SEOとは

Googleで上位表示させる為に必要な方法とは?SEO解説

新規_サイト_検索_順位

サイトを公開してたくさんの人に見てもらうためには検索結果の上位に表示されなければなりません。では、どうすれば上位表示されるのか、上位表示される仕組みとは一体どういったことなのか、本記事ではGoogleの検索順位の仕組みと上位表示させる方法をご紹介します。

そもそものGoogleの上位表示の仕組みとは?

実際、googleはなにを基準にサイトの検索順位を決めているのでしょう?
上位表示させるためにも、どのような仕組みなのかご紹介します。

コンテンツ量の少ない新しいサイトでも検索順位は上げられる

「googleハネムーン」という現象をご存知でしょうか?

これは新規で立ち上げたコンテンツを優先的に上位表示されるという現象。

と、されていましたが、実際のところはそうではなく、その上位表示されたサイトのコンテンツ内容が優秀だったので検索順位が上がっただけでした。

このことから、googleの判断基準は純粋な「コンテンツの質」であるということが明らかになりました。
Googleの順位を上げるのに一番重視すべきは、コンテンツの質であり技術的なこと以上にサイトとコンテンツをしっかり充実させれば新しく立ち上げたサイトでも検索順位はあげられます。

GoogleのSEO対策とは

googleで上位表示を狙うにあたってSEO対策をしなくてはならない。

そういう言葉を他のサイトでも目にしたことがあるかと思います。
じゃあ、そもそもSEOとはなにか?SEOの目的とは?そういった疑問を解決しましょう。

SEOとは

SEOの基本的な重要要素は解決したい疑問のキーワードを設定し、実際に他のユーザーが体験した事例などをもとに信頼のある記事を構成し、ドメインパワーを上げることです。

関連記事:SEOとはそもそもなにか?SEOの基礎知識についてはこちら

SEO対策の目的

SEO対策の目的は上位表示されることではありません。

上位表示はあくまでも過程であり、結果ではありません。

上位表示されることでユーザーの目に留まってもらう
自社のサービス・商品に興味をもってもらう
サービス・商品を利用してもらう

上位表示という過程を経て自社サービスや商品の流入を増やす、SEOの真の目的はここにあります。
そのためには、ユーザーがどうしてその情報を知りたいと思ったのか、どういう意図なのかを考えて分析することが重要です。

検索順位上位にアクセス数は関係ない

SEO対策で勘違いしがちなのは「アクセス数が多ければ順位も上がる」と、つい思いがちですがアクセス数によって検索順位が上がるということはありません。

Googleはあくまでもユーザーの役に立つ情報を提供したいと考えておりアクセス数が多くてもコンテンツの内容が疑問解決に繋がっていない場合上位表示されることはありません。

SEO対策のメリットとデメリット

ここまで聞けば、「質のいいコンテンツ」を作るだけでいいように聞こえますよね。

とても簡単そうに聞こえますし、事実SEOはそんなにテクニカルに難しい訳ではありません。
まずは、SEO対策にはどんなメリットがあるのか、デメリットがあるのかも知っておきましょう。

SEO対策のメリット

SEO対策はいわゆる、ネット広告費用などの宣伝費が必要ありません。

費用が抑えられ、上位に表示されると長期的に上位が継続され安定した集客が見込めることが大きなメリットといえます。
更に購買意欲のある人を呼び込むことが出来るためコンバージョン率が高いユーザーを流入出来ます。

SEO対策のデメリット

SEOは検索エンジンが評価してから反映されるためその分時間がかかります。

またお金をかけない分と言ってはなんですが、その分、質の高いコンテンツを継続して作成する必要があります。
更にキーワードによって上位表示を獲得出来るという確約もないので、検索エンジンのアップデートによっても順位は変動します。

