SEO

【ご紹介】SEOで検索順位を上げるための6つの方法

「SEOをしているのに、自社サイトの検索順位がなかなか上がらない‥」悩んでいる方は多くいるのではないでしょうか。

今回は、サイトの検索順位をあげたい方へ向けて、順位をあげるためのSEOはどのようなものがあるのか詳しくご紹介します!

本記事では細かい仕組みから対策まで徹底解説するので、検索順位の上げ方が理解できる一助となれば幸いです。

GoogleやYahoo!の検索順位の仕組みとは?

検索順位の決め方は、Googleの検索アルゴリズムの評価によって決定されます。Yahoo!も、Googleの検索アルゴリズムを使用しているので、評価の仕組みは同じです。

検索順位を決定していく仕組みは、主に下記の項目が重要視されると言われています。

上記のような施策などが、代表される項目です。

この他にも、Googleでは200項目以上の基準から検索順位を決定していくので、基準全てを覚えて、最適化していくのは難しいでしょう。

ただ、先ほどご紹介した項目は最低限のSEOを行う上で意識しておきたいポイントです。

SEOとは

SEOとは、検索結果で上位表示させるための施策の総称をいい、「検索エンジン最適化」の意味を持ちます。

検索結果でサイトを上位表示させるには、とても大事な役割を持ちます。

SEOに関する知識が少ないと、思うように順位が上がりません。しかし、SEOの本質を理解していくことで、サイトの方向性を見つけることができるでしょう。

検索順位をあげる為に心がけること

検索順位をあげるためには、まずユーザーファーストを意識したコンテンツ作りをしていくことを心がけるようにしましょう。

Googleの検索エンジンは、ユーザーのことを第一に考えています。そのため、ユーザーが求めている情報を一度で全て得られるようなサイトを評価してくれるのです。

内部施策も重要になりますが、まずはユーザーにとって利益になる情報を含んだコンテンツを作成することが大事になるでしょう。

検索順位をあげるSEOの手段

本項目では、検索順位をあげるための具体的なSEOの6つの手法をご紹介します。

SEOに強い記事の書き方をする

SEOに強い記事とは、ユーザビリティの高い記事のことです。

キーワード選定から競合サイトを調べながら丁寧に行い、ユーザーの求めているものを盛り込んだコンテンツを作成することが大切になります。

論理的かつ科学的な証明を元にしたコンテンツ作成することで、Googleが掲げている専門性が高く、信頼性の高いものを作成することができます。

記事タイトルは興味を惹かれるものにする

記事タイトルは、検索結果の一覧に表示される非常に重要な部分です。

ユーザーは記事タイトルを見て、サイトに訪問するかを決めます。

検索キーワードを入れ込むのはもちろんですが、なによりユーザーが興味を惹かれるようなタイトルをつけましょう。

ドメインパワーを強力にする

ドメインパワーもSEOとして有効な手段になります。

このドメインパワーは、長期的な目線で上げるように考えるのがおすすめです。良質なコンテンツを書き続けることで、段々と強くなっていきます。

サイト内の記事の量や専門性の高さもドメインパワーをあげる要因となるので、質が高く、ユーザビリティの高いコンテンツを多く作成することが大切です。

長文記事を作成する

長文記事は、情報を網羅していることが多く、記事の内容が質の高いものになる可能性があります。そのため、Googleからの評価も良いものになりやすいです。

一般的には約3,000~4,000字程度が長文記事となるでしょう。

ユーザーが求めている情報を記事内に書こうとすれば、自然とこの程度の文字数になる場合が多いです。

まとめ記事を作成する

今まで執筆した記事の「まとめ記事」をサイトにアップしていくのも、SEOとして有効です。

同じジャンルの記事をまとめた記事を書き、各項目に「内部リンク」を設置することで、まとめ記事だけでなく他のページの記事も読んでもらいやすくなります。

内部リンクを設置することで、検索エンジンのクローラーが巡回しやすくなるので、サイト全体の評価も上がりやすくなるでしょう。

関連ジャンルでまとめ記事を作成することで、1ヶ月の検索数が多いキーワードでも上位表示される可能性が高くなります。

サイト表示速度を早くする

Google検索アルゴリズムでは、サイト表示速度も検索順位に影響するようになっています。

Googleスピードアップデートと呼ばれるもが2018年7月より開始され、サイトの表示速度が遅ければ評価がよくありません。

表示速度の最適化の方法としては、以下のような方法があります。

  • サーバーの移転
  • 画像のサイズの見直しと圧縮
  • 不要なプラグインの削除

上記のような施策を行うことで、サイト表示速度が改善されるでしょう。

関連記事:SEOで検索順位を上げるために必要なことをご紹介!

