SEO

SEOに特化した記事構成を詳しく解説します!

SEO記事

「サイトを立ち上げたけど全然見てもらえない…」

そういった悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。実際、サイト運営者の中には「集客を増やしたいけど、どうすればいいかわからない」といった悩みを抱えている人が多いです。

今回はサイト運営でお困りの人のために「SEOとはそもそも何なのか」と「良質なSEO記事を作る手順」を紹介していきます。

SEO記事とはそもそも何なのか?

SEO記事とは一言で言うと、Googleの検索結果で上位表示されるように対策が練られた記事のことを言います。

SEOに強い記事を書くにはGoogleがどのようなコンテンツを求めているのかということを理解する必要があります。

ユーザーの役に立つ情報を記載したブログ記事

SEO記事を作成する際に最も大切なことは、ユーザーの利便性を考慮することです。

それはGoogleが掲載している「Googleがあげる10の事実」の一番初めに記載されています。


1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

Googleは、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。
Google が掲げる 10 の事実より

ここで言われている利便性のあるコンテンツとは、わかりやすく、見やすく、使いやすい内容のことを表します。

そのため、まず記事を作成する際に、ユーザーに役立つ情報が書けているかということを念頭に置く必要があります。

SEO記事を作成する前にしておくべきこと

SEOに特化した良質な記事を作るためには記事を作成する前に、予め準備をしておく必要があります。ここからは具体的な準備方法について解説していきます。

取得ツールでキーワードを抽出する

SEO 記事を作成する際はまず始めに対策キーワードを決める必要があります。対策キーワードを決める際に役立つのが関連キーワード取得ツールです。

関連キーワード取得ツールは基本的に無料で使えるツールが多く、自分が知りたい関連キーワードの一覧を表示してくれます。

おすすめの無料ツールは「関連キーワード取得ツール」です。

「関連キーワード取得ツール」で自分が調べたいジャンルを打ち込むと、Googleのサジェストワードの一覧を全て表示してくれます。

検索ボリュームを把握しておく

関連キーワード取得ツールで関連キーワードを検索し終えた後は、検索ボリュームを調べましょう。

検索ボリュームとはこの関連キーワードに対してどれだけのお金が動いているかを調べることを表します。

検索ボリュームを調べる際に役立つのが「キーワードプランナー」です。

キーワードプランナーとはGoogleが提供する検索ボリュームを調べるためのツールで、1つのキーワードにどれだけのお金が動いているかということを調べることができます。

ターゲットを明確にしておく

キーワードを決めた後は、ターゲットを明確にしましょう。ターゲットを明確にすることによって、ユーザーがどのようなコンテンツを求めているのかということが理解できるようになります。

ターゲットを決める際によく使われるのが、まずペルソナを設定するということです。ペルソナとは、サービス・商品の典型的なユーザー像のことを表します。

ターゲットを設定することによって記事にも専門性が出てきます。そのため、記事を書く前に必ずペルソナを設定するようにしましょう。ペルソナを作る際に必要な情報は以下の通りです。


【ペルソナを作る際に必要な情報】

年齢・性別・居住地などの基本情報
職業社収入
人間関係(家族の有無)
趣味(インドア派、アウトドア派)

SEO記事を作成する際の注意点

SEO対策をして上位表示させようとすることは大切です。一方で、SEOではやってはいけない行為があり、その行為をしてしまうと上位表示されなくなることがあります。そのため、ここからはSEO記事を作成する際にやってはいけない3つの注意点を紹介していきます。

サジェストワード・関連ワードを無理矢理盛り込む

SEOを少し勉強した人なら「文中にサジェストワード・関連ワードをできるだけたくさん詰め込みましょう」というアドバイスを受けた人もいるかもしれません。

しかし、現在のGoogle検索エンジンではキーワードを無理やり詰め込んだような記事は、高く評価されなくなっているのでやめましょう。

同じ対策キーワードをたくさん入れる

本文中に対策キーワードを大量に詰め込むとGoogle検索エンジンから高く評価されなくなる可能性があります。以前SEOコンテンツでは対策キーワードを大量に詰め込み、上位表示されることが多々ありました。