Google検索でトップ ページに表示させるためのSEO対策

SEO対策の中でも基本的なモノから、専門的なモノまでご紹介します。

適切なドメインの獲得

ドメイン名とはサイトを作成する際に必要なURLで、言わばサイトのアドレスです。

検索エンジンはドメイン名をもとにランキングを決定するので重要な項目になります。会社名や仕事に関連するキーワードを盛り込むとベストです。

テーマになる対策キーワードを選定する

上位表示させたいキーワードを選び、その中でも多く検索されそうなキーワードを絞り込み決定しましょう。

関連記事:上位表示させたいキーワードの選び方とは?キーワード選びのポイント

見る人の検索意図を汲み取ったコンテンツを作る
ユーザーが情報を知りたいと思った意図を理解し、分析すれば疑問解決に寄り添った内容を作ることが出来ます。

知りたいと思った物事には必ず原因があり、ユーザーはその原因を知りたくて検索するのからです。

タイトルやホームページにキーワードを必ず入れる

選定した対策キーワードをタイトルや文章内に盛り込むことで、クローラーがキーワードを読み取り役立つ情報だと判断し上位に持ち上げてくれます。ただし、必要以上に不自然な形でキーワードを入れてしまうと「キーワード乱用」でペナルティを課されることがあります。

定期的に更新する

コンテンツを複数作って満足するのではなく、定期的に新しいコンテンツを更新しユーザーの信頼を勝ち取りましょう。放置されているようなホームページは信用されませんし、Googleは常に新しい役に立つ情報を探しています。

さらに質のいいコンテンツ記事を生産する

質のいいコンテンツというのは、ユーザーにとって役立つ情報が記載されている記事のことで、文字数のボリュームや網羅性はさほど重要ではなく疑問解決に応えているコンテンツかどうかが重視されます。具体的な方法は検索結果を分析し、上位サイトを参考にして作成することです。

コンテンツを内部リンクで繋げる

コンテンツ内に関連する自社コンテンツのリンクをいくつか貼り、サイト内で似てる記事があればユーザーはリンクを見付けて閲覧してくれます。そういった循環しやすい環境にすれば更にユーザーを流入することが出来ます。

Google検索で上位に来ないSEO対策と理由

SEO対策の中にも無意味であったり、むしろすることで検索順位が下がってしまう施策があります。
大半のものは昔まかり通っていた施策でブラックハットSEOと呼ばれる悪質なSEO対策です。
googleも様々なアップデートが繰り返され、現在はブラックハットSEOは全く意味がなくむしろペナルティを受けてしまうようになりました。
知らず知らずのうちにブラックハットSEOをしないように、ここで確認しておきましょう。

お金でリンク買っている

お金を払って外部のリンクを買い自分のサイトに貼り付け順位を上げようとする方法を「リンクファーム」と呼び、現在ではGoogleが厳しく取り締まっているため上位表示を目指しているなら絶対にやってはいけない方法です。

1つの記事にキーワードを盛り込みすぎている

伝えたい情報を1つの記事に盛り込もうとするとたくさんのキーワードが飛び交い、結論としてどういう情報を誰に知って欲しいのかあやふやになってしまいます。伝えたい内容を事前にまとめ、キーワードを絞り、ユーザーを迷子にさせない記事構成にしましょう。

記事数を増やす為に記事を自動作成している

記事を作成する時間と手間を省くために自動で記事を作り出せるツールを使い、記事数を増やそうようとするブラックハットSEOを取り入れる会社もありましたが、こちらも現在ではGoogleが厳しく取り締まっておりペナルティを課されることになるので絶対にやめましょう。

S-fleageだから叶えられる分析力

S-fleageでは、顕在キーワードとポテンシャルの無いキーワードの区別をつけ、キーワードを選定するためユーザーの中でも購買意欲の高い集客を流入でき、コンバージョンを上げることを可能にします。
ユーザーの興味度合い、サイト内での滞在時間のデータ分析をもとにキーワードの検索意図に合った記事を作成します。
停滞期に突入した、SEOは理解しているが思ったように成果が出ない、社内でのリソース数が足りないなどの悩みを一括解決します。
「ユーザーファースト」かつ「クオリティの高いコンテンツ」を最短2週間で作成し、120日間で成果を出すことを目標に掲げています。アフターフォローにも力を入れ、上位表示を正当な方法で叶えましょう。

SEOのポイントは高品質のコンテンツを作ること

Googleで上位表示させるためにはSEO対策が必要になってきます。SEO対策と言っても様々な要因がありますが、基本的には高品質なコンテンツを作ることが最も大切で、ユーザーの役に立つ情報が盛り込まれているかが重要視されています。

高品質なコンテンツをお求めの方はS-fleageへ一度ご相談ください。

最短2週間で良質なコンテンツをご提供します!
コンテンツ_マーケティング
最新記事