SEO

SEOにかかる費用はいくら?外部委託する際の費用相場も解説!

SEO_費用

SEOの外注を検討していると、SEOを外注した際の費用相場などわからないという場合が多いです。

今回は、SEOの外注を検討している方へ向けて、外注の費用相場や料金形態などをご紹介します。

SEOの外注をご検討している方の参考になれば幸いです。

SEOとは

SEOは『Search Engine Optimization』の頭文字を取った略語で「検索エンジン最適化」という意味を持ちます。

Googleなどで検索をかけた際に、サイトが上位に表示されるようにする施策のことを広い範囲でSEOと呼びます。

SEOは、サイトのPV数やCV数をあげる際に重宝されます。そのため、ほとんどのサイトで実施されている場合が多いです。

関連記事:SEO対策で検索上位にするための方法を知りたい方はこちら

SEOは自分でできる?

SEOは、自分で行うことはもちろん可能です。実際に、個人事業主やブロガーの方などは自分で行なっていることが多いです。

しかし、「PV数やCV数を数十万〜数百万に伸ばしたい」と考えている方は、プロに委託することがおすすめです。

個人でやるSEOには限界があることが多く、「思っているような成果やコンテンツの質ではなかった」ということが起こる可能性があります。

SEOの費用形態は大きく分けて2つ

SEOの費用形態は、細かく分類すればキリがないほどたくさんの種類がありますが、大きく分類すると「成果報酬型」と「月額固定型」の2種類になります。
SEOは、費用形態によって対策内容や効果も変わります。

安易に決定するのではなく、販売したい商品の性質によってどちらの対策が向いているかを見極める必要があります。

成果報酬型

広告主の商品購入サイトのURLを、様々な種類のWEB上の広告媒体に掲載します。
広告媒体を経由し、広告主のWEBサイトで商品を購入した場合、商品価格の一定の割合の報酬がもらえる方式を、「成果報酬型広告」といいます。

この費用形態で代表的なのが「アフィリエイト広告」ですね。
成果報酬型は、費用対効果が最もわかりやすいのが特徴です。
売り上げに対して数パーセントを広告費として払うため、広告費のムダもありません。

また、広告を掲載する側のサイト運営者にとっても、比較的簡単で手軽に始められるため、幅広い層に宣伝してもらうことができます。

成果報酬型広告は、商品を販売している会社が直接の依頼者である場合と、そういった広告の依頼をまとめて行っているASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)が依頼者である場合があります。

月額固定型

毎月一定の金額を支払う方式を、月額固定型といいます。
月額制のため、SEOの効果が出る前の段階でも一定の金額を払わなければなりません。
しかし、上位表示された後も同じ金額を支払えばいいため、後々余計な出費がかさまないのがポイントです。

また、月額制の場合、SEOの対策内容を明確に伝えているところが多いのもオススメです。スタートからどのような対策を行い、どのくらいの期間で上位表示されるようになるのかというSEOの土台を実際に体感することができます。

一連の流れが理解できると、自社全体のSEO計画も立てやすくなります。

SEOの費用相場と比較

SEOの費用は料金形態によって異なります。

本項目では、料金形態ごとの費用相場を紹介していきます。

成果報酬型(ビッグキーワード指定)

1つ目の料金形態は、成果報酬型(ビッグキーワード指定)です。

ビッグキーワードを狙った成果報酬型の場合は、選定したキーワードの上位表示させられる難易度が高いほど、成功報酬が高額になります。

費用相場としては、成功報酬が発生した際には月10万円以上のところが多いです。

費用に差が出てくる原因は、1ヶ月で10万回検索されるサイトと1万回しか検索されないキーワードでは、同じ施策をした際の上位表示できる確率が変わるからです。

ビッグキーワードほど競合が多いので上位にあげるのは難しいですが、成功した際に得られる利益は多くなる可能性があります。

関連記事:成果報酬型について詳しく知りたい方はこちら

成果報酬型(複数ワード指定)

2つ目の料金形態は、成果報酬型(複数キーワード指定)です。

複数のキーワードをまとめて指定して、上位表示できた場合にのみ料金を払うのが複数ワード指定の成果報酬型です。

3〜10ワードぐらいをまとめて指定するので、費用相場は成功した際に月5〜8万円ほどになることです。

複数ワード指定の場合は、検索数の少ないワードを選ぶことで上位表示される可能性も高まります。また、上位表示させるまでの期間も短くなる場合が多いです。

SEOの成果報酬型の相場としては以下のとおりです。

  1. 初期費用・・・0~20万円
  2. 月額料金・・・ビックキーワード(月10万円〜)、複数キーワード(月5万円〜)