検索順位をあげるSEOチェックリスト

SEOを行なって検索結果で上位表示されるようになるには、自分のサイトに不足しているモノを分析するのも重要です。

ここでは、サイト内で確認してほしいSEOチェックリストをご紹介していきましょう。

対策キーワードを確認する

対策キーワードに対して、ユーザーの求めている情報やユーザーの検索意図に答えられるコンテンツを作成できているか確認しましょう。

対策キーワードとコンテンツの内容があっていなければ、上位表示はされません。

対策キーワードで検索をかけた際に、上位にある記事を分析し、傾向や方向性を確認してSEOを行うことができているか確認してください。

関連資料:【資料】検索意図の分析方法と記事原案の作成方法

内部施策を確認する

「内部施策」がサイト内できちんとできているか確認しておきましょう。

「内部施策」はSEOとして非常に重要です。内部施策で確認しておきたい項目は、以下の施策があります。

ユーザーファーストになるような施策を行うことで、自然とGoogleからの評価も上がります。

外部施策を確認する

外部施策による被リンクが、ユーザーが求めるものとコンテンツの内容が一致しているのか確認することも大切です。

被リンクによってサイトへ訪れた検索ユーザーが、満足できるような質の高いコンテンツを作り続けることが重要になるでしょう。

被リンク数を確認する方法としては、「SEOチェキ」というチェックツールを使うことがオススメです。

コンテンツの質を見直す

コンテンツの質を改めて見直して見ることも、SEOを行う際に重要です。

検索ユーザーの悩みに対して、きちんと答えを明示できているコンテンツなのか、もう一度確認しましょう。

SEOにおいて、コンテンツの質は大切です。ユーザーファーストの、検索ニーズを満たす以上の答えを持ったコンテンツを作成することが必要になります。

検索順位で低くなってしまうSEOと理由

SEOをしているつもりでも、なかなか検索順位が上がらない方はSEOの手法が間違っている可能性も考えられます。

検索順位が低くなってしまう可能性のあるSEOとその理由をご紹介していきます。

お金でリンク買っている

被リンクは、検索順位を上げる為のSEOとして重要ですが、お金でリンクを買っているのであれば、やめることをおすすめします。

なぜなら、被リンクを購入している場合は、Googleからペナルティを受ける可能性が非常に高いからです。リンクを購入して行う被リンクは「ブラックハットSEO」と呼ばれGoogleから低い評価を受けるシステムになっています。

一昔前なら通用しましたが、アルゴリズムの精度が上がった今は、不自然な被リンクをすることは、通用しない手段となっています。

1つの記事にキーワードを盛り込みすぎている

1つの記事に不自然なほどキーワードを盛り込むのも、間違ったSEOと言えます。

こうした施策は、ユーザビリティが低いです。正しい施策としては、キーワードを自然な形で、できる限り多く入れることが挙げられるでしょう。

不自然な文章はユーザーも読みにくいので、サイトから離脱されます。

ある程度キーワードを入れることを意識しつつ、読みやすい文章にすることが重要です。

記事数を増やす為に記事を自動作成している

記事数が多いのは、SEOとして有効になりますが、自動作成ツールを用いて記事数を増やすのはGoogleからペナルティを受ける可能性があるのでおすすめしません。

文法自体はある程度あっていますが、文章としてはおかしいテキスト、いわゆる「ワードサラダ」であれば短時間で大量に記事を作れるので、昔は使用されていました。

しかし、現在はそのような記事はGoogleからペナルティを受けたり検索結果の圏外に飛ばされるでしょう。

自動生成やコピペなどではない、オリジナルの文章で記事を作成するようにしてください。

検索順位チェックにおすすめのツール

自分のサイトの検索順位を正確に知りたい方には、検索順位チェックツールを使用するのがおすすめです。

無料の検索順位チェックツール

・SEOチェキ
無料の検索順位チェックツールの中でも人気なのが「SEOチェキ」です。

登録できるURLは1つですが、自分のサイトの検索順位を正確に知ることができます。

同時に10キーワードを登録できるのがおすすめのポイントです。

・検索順位チェッカー
検索順位チェッカーの特徴はGoogleだけでなく、Yahoo!やスマホの順位も調べることができる点です。

また「Bing」による検索順位を知ることも可能。最大で5個のキーワードを同時に登録することができるおすすめのチェックツールになります。

おすすめ検索順位チェックツールGRC

有料版の検索順位チェックツールとしては「GRC」がおすすめです。

インストールして使用するタイプになります。

有料版では、3URLを同時に登録でき、キーワードは10項目同時に登録することが可能です。5つのプランがあり、月額405円~最大2,025円となります。

SEOで検索順位をあげる方法まとめ

検索順位を決めるのはコンテンツの質と選定したキーワードです。競合が少ないけどCVに繋がりやすいキーワードを選び、質のいいコンテンツを提供するようにしましょう。

検索順位をあげるにはSEOは必要です。

検索順位がなかなか上がらずに、SEOで悩んでいる方は一度、弊社「S-fleage」へご相談ください。

株式会社S-fleageにSEOの相談をしてみる

最短2週間で良質なコンテンツをご提供します!