SEOとは

【SEOの要!】外部SEOを攻略する3つの方法をご紹介!

サイト運営初心者がぶつかる壁として、内部SEOと外部SEOがあります。

そのような内部SEOと外部SEOについて

「そもそも外部SEOと内部SEOって何が違うの?」
「それぞれの違いや特徴を知って効果的なSEO対策をしたい」
このように考える方は多いようです。

そこで今回は内部SEOと外部SEOの違いや特徴をわかりやすく解説します。

内部SEOと外部SEOの違い

SEOには、内部対策と外部対策があるというのは聞いたことがあるでしょう。本記事ではその内部SEOと外部SEOの特徴の違いを説明します。内部SEOと外部SEOが、SEOにとってなぜ必要なのかも詳しく見ていきましょう。

内部SEOの特徴と必要性

SEOのうち、あなたのサイト内に施す対策を、内部SEOといいます。

内部SEOの特徴としては、サイトの構成や、ページの細部にまで関わり、ユーザーの利便性に直結する対策であることです。また、内部SEOは、SEO以前に、サイト運営の基本と言えます。

内部SEOには、具体的に以下のようなものが挙げられます。

  • コンテンツの質を高める
  • ページタイトルを適切に付ける
  • 見出しタグを適切に使う
  • 内部リンクを最適化する

このように、内部SEOとは、ユーザーの利便性を考えた対策です。ユーザー目線でサイトを構築することが、何よりも重要になります。

外部SEOの特徴と必要性

外部SEOとは、上の内部SEOのようなサイト内に施す対策ではなく、サイトの外側からあなたのサイトの評価を高める施策です。

具体的には、あなたのサイトへのリンク、つまり被リンクを集めるということに尽きます。

あなたのサイトに多くのリンクが集まるということは、それだけあなたのサイトが信頼できるということを意味します。

クローラーはサイトの利便性と、実際に読み手がどう評価しているのか(被リンク=信頼の数値化)ということを複合して評価しているのです。

ただし、自分の他のサイトからリンクを貼りまくる、被リンクを集めるために被リンクを買うといった行為は、Googleにペナルティーを課せられることがあるのでやめましょう。

効果的な内部SEO

ここでは、内部SEO対策を効果的に行うためのポイントについて紹介します

大前提にコンテンツの質を高める

大前提として、ユーザーの利便性を第一に考えたコンテンツの作成が重要です。

Googleの検索エンジンは、徹底したユーザー第一主義を掲げています。これは、Googleが公式に発表している情報であり、信頼性は非常に高いです。

本記事で紹介する以下のポイントも、基本的にはユーザーの利便性を高めるための施策です。

ユーザーの利便性を高いサイトは、クローラーが巡回しやすいサイトでもあります。まずはユーザーを第一に考えて、内部SEOを行なっていきましょう。

検索ニーズを汲み取った適切なタイトルの設定

ページタイトルは、ユーザーの最も目につく箇所であるため、対策キーワードを盛り込むことが重要です。

対策キーワードとは、例えばGoogleの検索窓に「コーヒー 淹れ方」と打つときの「コーヒー」と「淹れ方」の2つの語です。

あなたのページが、コーヒーの淹れ方についてどれだけ有益な情報を与えていても、これらの対策キーワードがタイトルに含まれていなければ、ユーザーはページをクリックしてくれません。

タイトルに盛り込んだ対策キーワードが、ユーザーの検索意図に当てはまっているかしっかり立ち返って考えることが重要です。

コンテンツに合ったわかりやすい見出しを付ける

ユーザーが最初に本文を判断するのは見出しです。

見出しにユーザーが求める答えを含ませることで、本文に何が書いてあるのかが明確になり、ユーザーのページからの離脱率を減らすことができます。

また、クローラーが理解しやすいように、適切な見出しタグを使うことが大切です。

  • 大見出し→H2タグ
  • 中見出し→H3タグ
  • 小見出し→H4タグ

というように、階層を意識して使いましょう。

Hタグは、ただの装飾ではなく、見出しであることを表すタグなので、適切に配置することが大切です。

適切な内部リンクの設置

キーワードと内容を適切に合致させたテキストリンクは、ユーザーの利便性を高め、ユーザーのサイト内での回遊時間を増やします。

ユーザーをサイト内に長く留まらせたいからといって、いたずらにリンクを貼りまくるのは意味がありません。

なぜなら、ユーザーが求めていないリンクは踏まれることがなく、サイトを見にくくするため、かえってユーザーの利便性を下げるからです。

ユーザーが求めているであろう内部リンクを設置することが大事で、やはりユーザー目線に立ってサイトを構築することが何より重要なのです。

内部SEOに有効なチェックツールを活用しよう

サイト内部のSEOの改善に役立つチェックツールを紹介します。

 

  1. Google Search Console

Googleサーチコンソールでは、あなたのサイト内の検索順位の低いページを改善します。

[検索パフォーマンス]→[平均掲載順位]と進むと、キーワードに対してのあなたのサイトの掲載順位が一覧が表示されます。

掲載順位が低いキーワード、特に11位以下の検索結果2ページ目以降に表示されるキーワードに着目してください。

10位以内に入ってないキーワードに対する、あなたのサイトのページを特定し、内部SEOを打っていくことで、効率的に内部対策を進められます。

 

