SEOとは

SEOで検索順位を上げるためには何が必要なのか?

SEO検索順位_上げるために_必要なこと

今回のテーマは「SEOで上位検索を取るために必要なこと」についてです。

SEO対策をしていると、「SEOで検索順位を上げるために必要なことを知りたい」もしくは「実際にSEO対策で使える施策を知りたい」。

このように思っている方は多いのではないでしょうか。

本記事では、このような悩みや疑問への解決方法をご紹介していきます。SEO対策で上位表示を目指している方の参考になれば、幸いです。

SEO対策の基本的な知識

本項目では、SEO対策を行う際に、必要な知識についてご紹介していきます。

今回、ご紹介するSEOの知識は、以下の2点です。

  1. SEO対策の種類
  2. クリック率はSEO順位に大きな影響を及ぼすこと

SEOの種類

SEOには2種類あり、内部施策外部施策が存在します。

内部施策はWebサイト内でコンテンツの導入や対策キーワードを盛り込むなどの方法です。

外部施策はWeb以外で行う対策でソーシャルメディアなどを利用し外部からの評価を高めて誘導していくという方法になります。

こうした施策をする一番の理由は、ユーザーに見てもらいやすくするためです。

実際に、Googleが掲げている10箇条の1つに、『「すばらしい」では足りない』という文言があるように、SEO対策で最も大切なことは、良質なコンテンツを発信していくことです。

良いコンテンツを作成する方法として、有名な施策が、上記で紹介した内部施策外部施策と言われています。

SEOの順位でクリック率が大きく変える

検索順位が上がれば上がるほど、クリック率も上がっていきます。

しかし、SEO対策をきちんと取り入れないと、1ページ目に記載されることは難しくなり、サイト自体見付けてもらえずクリック数も上がりません。

実際に、ユーザーは検索をかけた時、広告を除いた上位サイトをクリックすることが多いです。

そのため、SEO対策をしっかり行えば、順位が次第に上がり、クリック数は大幅に変わります。

クリック率が上がることで、PV数が増加するだけではなく、CVも上がります。CVが上がると当然、成果に繋がりやすくなるため、売上にも良い影響を及ぼします。

SEOで順位が変動する理由

本項目では、SEO対策をしている際に、順位が変わってしまう理由と実際に今から行える対策法についてご紹介していきます。

SEO対策でよくある「順位が変動するのはどうしてなのか…?」や「対策キーワードを盛り込んでユーザーのニーズに応えた情報なのに順位が変わってしまうのは何故なのか…?」といった疑問を解決することができます。

SEOで順位を上げるコツ

検索順位を上げるオススメの方法は、上位サイトを分析にすることです。

検索順位が上位になっているサイトは、すでにGoogleから評価されています。

そして、評価されている上位サイトを参考にすることによって、ユーザーの求めている悩みを正確に把握することができ、結果的に良質なコンテンツを作る道筋が見えてきます。

具体的な方法としては、「どのような悩みを抱えているのか?」「どのような情報を求めているのか?」ということに注意しながら、分析することで徐々にヒントが見えてきます。

グーグルが記しているSEO対策を行う

SEO対策で重要なことは、Googleが大切にしているユーザー目線のコンテンツ(ユーザーファースト)であることです。

「ユーザーファースト」とは、ユーザーの検索ニーズに応えたコンテンツを作ったり、サイトスピードを重視したり、モバイルフレンドリーになっているなどです。

ユーザーファースト」は、Googleが掲げる企業概念として掲げている一部に過ぎません。

SEO対策では、こうしたGoogleが掲げる施策を知り、試すことで、自然とサイトの順位は上がっていきます。

参考記事:Googleが掲げる10の事実

ターゲットとKWを明確にする

SEO対策では、ターゲットとKWを明確にしておくことが必須です。

ターゲットとKWを明確にすることで、Googleが求めるコンテンツを作ることができます。

作りたい記事のターゲットを絞り、ターゲットの検索ニーズに合ったキーワードを選定することで、ユーザーが求めている記事ができるようになります。

逆に、ターゲットとKWを明確にしていないと、せっかくコンテンツを作ったにも関わらず、読んでほしいユーザーに届かない事になってしまいます。

ターゲットとKWを明確にすることで、検索上位を狙えコンテンツになります。

SEOで順位が上がらない時の4つの対策法

本項目では、検索順位が上がらない際の対策方法をご紹介していきます。

実際に今からでもできる対策方法ですので、ぜひ参考にしてみてください。今回、ご紹介する施策は以下のものになります。

  1. 検索意図の再分析
  2. リライト
  3. 新鮮なコンテンツを入れる
  4. 制作会社に問い合わせて改善策を知る

検索意図を再分析する

1つ目は、検索意図を再分析することです。

検索意図を再分析する理由としては、ユーザーの知りたい情報が常に変動しているためです。ユーザーのニーズが変わっているのに、コンテンツは昔のままでは、評価されにくくなります。

