SEO

SEO外部対策とは?外部対策を徹底攻略!

SEO外部対策のトップ画像

外部対策はペナルティになるから危ないとはよく聞くけど、外部からリンクをもらうことで、検索順位向上にいい影響があるしどうすればいいのかと悩まれる方も多いです。

しっかりと最新のSEOを理解することで、安全に自身を持ってSEOの外部対策を行えるように、改めてSEO外部対策について解説したいと思います。

SEOには外部対策と内部対策があり、今回は外部対策について詳しく解説いたします。

関連記事SEOの内部施策の具体的な施策とは?SEO解説

関連記事内部リンクの実験によって得られた最適な設置方法と効果を紹介!

SEO外部対策とは

SEO外部対策とは、サイトの外側からあなたのサイトの評価を高める施策です。

具体的には、外部である他のサイトなどから、自分のサイトにリンクを貼ってもらうことです。

つまり、外部リンクを獲得するための施策がSEO外部対策です。

外部リンクといっても外部発リンクと外部被リンクと使い分けられており、この2つは、意味合いが全く変わってしまうため、外部被リンクと外部発リンクについて解説します。

被リンクと呼ばれるものはおおむね外部被リンクとして使われていることが多いです。

外部発リンク
あなたのサイトやコンテンツ内に設置した、外部のサイトにアクセスできるURLこと。

外部被リンク
外部のサイト内に設置された、あなたのサイトやコンテンツにアクセスできるURLのこと。

あなたのサイトが多くの外部被リンクを獲得していることは、それだけあなたのサイトが、ユーザーから評価されている。信頼できるということを意味します。

そして、あなたのWEBサイトやコンテンツが多くの外部被リンクを得ているということは、Googleとしても多くの人から評価を受けているサイトやコンテンツとして考慮し、順位に影響を与えます。

Googleは外部発リンクと外部被リンクの量と質を確認し、あなたのサイトやコンテンツを評価しているのです。

つまりSEO外部対策とは、自分のサイトの評価を高めるために、他のサイトからの外部リンクを獲得するための施策のことです。

しかし、自分の他のサイトからリンクを貼りまくる、被リンクを集めるために被リンクを買うといった行為は、Googleにペナルティーを課せられることがあるのでやめましょう。

リンクの購入はペナルティの対象

上記にて少し触れたように、自演的な被リンクの獲得はGoogleからペナルティが課せられます。

ペナルティの対象となる被リンクは、以下のようなものです。

ペナルティとなる被リンクまとめ

  • 買って集めた被リンク
  • 被リンク目的のサイトへ登録して得た被リンク
  • サテライトサイトからの被リンク
  • 有害なスパムサイトからの被リンク
  • 不自然な被リンクの獲得

WEBサイトを運営する上で確認しておきたいGoogleのwebmasterにて発表されているため、これからもSEOを行う上で外部対策は注意しなければいけない施策といえます。Googleの公式ガイドラインのリンクプログラム

サテライトサイトとは、メインサイトにアクセスを集めるために立ち上げる、別のサイトのことです。

かつては、たくさんのサテライトサイトを立ち上げ、意図的に外部被リンクを大量獲得をする施策がSEO外部対策として機能しましたが、現在ではペナルティの対象となります。

実際、上のような質の低い被リンクを集めたページは、2012年にGoogleが行ったペンギンアップデートにより、検索順位が下がるようになりました。

1度ペナルティを受けて順位が下降すると、再び上位に戻すのは難しいです。

こういった不自然な外部リンクが意図せず貼られてしまうこともあるので、下記にて紹介するツールで、被リンクを確認することが大切です。

また、ライバルサイトの有料リンクもGoogleにリクエスト(通報)することができるため、自分がリンクの購入を行ったことを通報されるなんてことにもなりえます。

サーチコンソールにてリクエストができますので、下記URLからどうぞ。
サーチコンソールでリクエスト

効果的なSEO外部対策

ペナルティーを受けないように外部被リンクを獲得することは可能です。
ここでは、SEO外部対策を効果的に行うためのポイントについて紹介します。

コンテンツの質を高めて被リンクを獲得する

重要なのは、関連性の高い外部サイトから自然にリンクを張ってもらえるように、コンテンツの質を高めることです。

SEOの外部対策として効果のある具体的な被リンクは、以下のようなものです。

効果のある外部被リンク

  • 関連するページからのリンク
  • 良質なページからのリンク
  • 専門的で権威性高いサイトからのリンク

これらのページからリンクを集めるには、あなたのページの質が高く、有益である必要があります。
ページ自体の質が重要視されるのは、SEO内部対策と同じなので、自分の専門性を高め、ページを改善していきましょう。