関連記事:成果報酬型について詳しく知りたい方はこちら

固定報酬型

次の料金形態は、固定報酬型です。

固定報酬型の料金形態は、毎月一定額の料金を支払うことです。

注意点として、サイトが上位表示されない間も、報酬を支払わなければなりません。

しかし、その分充実したサポート内容やSEOに関する知識を学ぶことができる可能性も高くなります。

サービス内容にもよりますが、毎月10万円〜50万円などが費用相場です。

SEOの固定報酬型の相場としては以下のとおりです。

  1. 初期費用・・・10~20万円
  2. 月額料金・・・5〜40万円

コンサルティングSEO

4つ目が、コンサルティングSEOです。

コンサルティングSEOでは、「内部施策」や「コンテンツSEO」などをコンサルすることを指します。

長期契約をして、毎月一定額支払いながらコンサルをしてもらうので、一過性ではなく継続的にSEO対策を行うことができます。

継続的にSEO対策を行うことで、SEO順位が上がるだけではなく、SEO知識もつき、社内でナレッジとして貯めることができます。

費用相場としては、ゼロからサポートしてくれる場合は30万円からの会社が多く、ある程度のサポート内容しかない場合は毎月10~20万円程度になるでしょう。

コンテンツ提供SEO

最後は、コンテンツ提供SEOです。

コンテンツ提供SEOとは、質の高いコンテンツを提供してくれる形態になります。SEOを意識した良質なコンテンツを50記事納品するなどのサービスが多いです。

コンテンツ提供SEOは、Googleがコンテンツの質をより重視するようになったので、増えてきたサービスになります。

ユーザーの検索ニーズにあった最適なコンテンツを提供すれば、Googleからの評価が上がり検索順位が上がりやすくなります。

料金は、50記事で100万円などの1記事2万円、10記事で5万円などさまざまになります。

費用相場まとめ表

サービス内容月額費用効果・メリット
成果報酬型(ビッグワード)10万円以上競合が多く、上位表示が難しいため、上位になった際の利益は大きい
成果報酬型(複数ワード)5〜8万円検索数の少ないワードに絞ることで、上位表示させる期間が短くなることが多い
固定報酬型10万円〜50万円わかりやすく充実したSEO内容
コンサルティングSEO30万円〜アップデートなどに左右されない質の高いサイト制作が可能
コンテンツ提供SEO記事単価型(50記事100万円など)Googleの評価が高いコンテンツを提供してもらえるので上位表示されやすい

SEOの費用対効果

SEOは潜在顧客を育てることに成功すれば、かなり莫大な費用対効果を生むと言われています。

それぞれのSEOサービス内容によって異なりますが、例えばSEOコンサルティングの場合、約2年で約2倍~10倍の直接的な売り上げが見込めると言われています。

SEOは費用対効果が非常に高いですが、半年以上~数年という長期的な視点での効果を考えていかなければなりません。
しかし、時間をかければかけるほど、費用対効果が高くなっていくのもSEO最大の特徴です。

コンテンツSEOで売り上げを伸ばす方法については下記の記事で詳しく解説しています。

【ポイント8選】なかなか上がらないCVRの改善方法をご紹介!

SEOとリスティング広告どちらがいいのか

「SEOよりもリスティング広告の方が効果的」と思っている方もいるようですが、実際はそう単純なことではありません。

リスティング広告は、効果を実感できるスピードがかなり早いので「SEOより効果的」と考える方がいるのも理解できます。
しかし、長期的に考えた場合、本当にリスティング広告の方がSEOよりも効果が高いのでしょうか?

長期的な運用なら断然、SEOの方が効果的です。

SEOの場合、一度UPさえしてしまえばあとはずっと残り続ける集客資産になるからです。

SEOとリスティングはどちらにもメリット・デメリットがあり、その商品に合った広告を使うことが重要です。

ではSEOとリスティングお互いのメリットデメリットをご紹介します。

リスティング広告のメリット

リスティング広告は、直接商品につながるキーワードに対して広告を掲載することができるので、効果がスピーディかつ無駄な費用がかからないのが最大のメリットです。

しかも、目的のキーワードでのサイト表示が確保されているため、購入につながるためのランディングページ作りのみに力を注ぐことができます。

SEOサイトは、どちらかというと購買とは正反対のサイト作りがメインです。
キーワード検索で訪れたユーザーに対し、有益な情報が詰まった良質なコンテンツを作成し、そこから該当商品へそれとなく誘導する・・・。