自身で作ったコンテンツのキーワードを再検索し、サジェストワードや関連ワードなども含めて、コンテンツ内容がズレていないか確認してみることも大切です。

記事のリライト

2つ目の方法は、リライトです。

順位が上がらない場合は、作成した記事の内容が検索意図とズレてしまっている可能性があります。

検索意図とズレた記事は評価されないので、もう一度検索意図を見直し、記事のリライトすることで、検索順位を上げることができます。

新しいコンテンツを入れる

次の施策は、新しいコンテンツを入れることです。

新鮮なコンテンツはSEO的にも、プラスの効果があります。

技術の進歩が速い現代では、できるだけ新鮮な情報を発信することで、ユーザーにもタイムリーな記事となります。

いくつかコンテンツを作って、満足するのではなく、常に新しい情報などを取り入れ記事化することで上位表示に繋がっていきます。

制作会社に問い合わせてみる

最後は制作会社に問い合わせてみることです。

制作会社の多くは、独自のSEO対策法を持っているため、「自社でできることは全てできたのに、検索順位が上がらない」という場合には、利用してみる価値はあります。

問い合わせるだけなら無料でできるところがほとんどです。制作会社に頼んで、新たな視点で対策を打ってみるのも、1つの方法になります。

制作会社に問い合わせてみる

ブラウザ上で利用できるSEO対策ツール

本項目では、ブラウザ上で使用できる、SEO対策のツールをご紹介していきます。

今回、ご紹介するツールは以下のものです。

  1. SEOチェキ
  2. 検索順位チェッカー
  3. SEOピッシュ
  4. ファンキーランキング
  5. ohotuku.jp「順位チェック 300」
  6. SERPOSCOPE

SEOチェキ

SEOチェキでは、自身のサイトの順位や、サイトの調査などを無料でできるツールです。

SEOチェキで確認できることは以下のことです。

  • 被リンク元チェック
  • 検索上位サイトチェック
  • HTTPヘッダ情報ツール

SEOチェキの公式サイト

検索順位チェッカー

検索順位チェッカーでは、パソコンだけでなく、スマートフォンなどのGoogleやYahooの検索順位を無料でチェックできるツールです。

パソコン版とモバイル版の両方があり、5つまでのキーワード同時に、調べることができます。

また、チェックしたものはCSV形式でダウンロードすることもできます。

検索順位チェッカーの公式サイト

SEOピッシュ

パソコンのみのツールですが、最大7つまで同時チェックキーワードを調べることが出来ます。

また、SEOピッシュでは、都道府県別でのSEO対策を行うことができます。

一見、SEO対策で都道府県なんて関係ないと思うかもしれません。しかし、ローカルSEO対策では、調べた地域ごとに少し順位に差があることがあります。

例えば、「SEO 京都」を東京で調べた場合と京都で調べた場合では、少し差が出てきます。

SEOピッシュを使えば、この差をフラットにしてくれる機能もついているので、便利なツールです。

SEOピッシュの公式サイト

ファンキーランキング

パソコンのみのツールですが、最大5つまで同時チェックキーワードを調べることが出来ます。

シンプルに順位が出てくるので、他の情報(推薦KWなど)はいらないという方にはおすすめのツールです。

ファンキーランキングの公式サイト

ohotuku.jp「順位チェック 300」

キーワードの検索順位を300位まで無料でチェック出来るツールです。

Google、Yahoo、Bingの300位まで順位検索ができ、順位履歴を残すことができます。

無料の範囲内では、使える場面は少ないですが、有料にすると順位検索以外のことも知ることができます。

ohotuku.jpの公式サイト

SERPOSCOPE

キーワードとサイトの検索順位を無限に無料でチェックすることが出来るツールです。

SERPOSCOPEの一番の特徴は、キーワード数、サイト数の検索順位無限にチェックができることです。

SERPOSCOPEの公式サイト

クラウド上で利用できるSEO対策ツール

本項目では、クラウド上で利用することができるSEO対策ツールをご紹介していきます。

今回、ご紹介するツールは以下のものです。

  1. 順位チェックツールBULL
  2. KEYWORD FINDER
  3. Gyro-n SEO
  4. SEOSELF

順位チェックツールBULL

順位チェックツールBULLでは、専用ソフトをインストールせずに、自動で検索順位をチェック出来るツールです。

パソコン版とモバイル版の両方があり、ローカルSEOの際に生じる順位の差も解消することができます。

順位チェックツールBULLの公式サイト

KEYWORD FINDER

KEYWORD FINDERでは、検索数、難易度、関連度をまとめて検索してくれるチェックツールです。

コンテンツ分析を始めとして、キーワードマップや競合サイトとの比較・分析をしてくれるツールです。

KEYWORD FINDERの公式サイト

Gyro-n SEO

Gyro-n SEOでは、検索順位チェックを始め、SEO担当者の作業を自動化した高機能のツールです。

Gyro-n SEOでは、順位チェックはもちろん、競合比較や内部対策管理などができるツールとなっています。

Gyro-n SEOの公式サイト

SEOSELF

SEOSELFでは、専用のソフトをインストールせずに自動で検索順位をチェック出来るツールです。

SEOSELFは、完全無料の順位チェックで、パソコン版とモバイル版の2つがあります。

また、SEOチェキと同期しているので、外部対策もできます。

SEOSELFの公式サイト

インストールして利用できるSEO対策ツール

本項目では、インストールして利用することができるSEO対策ツールをご紹介していきます。

今回、ご紹介するツールは以下のものです。

  1. GRC
  2. RankTracker

GRC

GRCは、SEOの専門家も愛用しているプロが認めるチェックツールで、順位調査チェックと検索エンジンチェックができます。

また、チェックしたものはCSV形式でダウンロードすることもできるので、資料作成等の際に便利なツールです。

SERPOSCOPEの公式サイト

RankTracker

RankTrackerでは、人間でいう病院のようなツールで、サイトの健康状態を調べることができます。

競合サイトとの比較、分析を始めとして、広告戦略やSNS施策などをしてくれます。

RankTrackerは、Windows以外にも、MacやLinuxでも使うことができるので、GRCが使えないという方にはおすすめのツールです。

RankTrackerの公式サイト

最短2週間で良質なコンテンツをご提供します!
コンテンツ_マーケティング
最新記事