  1. Google Analytics

Google Analyticsでは、あなたのサイトページのコンテンツの質を改善します。

[行動]→[サイトコンテンツ]→[全てのページ]と進むと、あなたのサイトページの様々なデータが、一覧で並びます。

ここで注目すべきは平均滞在時間と直帰率です。

平均滞在時間は、ユーザーがそのページにどれだけの時間留まっているかを表しています。

一方、直帰率はサイトの他のページを回遊せず、そのページだけ読んで立ち去ったユーザーの割合です。

平均滞在時間が短く、かつ直帰率が高ければ、そのページはユーザーの求めていたものと違ったということが予想できるので、改善が必要です。

ただし、直帰率が高くても、平均滞在時間が長い場合、そのページがユーザーのニーズを満たすものだということもいえます。

Google Analyticsから、平均滞在時間と直帰率を正しく読み取ることで、あなたのサイトの改善すべきページを特定することが可能です。   

関連記事:さらに内部SEOについて詳しく知りたい方はこちらを 

効果的な外部SEO

ここでは、外部SEOを効果的に行うためのポイントについて紹介します。

コンテンツの質を高めて被リンクを獲得

被リンクを買ったり、あなたの他サイトからリンクを貼りまくることは本質的には意味がありません。

重要なのは、関連性の高い外部サイトから自然にリンクを張ってもらえるように、コンテンツの質を高めることです。

外部SEO対策として効果のある具体的な被リンクは、以下のようなものです。

  • 関連するページからのリンク
  • 良質なページからのリンク

これらのページからリンクを集めるには、あなたのページの質が高く、有益である必要があります。

ページ自体の質が重要視されるのは、内部SEOと同じなので、愚直にページを改善していきましょう。

 TwitterやFacebookなどのSNSで拡散を狙う

TwitterやFacebookなどのSNSで、拡散して広がればサイトに多くの流入数が見込めます。

ただし、ページが拡散されるためには、コンテンツの質が高いことが前提です。加えて、拡散されやすい切り口でページを作ることも大切になります。

ページを作る時点で、SNSでの拡散も視野に入れておくと良いでしょう。

外部SEOに有効なチェックツールを活用しよう

サイト外部のSEO対策の改善に役立つチェックツールを紹介します。

 

  1. hanasakigani.jp

hanasakigani.jpは、有名な被リンクチェックツールです。

あなたのサイトの被リンク数だけでなく、競合サイトの被リンク状況までチェックすることができます。

[マイサイトのURL]の検索窓に、調べたいページのURLを入れて検索することで、ページの被リンク数、被リンク元のページタイトルとURLが一覧で表示されます。

 

  1. Google Search Console

Google Search Consoleは、サイトを運営する上で必須のツールです。

Google Search Consoleでは、あなたのサイトのページの被リンク数と、リンク元を確認することができます。

Google Search Consoleを開き、

リンク

外部リンク

上位のリンクされているページ

上位のリンク元サイト

 

上記のステップを踏むと、一覧で表示されます。

 

また、「上位のリンクされているページ」から、個別のページの詳細も確認することができて便利です。

被リンクは、質の良いリンクでなければ意味がないので、怪しいリンクが貼られていないかチェックしておきましょう。

自演的な被リンクの獲得はペナルティの対象

ここまでで少し触れてきたように、自演的な被リンクの獲得はGoogleからペナルティが課せられます。

ペナルティの対象となる被リンクは、以下のようなものです。

  • 買って集めた被リンク
  • 被リンク目的のサイトへ登録して得た被リンク
  • サテライトサイトからの被リンク

サテライトサイトとは、メインサイトにアクセスを集めるために立ち上げる、別のサイトのことです。

かつては、外部SEOとして機能しましたが、現在ではペナルティの対象となります。

実際、上のような質の低い被リンクを集めたページは、2012年にGoogleが行ったペンギンアップデートにより、検索順位が下がるようになりました。

1度ペナルティを受けて順位が下降すると、再び上位に戻すのは難しいです。

こういった不自然な外部リンクが意図せず貼られてしまうこともあるので、上で紹介したツールで、被リンクを確認することが大切です。

関連記事:ペナルティにせず正攻法のSEOで上位表示をする方法解説!!

まとめ

内部SEOと外部SEOは集客や流入を増やす上で重要な対策です。

中でも、外部SEOにおいて被リンクを獲得することは、サイトの認知度を上げる上で有効な施策ではあります。

しかし、故意に被リンクを増やす行為はペナルティの対象になり得ることは上記のとおりです。

そういった小手先のテクニックに頼らず、まずはコンテンツの質を高めることが、SEOの基本です。コンテンツの質を高めることが、そのまま内部SEO、外部SEOに繋がります。

ユーザー目線に立って、あなたのサイトが有益かどうか、ユーザーの利便性を考えた設計になっているか、今一度確認してみてください。

最短2週間で良質なコンテンツをご提供します!
コンテンツ_マーケティング