この流れは、実は即購入したいユーザーにとっては非常に回りくどいサイト構成なのです。

リスティング広告なら、SEOを意識したサイトを作成する必要がないのも魅力的です。

SEOのメリット

SEOは、リスティング広告の「即購入させたい」という性質とは全く逆です。
何か情報を探しているユーザーや、悩み事への対策が掲載されているサイトを作成して上位表示を狙います

自分のサイトにファンを作り、その読者が「このサイトの内容を読んで、その商品を購入したくなった」と思わせるようなアプローチが必要です。

SEOで上位表示ができると、長期的かつ幅広い潜在客が見込めます。

また、リスティング広告と違い広告費用はかかりません。

何より一度、コンテンツを発信してしまえばずっとネットに残り続け、蓄積されます。

集客を行える資産価値として運用することができるのもSEOの強みであります。

リスティング広告に比べて顧客の量が何倍にも跳ね上がり、しかも長期的に販売が見込めるのが最大のメリットです。

場合によって使い分けるといい

リスティングとSEOは、どちらがオススメ、ということではなく状況によってうまく使い分けていくことが重要です。

即購入につなげたい、すぐに成果を出したい場合はリスティング広告を選ぶ方がよいでしょう。

その一方で質の高い情報サイトを作成することで、ユーザーを育成しサービスや商品を購入してもらい、最終的には自社サービス・商品のファンになってもらうような長期的な戦略を行いたい場合はSEOが向いています。

購買戦略をしっかりと立てて、今はどの方法がベストなのか、選びましょう。

SEOの費用を安くするには?

SEOは「絶対」ということがないので、可能なら費用を安く済ませたいです。

SEO費用を安くするには、2つのポイントを抑えておきましょう。

たくさんの会社を比較する

SEO会社は数多く存在するので、自社のサイトの目的にあった料金形態を取っている会社を比較して選ぶようにしましょう。

料金形態も違えばサービス内容も違います。まずは、自社のサイトでどのようなSEOを行なっていくのかを明確にしましょう。

SEOの方法が明確になれば、どのような料金形態の会社がいいのか判断でき、SEOの費用の比較検討もしやすくなるでしょう。

安さだけを重視してはいけない

安さだけを求めて会社を選ぶと失敗する可能性が高いです。

もちろん、SEOに使える予算と費用の相談は必要ですが、SEO会社の中には悪質な会社も存在します。

安易な考えで、値段が安いところを選ぶと痛い目にあうこともあるので、注意をしておきましょう。

SEO会社を選ぶ際のポイント

数あるSEO会社の中から自社にあった会社を選ぶ際の3つのポイントをご紹介します。

担当者がSEO知識を持っているか

SEOは担当者の腕が非常に重要です。

SEO会社全体の実績は凄くても、技術や知識の薄い担当者だと、独学で行なった方がスムーズに行く可能性もあります。

サイトの隅々まで把握し、課題提示や解決方法、実施する施策をきちんと判断できる担当者を選ぶようにしましょう。

顔の見えるやりとりを行なっているか

SEO会社が、顔の見えるやり取りを行なっている会社かも確認しておくことも大切です。

SEOを実施して行く上で、サイトのターゲットユーザーは誰なのか、性別や年齢など詳しくヒアリングする必要があります。

実際に直接会ってくれたり、ビデオ通話をしてくれる会社は、細部までヒアリングをしてくれる安心できる企業の可能性が非常に高いです。

検索順位ではなく流入の増加を重視している

キーワードによるサイトの検索順位ではなく、流入(トラフィック)数の増加を意識しているSEO会社は、優良企業だと言えます。

1つのキーワードの関連する用語での流入数の増加を狙い、サイトの露出を増やすことで結果的にPV数をあげることができます。

契約前に実績を提示される際には、「検索結果で1位」などの提示よりも、流入数の増減がわかる実績を出して貰うようにしましょう。

関連記事:SEO会社を費用だけじゃなくサービスで選びたい方へ

SEOにかかる費用のまとめ

SEOを外注する際にかかる費用として、「成果報酬型」と「固定報酬型」の2つがあります。

会社によっては、両方の料金形態を取っている場合もあるので、事前に確認しておくことが必要です。

SEOの外注では、安さも大事になりますが、それ以上にサービスが充実している会社がおすすめです。

関連記事:SEOを依頼するのに気をつけるべきポイントは?

最短2週間で良質なコンテンツをご提供します!
SEO 無料分析