しかし、現在のGoogle検索エンジンはアップデートされたので、無理やり対策キーワードを詰め込んでも上位表示されなくなっています。

文字数を多くする

「文章が長い=質の良い記事」とは限りません。

長文の記事はSEOで上位表示される可能性がありますが、ユーザーに最後まで読んでもらえない可能性があります。

長文の記事は途中でユーザーに飽きられてしまう確率が高く、ユーザーの離脱率が高くなる傾向にあるので注意が必要です。

さらに、ユーザーの離脱率が高いとGoogle検索エンジンからの評価も低くなり最終的には上位表示されなくなる可能性が高いです。

効果が出るSEO記事の書き方

SEO記事を作成する際は、ただ闇雲に記事を書いても上位表示される確率は低いです。そのため、ある程度SEOに関する知識を身につけておく必要があります。

記事タイトルをh1などで分かりやすく構成する

見出しとタイトルは検索エンジンに自分の記事がどういった内容なのかをアピールする役割を果たしています。

そのため、記事のタイトルや見出しを付ける際はh1・h2などのタグを使ってわかりやすく構成する必要があります。

【基本的なタグの種類】

  • <h1>〜</h1>―最も大きい見出し。記事タイトルに使われる設定になっているブログが多い。
  • <h2>〜</h2>―記事内の「大見出し」としてよく使われるタグ。
  • <h3>〜</h3>―記事内の「中見出し」としてよく使われるタグ。

 

論理的な記事構成を心がける

論理的な構成を作ることによって情報が整理されユーザーの読みやすい文章を作ることができます。

論理的な構成を作るポイントは文章をテーマごとにかたまりに分けることです。例えば以下のような構造が考えられます。

タイトルと見出しを付ける際はできるだけ、キーワードを入れるようにしましょう。

しかし、無理にキーワードを詰め込むと検索エンジンから評価されなくなるので注意しましょう。

alt属性を付ける

alt属性とは、HTMLのimg要素の1つで画像に設定するテキスト情報のことです。画像表示ができない場合に、画像の変わりに設定された記述内容が表示されます。画像がalt属性になっていない場合、検索エンジンはその画像がいったい何なのかが分かりません。

一方で、alt属性にしておくと検索エンジンでもその画像が一体何なのかという事が理解できるように設定されるので有利に働きます。

【alt属性の記述例】
×<img src=”cat.jpg” alt=””/>
<img src=”cat.jpg” alt=”あくびをしている三毛猫”/>

文字数をちょうどいい長さにする

冒頭でも話したようにSEO記事は長すぎても検索エンジンからの評価が低くなってしまいます。

では、文章のボリュームはどのくらいにすべきなのでしょうか。文章のボリュームを決める際に重要になってくるのが無駄な情報を詰め込まないということです。

そのため、SEO記事を作成する際はユーザーがそのテーマについて、他のページをもう読み漁る必要がなくなる程度の情報を盛り込めば問題ありません。

リンクを貼る

SEO記事を書いているとリンクを貼らなければいけない時がありますが、リンクにも正しい貼り方があります。

それが「アンカーテキスト」という方法です。

アンカーテキストとは、リンク先の記事タイトルと同じにする必要はなくテキスト内容を自由に決めることができます。例えば、「SEOに効果的なタイトルの文字数」というリンクがあります。

この時に使用したリンクは「https://webss.jp/seo-word-count-title/」です。一方で、クリックするボタンは「SEOに効果的なタイトルの文字数」という文になっています。この リンクを一部の文章や単語に埋め込むことをアンカーテキストと言います。

アンカーテキストを利用することによってリンク先のページがいったいどのような内容になっているのかということが一目でわかります。

SEO記事でやってはいけないこと

SEOコンテンツを作る際に上位表示を狙うことは大切ですが、検索エンジンから悪い評価を受けない対策をするのも同じく重要です。ここからは気づかないうちに検索エンジンから悪い評価を受けないように、SEO記事でやってはいけないことを紹介していきます。

コピーコンテンツを載せている

Googleの検索エンジンではサイトのオリジナリティが評価されるようになっています。そのため、Google検索エンジンは同じようなコンテンツがいくつも上位表示されることを避ける傾向にあります。

しかし、時には自分のコンテンツがコピーされることがあります。

自分のコンテンツがコピーされ、自分のサイトより上位表示されている場合は、削除要請、またはGoogleに対して著作権侵害に関する申し立てを行うよって対応してもらいましょう。

タイトルが同じ

タイトルが重複している場合、タイトル修正またはコンテンツを一つにまとめるようにしましょう。

同じタイトルのページが複数あると、ランクインページが頻繁に変わってしまうことがあります。

ランクインページが頻繁に変わってしまうと、順位低下の原因にもなるのでできるだけ早く修正するようにしましょう。

サイト内に同じコンテンツが重複している

自分のサイト内に同じコンテンツがいくつか存在すると、Google検索エンジンから正当な評価を受けれていないときがあります。

同じドメインの中でコンテンツがかぶっている場合は、できるだけユニークな内容になるように修正しましょう。

SEO記事のまとめ

SEOは様々なテクニックがあり覚えることも多いですが、最も大切なことはユーザーの利便性にこだわることです。

Google検索エンジンではこれからも様々なアップデートが行われることが予想されますが、ユーザーにとって利便性の高い記事は常に検索エンジンから高く評価されます。

そのため、SEO記事を作成する際は常にユーザーの意図を汲み取って記事を書くようにしましょう。

最短2週間で良質なコンテンツをご提供します!