SEO

SEOにかかる費用はいくら?外部委託する際の費用相場も解説!

SEO_費用

SEOの外注を検討していると、SEOを外注した際の費用相場などわからないという場合が多いです。

今回は、SEOの外注を検討している方へ向けて、外注の費用相場や料金形態などをご紹介します。

SEOの外注をご検討している方の参考になれば幸いです。

SEOとは

SEOは『Search Engine Optimization』の頭文字を取った略語で「検索エンジン最適化」という意味を持ちます。

Googleなどで検索をかけた際に、サイトが上位に表示されるようにする施策のことを広い範囲でSEOと呼びます。

SEOは、サイトのPV数やCV数をあげる際に重宝されます。そのため、ほとんどのサイトで実施されている場合が多いです。

関連記事:SEO対策で検索上位にするための方法を知りたい方はこちら

SEOは自分でできる?

SEOは、自分で行うことはもちろん可能です。実際に、個人事業主やブロガーの方などは自分で行なっていることが多いです。

しかし、「PV数やCV数を数十万〜数百万に伸ばしたい」と考えている方は、プロに委託することがおすすめです。

個人でやるSEOには限界があることが多く、「思っているような成果やコンテンツの質ではなかった」ということが起こる可能性があります。

SEOコンサルとは

「SEOコンサル」とは、サイトの内部施策やコンテンツSEOなどの細かい部分までSEOのコンサルティングのことです。

SEOコンサルの特徴としては、短期的な成長よりも長期的な成長であることです。

そのため、費用が高くなる場合が多くなってきます。月額料金で数万円から数十万円かかるため、予算に余裕がない方には難しいかもしれません。

「予算がない」場合には、成果報酬型のSEOを利用することで、費用を抑えつつSEOを行うことができます。

SEOコンサルは費用が高く、長期間の契約が多いです。しかし、最終的に見れば売り上げの増加に繋がりやすいおすすめのサービスです。

SEOの費用相場と比較

SEOの費用は料金形態によって異なります。

本項目では、料金形態ごとの費用相場を紹介していきます。

成果報酬型ビッグキーワード指定)

1つ目の料金形態は、成果報酬型(ビッグキーワード指定)です。

ビッグキーワードを狙った成果報酬型の場合は、選定したキーワードの上位表示させられる難易度が高いほど、成功報酬が高額になります。

費用相場としては、成功報酬が発生した際には月10万円以上のところが多いです。

費用に差が出てくる原因は、1ヶ月で10万回検索されるサイトと1万回しか検索されないキーワードでは、同じ施策をした際の上位表示できる確率が変わるからです。

ビッグキーワードほど競合が多いので上位にあげるのは難しいですが、成功した際に得られる利益は多くなる可能性があります。

関連記事:成果報酬型について詳しく知りたい方はこちら

成果報酬型(複数ワード指定)

2つ目の料金形態は、成果報酬型(複数キーワード指定)です。

複数のキーワードをまとめて指定して、上位表示できた場合にのみ料金を払うのが複数ワード指定の成果報酬型です。

3〜10ワードぐらいをまとめて指定するので、費用相場は成功した際に月5〜8万円ほどになることです。

複数ワード指定の場合は、検索数の少ないワードを選ぶことで上位表示される可能性も高まります。また、上位表示させるまでの期間も短くなる場合が多いです。

SEOの成果報酬型の相場としては以下のとおりです。

  1. 初期費用・・・0~20万円
  2. 月額料金・・・ビックキーワード(月10万円〜)、複数キーワード(月5万円〜)