外部被リンクを獲得するクリーンな施策

パートナー企業やサイト運営者にお願いしてリンクを貰う方法です。

ペナルティーが気になるとおもわれますが、ペナルティーを受けずに、確実に安全な外部リンクが獲得できるクリーンな施策として活用されています。

TwitterやFacebookなどのSNSで拡散を狙う

TwitterやFacebookなどのSNSで、拡散して広がればサイトに多くの流入数が見込めます。

ですが、TwitterやフェイスブックなどのSNSからの直接的な外部被リンクは全く効果はありません。

これは、nofollow(ノーフォロー)属性と言って、リンクによる効果は一切受けないというものです。

しかし、間接的なSEO効果は見込むことができます。

SNSをもとにコンテンツがシェアされることで、多くの人の目にとまります。

結果、あなたのコンテンツが評価される機会が増え、他のサイトから外部被リンクの獲得に繋がります。

あなたのコンテンツが拡散されるためには、コンテンツの質が高いことが前提です。

加えて、拡散されやすい切り口でページを作ることも大切になります。

ページを作る時点で、SNSでの拡散も視野に入れておくと良いでしょう。

外部リンクチェックツールを活用しよう

サイト外部のSEOの改善に役立つチェックツールを紹介します。

どのようなサイトやページから外部リンクを獲得できたか確認することで、どんなサイトや運営者から評価されたのかを確認することができます。

また、悪質なサイトからのリンクを見つけることができれば、早急に対処することもできます。

①hanasakigani.jp
hanasakigani.jpは、有名な被リンクチェックツールです。

あなたのサイトの被リンク数だけでなく、競合サイトの被リンク状況までチェックすることができます。

[マイサイトのURL]の検索窓に、調べたいページのURLを入れて検索することで、ページの被リンク数、被リンク元のページタイトルとURLが一覧で表示されます。

 

②Google Search Console
Google Search Consoleは、サイトを運営する上で必須のツールです。
Google Search Consoleでは、あなたのサイトのページの被リンク数と、リンク元を確認することができます。

Google Search Consoleを開き、下記の手順で確認ができます。

  1. リンク
  2. 外部リンク
  3. 上位のリンクされているページ
  4. 上位のリンク元サイト

上記のステップを踏むと、一覧で表示されます。

また、「上位のリンクされているページ」から、個別のページの詳細も確認することができて便利です。

被リンクは、質の良いリンクでなければ意味がないので、怪しいリンクが貼られていないかチェックしておきましょう。

まとめ

SEO外部施策はサイトやページ単位での専門性や評価を高めるためにも重要な対策です。

中でも、SEO外部対策において被リンクを獲得することは、サイトの認知度を上げる上も有効な施策ではあります。

しかし、故意に被リンクを増やす行為はペナルティの対象になり得ることは上記のとおりです。

そういったGoogleを騙すような小手先のテクニックに頼らず、まずはコンテンツの質を高めることが必要です。

コンテンツの質を高めることが、そのまま検索結果面での上位表示に繋がります。

ユーザー目線に立って、あなたのサイトが有益かどうか、ユーザーの利便性を考えた設計になっているか、今一度確認してみてください。

関連記事ペナルティにせず正攻法のSEOで上位表示をする方法解説!

関連記事:外注する際のSEO対策にかかる費用はいくら?基本から会社の選び方まで徹底解説!

ABOUT ME
株式会社S-fleage
京都に本社を構える株式会社S-fleage(エスフレイジ)です。 デジタルマーケティングでの集客支援事業を営んでおり、BtoB・BtoC、業種・業態問わず様々なクライアント様の集客支援を行っています。 1次情報を含めた、事業を通して培った情報・知識を惜しみなく発信していきます。
最短2週間で良質なコンテンツをご提供します!
SEO 無料分析