンテンツ量が少ない

ユーザーが知りたい情報について検索をかけ商品やサービスの説明を閲覧します。ホームページの中に少ししかコンテンツがなければサイトを離れてしまいます。

商品や情報の魅力を伝えるために、コンテンツ量は多ければ多い程、伝わる頻度も増え、Googleの評価を上げることが出来ます。

実際にコンテンツの量が多い程、Googleの評価も高く信頼性もあります。

ペルソナが明確でない

ペルソナが設定されてないことも集客が伸びない原因の1つです。

ペルソナが設定されてないと、コンテンツの内容が分からず、曖昧な内容のホームページになってしまいます。

コンテンツの内容が不十分だと、ユーザーは納得しないため、購買意欲を削がれてしまいます。

アクセス解析をしてない

次によくある原因として、アクセス分析をしていないことが挙げられます。

「どういった人が、どれだけアクセスしているのか?」を分析することで、サイトの強い部分と弱い部分がハッキリします。

サイトの強みと弱みを知ることで、具体的な対策法を建てることができます。

Google Analyticsなどのアクセス分析ツールを取り入れ、分析し、対策を打てること必要です。

サイトデザインがよくない

サイトデザインもユーザーの離脱率を下げるために必要なことです。

「コンテンツ内容が良ければ、サイトのデザインは重視しなくてもいい」と思われがちですが、見て分かりやすいホームページのデザインであることは重要です。

見やすい記事は、ユーザービリティの高いサイトであるため、ユーザーが見てくれるだけではなく、Googleにも評価してもらうことができます。

サイト運営では、デザインとコンテンツの質、この両方が備わっていて初めていいホームページと言えます。

目標があやふやになっている

最後に考えられる原因として、目標があやふやになっていることが挙げられます。

ホームページを作成する際、最終的な目標を決めておかないとコンテンツの内容があやふやになり、信頼性の低いホームページになる可能性が高いです。

ホームページ集客の効果を上げるためにできること

本項目では、ホームページ集客の効果を上げるためにできることをご紹介してきます。

予算を確保する

集客力を上げるためには、予算を確保することが大切です。

SEO対策の効果はすぐには出ないため、リスティング広告などを利用してサービスの認知を上げる必要があります。

リスティング広告などは、SEO対策に比べて、かなり予算がかかってきます。予算がある会社ならば、月に数十万から数百万。場合によっては、数千万円を使う企業もあります。

もちろん、制作会社に頼む場合も、数十万円ほどの制作費を確保する必要があります。しかし、制作する会社によって金額も変わってくるので下調べが大切になってきます。

特定のKwを上位表示させたい場合には、成果報酬型もオススメです。

関連記事:【要確認】成果報酬型SEOの危険性を徹底解説!

問い合わせが多いホームページを参考にする

問い合わせが多いホームページや、ライバル会社を参考にすることも大切です。

こうした結果を出しているメディアを参考にしながら、作成することで、ユーザーが求めている情報を把握することができます。

ユーザーの欲しがっている情報を提供することで、ユーザーは信頼してくれるようになり、結果的に問い合わせの多いホームページを作成することができます。

ペルソナを明確にする

集客力を上げるためには、ペルソナを明確にすることも大切です。

ペルソナを明確にすることで、ユーザーが求めている情報を、直接アプローチすることができます。

ペルソナを決める際には、住まいや性別、年齢などを具体的にすることで、ユーザーの悩みを知ることができます。

ユーザーの悩みを知ることで、ユーザービリティの高い対策案を提供できるようになります。

アクセス解析をする

アクセス分析をすることも大切です。

実際のアクセス数を分析することで、どういった対策をとるべきか、どういった集客のための施策を打つべきか明確になります。

Google Analyticsなどを利用し、ホームページのアクセス数やどのコンテンツに興味示しているかを分析し、施策を打つことで集客力は上がってきます。

ホームページのデザインを整える

ユーザーがホームページを訪れた時にまず目にするのはデザインであるため、整えておくことが欠かせません。

見た目がスッキリしている、かつ分かりやすいホームページだとユーザーも情報が頭に入っていきやすくなります。

ライティングとデザインのどちらも整えてることが大切です。

ゴールを設定する

目標を立てずにホームページを運営してしまうとあやふやな内容になってしまうため、ゴールを設定することも大切です。

サイト運営を「何のために行うのか?」ということを突き詰めることで、次第にゴールを設定することができます。

ゴールがハッキリすることで、コンテンツの質はもちろん、集客力もついてきます。

ホームページへ誘導する記事を作成する

ホームページに誘導する記事をいくつか作成し、「問い合わせてみたい」と思わせられるような記事を作ることでスムーズに購買に繋げることが出来ます。

ユーザーがアクションを起こすのは、十分な情報が得られた後です。納得してもらえる記事を用意しておくことが大切になってきます。

SEO対策を行う

ホームページのデザイン、文章力だけでは思ったような成果を出すことは難しく、SEO対策も必ず取り入れなければならなりません。

上位表示されないと存在にさえ気付いてもらえず、ホームページを開設しても意味がありません。

「SEOに関する知識がない…」という場合には、制作会社に外注することを視野に入れてみることも選択肢の1つです。

120日間でSEO対策の成果を実感できるS-fleageに相談してみる

最短2週間で良質なコンテンツをご提供します!
コンテンツ_マーケティング
最新記事