関連記事:成果報酬型について詳しく知りたい方はこちら

固定報酬型

次の料金形態は、固定報酬型です。

固定報酬型の料金形態は、毎月一定額の料金を支払うことです。

注意点として、サイトが上位表示されない間も、報酬を支払わなければなりません。

しかし、その分充実したサポート内容やSEOに関する知識を学ぶことができる可能性も高くなります。

サービス内容にもよりますが、毎月10万円〜50万円などが費用相場です。

SEOの固定報酬型の相場としては以下のとおりです。

  1. 初期費用・・・10~20万円
  2. 月額料金・・・5〜40万円

コンサルティングSEO

4つ目が、コンサルティングSEOです。

コンサルティングSEOでは、「内部施策」や「コンテンツSEO」などをコンサルすることを指します。

長期契約をして、毎月一定額支払いながらコンサルをしてもらうので、一過性ではなく継続的にSEO対策を行うことができます。

継続的にSEO対策を行うことで、SEO順位が上がるだけではなく、SEO知識もつき、社内でナレッジとして貯めることができます。

費用相場としては、ゼロからサポートしてくれる場合は30万円からの会社が多く、ある程度のサポート内容しかない場合は毎月10~20万円程度になるでしょう。

コンテンツ提供SEO

最後は、コンテンツ提供SEOです。

コンテンツ提供SEOとは、質の高いコンテンツを提供してくれる形態になります。SEOを意識した良質なコンテンツを50記事納品するなどのサービスが多いです。

コンテンツ提供SEOは、Googleがコンテンツの質をより重視するようになったので、増えてきたサービスになります。

ユーザーの検索ニーズにあった最適なコンテンツを提供すれば、Googleからの評価が上がり検索順位が上がりやすくなります。

料金は、50記事で100万円などの1記事2万円、10記事で5万円などさまざまになります。

楽天SEOの料金費用相場

一般的にはあまり知られていませんが、楽天市場でも楽天内で検索をあげるためのSEO「楽天SEO」も存在します。

楽天では、45位以内に入れば、検索結果の1ページ目に入ることができます。

楽天SEOでは、いわゆる内部施策が重要です。

  1. 100商品15万円・・・10万+5万(初期費用)
  2. 10商品・・・5万円

もし、楽天SEOを外注依頼する場合には、上記のような料金相場となるでしょう。

楽天SEOは頻繁に検索アルゴリズムが変わるので、細かくチェックすることが大切になります。

SEO費用の勘定科目はどうなる?

SEO会社と取り引きを行う上での「勘定科目」は重要ですよね。

本項目では、SEO費用の勘定科目がどうなるかをご紹介していきます。

SEO費用は経費で落とせる

SEOにかかる費用は、経費として落とすことが可能です。経費とは、売り上げに関係する支出ならば認められることがほとんどになります。

ただ、経費扱いにできても、勘定科目をどれで行うかはきちんと定められている訳ではないのが問題点です。

広告宣伝費で処理できる

SEO費用の勘定科目としては、「広告宣伝費」として落とす場合が多いようです。

SEO会社に依頼した場合には、自社の商品を宣伝することための施策なので「広告宣伝費」として処理するのがおすすめになります。

また、ドメインの取得やサイト構築から依頼を出す場合には「通信費」として処理する場合もあります。「広告宣伝費」もしくは「通信費」として落とすと問題ないでしょう。

決定した勘定科目は変えない

広告宣伝費や通信費など特定の勘定科目が決まっていませんが、SEOの費用を落とす勘定科目を一度決めたら、なるべく変えないようにしましょう。

その都度、勘定科目を変えてしまうとお金の出入りがわかりづらくなってしまいます。

そのため、一度決定した勘定科目は変えずに処理するようにしましょう。

SEOの費用を安くするには?

SEOは「絶対」ということがないので、可能なら費用を安く済ませたいです。

SEO費用を安くするには、2つのポイントを抑えておきましょう。

たくさんの会社を比較する

SEO会社は数多く存在するので、自社のサイトの目的にあった料金形態を取っている会社を比較して選ぶようにしましょう。

料金形態も違えばサービス内容も違います。まずは、自社のサイトでどのようなSEOを行なっていくのかを明確にしましょう。

SEOの方法が明確になれば、どのような料金形態の会社がいいのか判断でき、SEOの費用の比較検討もしやすくなるでしょう。

安さだけを重視してはいけない

安さだけを求めて会社を選ぶと失敗する可能性が高いです。

もちろん、SEOに使える予算と費用の相談は必要ですが、SEO会社の中には悪質な会社も存在します。

安易な考えで、値段が安いところを選ぶと痛い目にあうこともあるので、注意をしておきましょう。

SEO会社を選ぶ際のポイント

数あるSEO会社の中から自社にあった会社を選ぶ際の3つのポイントをご紹介します。

担当者がSEO知識を持っているか

SEOは担当者の腕が非常に重要です。

SEO会社全体の実績は凄くても、技術や知識の薄い担当者だと、独学で行なった方がスムーズに行く可能性もあります。

サイトの隅々まで把握し、課題提示や解決方法、実施する施策をきちんと判断できる担当者を選ぶようにしましょう。

顔の見えるやりとりを行なっているか

SEO会社が、顔の見えるやり取りを行なっている会社かも確認しておくことも大切です。

SEOを実施して行く上で、サイトのターゲットユーザーは誰なのか、性別や年齢など詳しくヒアリングする必要があります。

実際に直接会ってくれたり、ビデオ通話をしてくれる会社は、細部までヒアリングをしてくれる安心できる企業の可能性が非常に高いです。

検索順位ではなく流入の増加を重視している

キーワードによるサイトの検索順位ではなく、流入(トラフィック)数の増加を意識しているSEO会社は、優良企業だと言えます。

1つのキーワードの関連する用語での流入数の増加を狙い、サイトの露出を増やすことで結果的にPV数をあげることができます。

契約前に実績を提示される際には、「検索結果で1位」などの提示よりも、流入数の増減がわかる実績を出して貰うようにしましょう。

関連記事:SEO会社を費用だけじゃなくサービスで選びたい方へ

SEOにかかる費用のまとめ

SEOを外注する際にかかる費用として、「成果報酬型」と「固定報酬型」の2つがあります。

会社によっては、両方の料金形態を取っている場合もあるので、事前に確認しておくことが必要です。

SEOの外注では、安さも大事になりますが、それ以上にサービスが充実している会社がおすすめです。

最短2週間で良質なコンテンツをご提供します!